建築学科 教員紹介

建築学科の先輩に聞きました! 日夜、学業に励み、充実した学生生活を送っている先輩たち。彼らの質問への答えから、未来の自分の姿をイメージしてみましょう。

自然豊かな恵まれた環境が創作活動によい効果を。
大森 健史さん 香川県 高松工芸高等学校出身 建築学科 2012年度入学

総合芸術大学のなかにある建築学科だけに、他学科の学生たちからも刺激を受けながら建築を学べるのが楽しいです。
建築計画演習という授業では、1年生のときから設計実習を開始。自分たちでつくった設計図をもとに、ベニヤ板と角材を使って小屋を建てました。これが初めての設計作品となったのですが、完成したときはやはりうれしかったですね。こうした実践的な授業が多いのも大きな魅力です。

Q. 建築に必要なことって?
A.知的好奇心!

建築には社会情勢や歴史背景なども、そのデザインに反映されます。それらは西洋建築史などの授業でも学ぶことができますが、現在の建築について深く知るためには、建築以外の分野にも好奇心の目を向けることが必要です。
僕の場合は図書館で他学科の推薦図書を読みあさっていますね。

Q. 将来は何になりたい?
A.一級建築士

高校でも建築の勉強をし、そして現在も大学で深く学んでいます。まずは、ずっと思い描いてきた建築士になる夢を形にすること。
そして、僕が憧れている企業があるのですが、その会社が手掛けているような美術館や商業施設といった大きな設計の仕事を、いつか担当してみたいです。

Q.今、興味があることは?
A.炒飯

一人暮らしなので、食事はどうしてもコンビニに頼りがち。“このままじゃマズい”と一念発起し、つい最近から自炊を始めるようになりました。
得意料理はチャーハン。フライパンに大量の野菜を放り込んで炒めています。もう少しレパートリーを増やすべく、日々奮闘中です。

写真

2年次に制作した模型。模型制作は根気が勝負!

写真

製図を通してアイデアをふくらませる。

写真

大型プリンターも利用可能。製図のチェックも楽々。

  • 建築分野
  • 環境デザイン分野
ページトップ