デザイン学科 トピックス

第5回 高円宮妃殿下記念根付コンペティション

大阪芸術大学グループ在学生を対象にした「第5回高円宮殿下記念 根付コンペティション」、大阪芸術大学、短期大学部、大阪美術専門学校の学生115名から138点の応募があり、審査を大阪芸術大学で、表彰式、内覧会、記念展をほたるまちキャンパスで開催いたしました。 
 10月30日(水)に行われた審査は、高円宮妃久子殿下、塚本邦彦理事長、塚本英邦短期大学部学長、伊藤隆工芸学科長、小田信夫美術学科教授、山野宏工芸学科教授、根付作家の向田陽佳氏が審査員となり、応募作品の根付としての要件や制作意図を確かめながら、手に取り感触も確認して入賞候補27点が選ばれました。そして、素材や加工技術、完成度等々を厳しく審査した結果、高円宮賞には大学院生の橋本啓さんが、学長賞には同じく甲田千智さんが選ばれました。橋本さんは異なる種類の根付4点を応募、その完成度の高さが評価され、応募作品4点合わせての受賞、甲田さんはこれまでもフェルトを素材とした作品を応募していて、その独創性と技術的な進歩、また、対になる根付としての物語性も高く評価され、応募作品2点合わせての受賞となりました。その他、優秀賞は5名、入選は11名の合計18名の入賞が決定されました。 
 12月4日(水)に行われた表彰式では、高円宮賞が妃殿下から、学長賞、優秀賞、入選は塚本邦彦理事長から表彰されました。続いて行われた内覧会では、入賞者が妃殿下に作品の説明を行い、妃殿下からは様々なアドバイスと激励のお言葉をいただけました。そして、今回も高円宮家のコレクションから根付と印籠約150点を出品いただき、妃殿下からご説明と共に根付を手に取らせていただくことができ、根付の感触を味わうまたとない機会となりました。また、第4回の高円宮賞受賞者で、昨年度大学院を修了した道浦正人さん(銘 道甫)が制作した根付「蜘蛛」が高円宮家のコレクションの一つとして出品されました。 
 12月23日(月・祝)まで開催した記念展には616名の来場者があり、アンケートに「毎回楽しみにしています」と書かれた方も少なからずおられて、学内コンペでありながらも、多くの方々に楽しんでいただける催しに育ってきていることがうかがえました。

入賞者一覧 
高円宮賞 
「香楽知(かがち)」/「おもい出す」/「もり」/「重ノ妙」
大阪芸術大学大学院芸術研究科 博士課程前期芸術制作専攻2年生 橋本 啓

学長賞

「花咲かめ」 /「卯咲き」 
大阪芸術大学大学院芸術研究科 博士課程前期芸術制作専攻1年生 甲田千智 

優秀賞 

「象」
大阪芸術大学大学院芸術研究科 博士課程後期芸術専攻3年生 本多紀朗
「幸守(こうもり)」 
大阪芸術大学デザイン学科4年生 佐藤由維
「透明標本」
大阪芸術大学工芸学科4年生 森田 恵
「因幡の白兎」
大阪芸術大学短期大学部 デザイン美術学科1年生 後藤美祐
「豚達磨」
大阪芸術大学短期大学部 デザイン美術学科1年生 前田菜摘

入選

「さざなみ」
大阪芸術大学工芸学科4年生 北村日乃
「POPPY」
大阪芸術大学工芸学科4年生 和食彬子
「紫陽花」
大阪芸術大学工芸学科3年生 冨永栞里
「ラッコ」
大阪芸術大学工芸学科3年生 藤原愛乃
「あめ玉」
大阪芸術大学工芸学科3年生 吉岡ルリ子
「流行りものは耳障り」
大阪芸術大学工芸学科3年生 鋤田喜子
「味噌汁の中の豆腐 大海を夢見る」
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合デザイン学科1年生 篠倉里沙
「バラ根付」
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合デザイン学科1年生 竹本友子
「キミの顔」
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合デザイン学科1年生 中村美里
「蚊取り線香」
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合デザイン学科1年生 古川瑛与
「寝ているナスビ」
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合デザイン学科1年生 森坂 菖

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • グラフィックデザインコース
  • イラストレーションコース
  • デジタルメディアコース
  • デジタルアーツコース
  • プロダクトデザインコース
  • 空間デザインコース
  • デザインプロデュースコース
ページトップ