大阪芸大の仲間と一緒にドキドキ!
芸術計画学科の毎日

入学したらどんな生活が待っているの?
勉強は? プライベートは? 生活スタイルは?
芸術計画学科で充実した毎日を送る先輩2名の1日を追ってみました。

CASE STUDY02西口 由梨さんの場合

8:40
スクールバスで
学校に到着
喜志駅からは無料のスクールバスに乗って、約10分で大学に到着。授業開始の30分前には着くようにしています。今日も一日、勉強&バイトがんばるぞ!
9:10
1限目は
アーツプロジェクト論
芸術関連のイベントやプロジェクトについて学べる、大好きな授業です。将来は、ワークショップや市民参加型のプロジェクトを手がけてみたいな。
10:50
チームプレゼンに挑戦
スタートアップ演習でプレゼンのトレーニング。最初は苦手だったけれど、かなり上達しました! この演習では、企画書の書き方も学べるんですよ。
12:30
他学科の友だちとランチ
大阪芸大のいいところは、ほかの学科の学生ともすぐに仲よくなれる点。今日はデザイン学科の友だちとランチをしながら、いろいろ情報交換できて楽しかった~。
13:20
ワークショップの
演習で発想力を磨く
アートプロデュース演習Ⅰは、芸術分野の教育普及理論を学ぶ演習です。今度開催されるワークショップで使うために、得意のイラストで小道具を制作しました。
15:30
放課後は阿倍野でショッピング
今日の授業は3限目まで。バイトまでちょっと時間があるので、放課後は阿倍野に立ち寄って、洋服と雑貨を買いに行きました。
18:00
週に3日は
居酒屋アルバイト
将来は大勢の人をターゲットにしたイベントやプロジェクトを手がけたいので、いろいろな人を見られる接客業は勉強になります! 友だちもたくさん増えました。
23:00
帰宅後は次回ミーティングのための資料をまとめます。忙しい毎日ですが、好きなことだからがんばれます。しっかりチカラをつけてイベントディレクターをめざします!