第8回 高円宮殿下記念 根付コンペティション記念展

根付コンペティションに
140名の学生が挑戦!

大阪芸大の客員教授でもあられる高円宮妃久子殿下は、高円宮憲仁親王殿下とともに世界有数の根付コレクターとして知られています。
大阪芸大では現代根付作家の育成にもご熱心であられた高円宮殿下を記念して、グループ校生を対象とする「高円宮殿下記念 根付コンペティション」を2009年に創設。第8回目となる2016年度は、グループ各校より140名の学生が参加。158点の応募作品のうち19点が、妃殿下を含む審査員により受賞作品に選ばれました。記念展初日の表彰式では、入賞者19名に表彰状と記念品を贈呈。さらに妃殿下から一人ひとりへ、作品の感想と激励のお言葉が贈られました。高円宮賞を受賞したのは通信教育部学生の井上喬文さんの作品「よいよい」。ほかにも工芸学科から学長賞「飛陽」(川田奈央さん/金属工芸コース4回生)、優秀賞「Fantasy」(小幡すみれさん/陶芸コース4回生)をはじめ7作品が受賞の栄誉に輝きました。

記念展覧会では、応募作品に加え、高円宮妃久子殿下の根付コレクションから根付と印籠など約150点と、妃殿下が撮影された「旅する根付」の写真パネル約20点も特別展示。多くの来場者の胸に、根付が現代にも通じるアートであることを感じさせる展覧会となりました。

Interview

ページトップ