教職相談室

  • 教職相談室
  • 教職課程
  • 教員免許状更新講習

教職相談室

教職課程について

■ 教職課程の教育目標と目指す教員像
本学では芸術系総合大学としての特性を生かし、芸術を通じて、学校教育の現場で園児・児童・生徒の発達に資する教員を養成しています。

《教育目標》

建学の精神をふまえた芸術教育を柱に、創造性及びコミュニケーション力を備えた「教育者」を育成し、初等中等教育分野で生徒の発達を支援し、社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。

《目指す教員像》

1.



教育における芸術の意義や役割を理解し、教育現場で実践することができる
-創造性・感性の涵養、技術・技法・歴史の理解
-自己表現・多様な表現の理解
-相互理解、協働の喜び

2.


幼児・児童・生徒・保護者・教員といった他者の声や意見に耳を傾け、良好な関係を築くことができる
-気づき、かかわり、コミュニケーション
-カウンセリング能力

3.



教育者であると同時に、芸術家・表現者として活動し、芸術の良さ・喜びを伝えることができる
-芸術を通じた自己の探求・鍛錬
-表現活動の喜び これらの資質を教職科目、専門教育科目などの授業科目の他、地域や社会との連携事業、学校ボランティア・インターンシップなどの諸活動との相互の関連の中で修得することを支援する。

本学で取得可能な免許状

下記の学科・研究科において、基礎資格(卒業または修了)を満たし、指定された科目を修得することで、教育職員免許状を取得することが可能です。

学科 種類
美術学科 中学校教諭1種免許状(美術)
高等学校教諭1種免許状(美術・工芸)
デザイン学科 中学校教諭1種免許状(美術)
高等学校教諭1種免許状(美術・工芸・情報)
工芸学科 中学校教諭1種免許状(美術)
高等学校教諭1種免許状(美術・工芸)
文芸学科 中学校教諭1種免許状(国語)
高等学校教諭1種免許状(国語)
音楽学科 中学校教諭1種免許状(音楽)
高等学校教諭1種免許状(音楽)
演奏学科 中学校教諭1種免許状(音楽)
高等学校教諭1種免許状(音楽)
初等芸術教育学科 幼稚園教諭1種免許状
小学校教諭1種免許状
大学院芸術研究科 中学校教諭専修免許状(美術・音楽・国語)
高等学校教諭専修免許状(美術・音楽・国語・工芸)

履修を希望する方へ

教職課程とは学校教員として園児・児童・生徒を指導するために必要な資質や能力を身につけるための教育課程です。免許状取得には卒業所要単位に加え、多数の教職科目を履修すること、介護等体験や教育実習などの学外での長期間の体験が課されます。また、実践力を高めるためには学校インターンシップやボランティアによって学校・教育現場での経験を積むことも奨励されます。 「資格がほしいから」という動機だけで履修を始めると、これらの負担感は大きくなります。さらに、教員免許更新制により免許状の有効期限が取得から10年間とされています。心構えとして、「教職への強い意思」、「自ら学び続ける姿勢」を持つことが必要です。

年間スケジュール(芸術学部)

教職課程の履修は2年次から開始することができます。履修開始には下記の条件を満たすことが必要です。
・教職課程履修ガイダンスを受け、教職課程履修届・誓約書を提出すること
・教職課程履修費(30,000円)を納入すること…音楽学科音楽教育コース・初等芸術教育学科を除く
・前年度に「教職概論(2単位)」を取得しておくこと
※ 所属学科や履修状況により異なることがあります。

時期 内容
【2年次】
新年度ガイダンス期間・前期
教職課程新規履修希望者ガイダンス
「教職課程履修費」納入
「資格課程履修届・誓約書」・「教職課程履修記録」提出
教職課程履修可能者発表
「介護等体験」申込説明会
後期 「介護等体験」体験費納入・申込書提出
【3年次】
新年度ガイダンス期間・前期
教職課程履修者(2年目・3年次生)ガイダンス
「教育実習」の内諾依頼
「介護等体験」社会福祉施設(5日間) 
後期 「介護等体験」特別支援学校(2日間)
教育実習実施可能者発表
【4年次】
新年度ガイダンス期間・前期
教職課程履修者(3年目・4年次生)ガイダンス
「教育実習」実施
後期・翌年3月卒業式当日 教員免許状一括申請希望者ガイダンス 教員免許状の交付
[お問合せ先]
大阪芸術大学 教務部 教職相談室
所在地 〒585-8555 大阪府南河内郡河南町東山469
電話 0721-93-3781(代表)、7907(直通)
FAX 0721-93-5542
Mail:kyousyoku@osaka-geidai.ac.jp
受付時間 平日9:30~16:30 土曜日9:30~12:00
ページトップ