放送学科 声優コース

富田林ドリームフェスティバル -プロ野球 ウェスタン・リーグ公式戦 実況中継-

 昨年に続いて今年も、大阪芸術大学の学生がプロ野球ウェスタン・リーグ公式戦、オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークスの試合を実況中継しました。

7月12日(土)に、富田林ドリームフェスティバルとして富田林バファローズスタジアムで行われた試合で、今年は放送学科4年の北山貴裕君と3年の西尾瑠衣さんが実況アナウンサーに挑戦。富田林市役所のWEBサイトから配信されました。2人は、バファローズの試合の取材を続けて資料作りに励んだ他、選手のエピソードなども調べ準備万端整えて、本番に臨みました。初めは緊張気味で固さもみられましたが、試合が進むにつれて笑顔も出るようになりました。解説者への質問など、会話のキャッチボールも滑らかに進んで、現場の雰囲気を楽しんでいるようでした。

昨年はイニング毎の分担ではなく、2人の同時実況という形で進行しましたが、お互いにうまくカバーをしあい息もぴったりでした。学生がプロ野球の実況中継をして、音声がネットで配信されるというのは極めて珍しく、今年もサンケイ・読売・日経などの各紙に写真入りで紹介されました。

放送学科では実況の他、3年の岡季衣さん、五十嵐恵梨さん、沼口紗也香さんの3人がイニングの間に富田林市の告知アナウンスを担当。また、今年は写真学科3年の加藤大君が試合の様子や選手の表情を撮影して、オリックス球団の公式ホームページで紹介された他、デザイン学科3年の造田澄香さん、谷山胡桃さんが、富田林ドリームフェスティバルのパンフレットを作成するなど、大阪芸大パワーでイベントの盛り上げに一役買いました。

なお、昨年のWEBサイトへのアクセス数は8000回に達しました。今年も当分の間アップされていますので、是非アクセスしてみてください。
協力いただいた富田林市役所広報の皆様、資料提供や取材に便宜を図ってくださったオリックス球団の皆様に御礼申し上げます。

(放送学科客員教授 杉浦治男)

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 学科トピックス一覧へ戻る
    • 制作コース
    • アナウンスコース
    • 広告コース
    • 声優コース
    ページトップ