第6回 大阪芸術大学 Art lab.『大阪芸術大学グループ特別美術セミナー「ピカソに触れる」 あなたもピカソ 私もピカソ』

高校生に大好評のアートセミナー
2016年は天才ピカソに挑戦!

あべのハルカス美術館で開催される美術展覧会に合わせて実施してきた「大阪芸術大学Art lab.」。高校生と一緒にさまざまなアート作品を制作することを目的に、これまで新印象派、トーベ・ヤンソン、ジョルジョ・モランディなどの手法に挑戦してきました。そして6回目を数える2016年は、あの天才パブロ・ピカソに挑むことに!
約50名の高校生と美術学科の学生たちが参加した今回のセミナー。初日は美術館を貸し切ってピカソの名画を鑑賞、そして残りの2日間で「人物写真のパネルを使い、その半身にアートを施す」という課題にチャレンジしました。
パネルの好きなところに境界線を一本引いた後は、各自が自由な画材・手法を用いて制作に着手。絵具でひたすら描く、雑誌や新聞を切り抜いてコラージュする、と表現方法は多種多様です。それだけに、それぞれの表現したいことが顕著に現れる作品が出揃いました。

作品が完成した後は、美術学科の先生たちによる講評会も実施。一人ひとりの作品の評価ポイントを具体的に上げることはもちろん、より魅力的な作品に仕上げるためのアドバイスもあり、高校生たちは真剣な表情で耳を傾けていました。
参加した高校生からは「自分自身でテーマを見出す勉強になった」「自由な発想や表現を形にできるのがおもしろかった」など、好評の声が続々と聞こえました。大阪芸大で実際に行われている授業を体感できる、またとない機会になっているアートセミナー。次回の開催にも多くの高校生が参加してくれることを期待しています。

ページトップ