大阪芸術大学+カリフォルニア美術大学 交流版画展

日米の学生が版画を通じて交流。その先に見えるものは?

世界各国に姉妹校を持つ大阪芸大。なかでも1972年に姉妹校協定を締結したカリフォルニア美術大学とは、今日に至るまで交換留学などを通じて親交を深めてきました。そんな縁深い両校にとって、初期から続く交流イベントが「大阪芸術大学+カリフォルニア美術大学 交流版画展」です。
日本とアメリカ、それぞれ言語も文化も価値観も異なる国の学生たちが、版画を通じて交流するとともに、海外に向けて作品をアピールする。こうした経験から培われる力は、一生涯役立ちます。
国際社会で活躍できるグローバルな人材の育成をめざす大阪芸大にとって、この展覧会は非常に重要な役割を担っています。

  • イメージ
    会場は大阪芸大のスカイキャンパス。日米の学生による熱い競演が行われました。
  • イメージ
    版画の可能性を感じさせる個性的な作品の数々。版画にかける情熱に国境はありません。
  • イメージ
    家のなかに風景を映し出したユニークな作品。カリフォルニア美術大学の学生が制作。
  • イメージ
    墨で描いたかのような独特のタッチが魅力的な暖簾。もちろんこれも版画の作品。
ページトップ