アートインナガハマ2015

長浜市街地を舞台に、工芸学科の学生が作品を披露!

「アートを長浜で」をコンセプトにスタートしたイベント『長浜芸術版楽市楽座 アートインナガハマ』。関西エリアを中心に、海外からの参加者も集うこのイベントには、毎年、大阪芸大も参加しています。2015年のテーマは「What’s Art ?」。この問いかけに対し、工芸学科の学生たちも真摯に向き合って作品を制作。陶芸やガラス工芸、金属工芸、染織などの販売・展示が行われました。

  • 作品は多くの来場者から好評を得、各々が自信をつけるきっかけとなった様子。
    また、会場では一般の方や海外からの参加者など、さまざまなアーティストと交流する機会にも恵まれ、新たなアートが誕生する可能性を大いに感じさせてくれました。
ページトップ