キャラクター造形学科 卒業生インタビュー

出会いを通じて伸ばせたコミュニケーション能力。調整する立場にある今、ゲーム創作の力強い武器に。

画像
株式会社トーセ ソーシャルメディア事業部 開発部 企画課 大林隆知さん キャラクター造形学科 2010年卒 ゲームプランナー

創造するものは

勤務する会社は、国内外の主要なゲーム・エンタテインメント関連会社からの委託を受けて、ゲームソフトを開発しています。おなじみの家庭用、モバイル(情報携帯端末)用のゲームソフトは表には出ませんが、複数の開発会社が協力して製作しているんです。その中で私は、携帯電話などで楽しむソーシャルゲームの開発に参加しています。この仕事の面白さは、ユーザーの声に直に接することができる点。インターネットを通じてゲーム利用者の反応がわかり「楽しいゲームですね。頑張ってください」など、励ましの言葉をいただくとやる気につながります。人気のゲームはバージョンアップを行い1年、2年と運営されます。その間はお客さまと一緒になってゲームを創造していく喜びがあります。

画像

学生の頃に伸ばせたもの

大学の授業では、自分たち学生で実際にボードゲームをつくったことが実践的で、今の業務に役立っています。また、放送学科の広告関連の授業を聴講するなど、他学科にも出向き、いろんな人たちと出会う中で、コミュニケーション能力が鍛えられました。今の仕事では、デザイナーやプログラマーなどの意見のまとめ役ですから、いろいろな考え方を調整していく力は大きな武器になっています。

画像

後輩のみなさんへひと言

クリエイティブな分野への就職をめざすなら、画力は鍛えておきましょう。それから自分の趣味を深めるとか、何か目標を定めてとことんやり抜くことです。結果として自信になりますし、就職したい会社の面接試験で胸を張ってプレゼンできますから。おすすめします。

画像

多くの利用者を魅了するゲームの開発では、クリエイター仲間のミーティングは不可欠。コミュニケーション能力が問われる。

画像
  • 漫画コース
  • アニメーションコース
  • ゲームコース
  • フィギュアアーツコース
ページトップ