キャラクター造形学科 トピックス

第7回高円宮殿下記念根付コンペティション

大阪芸術大学グループ在校生を対象に平成21年から開催している「高円宮殿下記念根付コンペティション」、第7回となる今年度は大阪芸術大学、短期大学部、大阪美術専門学校の学生127名から141点の応募があり、作品審査を大阪芸術大学で10月28日(水)に行いました。
審査は、高円宮妃久子殿下、塚本邦彦理事長、塚本英邦副理事長、伊藤隆工芸学科長・教授、小田信夫美術学科教授、山野宏工芸学科教授と根付師で国際根付彫刻会会長の黒岩明氏により行われました。妃殿下からは、「壊れにくい工夫や、着物を傷つけない工夫がよくできていて、根付らしい形になっている」とのご感想をいただけ、学生たちに根付に対する理解が進んできていることが実感できました。
審査の結果は、高円宮賞に「根付としては今までにない素材を用いているが、破損しにくいよう上手くまとめている。顔もきれいで、色も美しい。実に魅力的な作品」と評価された大阪芸術大学キャラクター造形学科3年生、吉井佐穂さんの「眠り姫」が、学長賞に「技術的にも、造形的にも完成度が高い。ガラスだが、よく手になじむ。イカの形をよく研究して上手くまとめている」と評価された大阪芸術大学工芸学科4年生、三浦由起子さんの「新鮮をお届け」が選ばれました。その他、優秀賞5名、入選10名が選ばれましたが、優秀賞に次ぐ作品として特別賞2名が選ばれて19名の入賞者が決定しました。今回は、大学と短期大学部の通信教育部生から合わせて3名の応募があり、内2名が優秀賞と入選に選ばれました。
記念展は応募作品141点に加え、高円宮コレクションから根付、印籠合わせて161点と妃殿下が撮影された「旅する根付」の写真パネル23点を展示して、12月4日(金)から23日(水・祝)までスカイキャンパスで開催いたしました。
表彰式は12月4日(金)に記念展会場にて執り行い、入賞者には表彰状と副賞が、高円宮賞と学長賞には山野宏教授の作品が記念品として贈られました。続いての内覧会では、妃殿下から入賞者一人一人に様々なアドバイスと激励のお言葉をいただけました。また、高円宮コレクションの展示室では、展示ケースのカバーを取り去り、妃殿下から、根付のご説明とともに根付を手に取らせていただくことができ、学生たちは根付の感触や細部を確かめつつ、その精緻な造りに驚嘆の声を上げていました。
ご来場いただいた方々には、学生の作品からは若い感性を、高円宮コレクションからは根付の魅力を楽しんでいただけました。

入賞者一覧
高円宮賞
『眠り姫』
大阪芸術大学キャラクター造形学科3年生
吉井佐穂

学長賞
『新鮮をお届け』
大阪芸術大学工芸学科4年生 
三浦由起子

優秀賞
『思季織々』
大阪芸術大学工芸学科3年生
川田奈央

『海老寿が鯛を釣る』
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科2年生 
桑原花菜子 

『黒子ダイル』
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科1年生
上田英実 

『赤ちゃんねつけ』
大阪芸術大学短期大学部通信教育部デザイン美術学科1年生
髙下雅子

『焼き豆腐』
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校総合アート学科1年生
大﨑 緑

特別賞
『ひきかえる』
大阪芸術大学工芸学科3年生
辻 清香

『泡沫』
大阪芸術大学工芸学科3年生
松岡朱音

入選
『味付けのいい根付』  
大阪芸術大学工芸学科4年生
岡田 悠

『沖縄の夕焼け』
大阪芸術大学工芸学科4年生
宮里美帆

『秋だけど筍』
大阪芸術大学工芸学科3年生
藍澤梨絵

『あかりちゃん』
大阪芸術大学工芸学科3年生
米田万結子

『今  行くよ』
大阪芸術大学工芸学科2年生
縄野日佳莉

『つみウサギ』
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科2年生
古田将紀

『雀団子』
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科1年生
稲尾真琴

『茶釜』
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科1年生
仲井彩美

『青空豆』
大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科科目等履修生
籔 晶子

『桃ンガ』
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校総合デザイン学科1年生
山﨑菜央


写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • 漫画コース
  • アニメーションコース
  • ゲームコース
  • フィギュアアーツコース
ページトップ