学生生活・進路 学園祭

学園祭 OUA FESTIVAL 2017

イメージ

学科やコースの垣根を越えて、
学生たちが自らつくりあげるビッグイベント

参加学生たちそれぞれの個性を思う存分に表現、実現することで、エネルギーに満ちた2日間となりました。

開催は11月3日、4日。今年のテーマは「芸大の知らない世界」です。
学内の2か所に設けられた広場では、学外にも多くのファンを持つGeidai Action Teamによるヒーローショーをはじめ、”よさこい×結び”によるよさこい演舞、芸大パフォーマンスドールによる大道芸などが休みなく繰り広げられて、大学内外から集まった観衆をおおいに沸かせていました。
食堂、教室、ピロティといった広場以外の6つ会場においても、つねにどこかで音楽ライブが開催されていたため、構内を歩いているだけで多彩なジャンルの音楽が聴こえてきて、バンド名からルックス、音楽性まで、学生ならではのとてもユニークなバンドを数多く見ることができました。

メインストリートに立ち並ぶ模擬店では、探検部のスモークチキンなどの学園祭名物は、今年ももちろん行列が。そんな中でも、芸大ツーリングクラブによる自作の窯で焼くピザ屋台は、その本格派ぶりが注目の的。さらに、コスプレや独自のコスチュームに身を包んだ学生が呼びこみを行うなど、五感に訴えかけるような模擬店は大阪芸大ならではといえます。

ひそかに注目を集めていたのが、総合体育館を会場にして、手づくり雑貨や小物を集めたマーケット「てづくり横町」。となりあった総合体育館ギャラリーでは、美術研究会アートラボによる展示やライブペインティング、物販も行われ、作品を鑑賞すること、売り買いすること、その両方の楽しみを満喫することができました。
一方で、ストリートダンスサークル未成年による、こちらも毎年恒例となったフリースタイルバトル「踊り山」は、小さな会場が熱気でむせ返るほど。サークルのメンバーだけでなく、学外からエントリーした中高生たちの大健闘もあって、白熱したダンスによる熱い交流が続いていました。

ページトップ