美術学科 トピックス

美術作品展プロジェクト京2012

芸術と科学の融合への試みを第1回目で行い、成果を上げることが出来ましたので、さらなる発展を目指して第2回目の展覧会を平成24年3月16日から平成25年2月末まで計算科学機構にて約1年間開催することになりました。
 本年度は油画28点、彫刻2点、日本画20点、版画11点、計61点、大阪芸術大学美術学科の学生作品が展示されております。
 7月1日(日)には出展されている学生や父兄、親族、関係者などが集まり、京速コンピューター「京」と展示作品の61点を鑑賞後、計算科学機構で第2回「美術作品展プロジェクト京2012」受賞作品10点の授賞式が行われました。

受賞者は下記の通りです。

機構長賞 版画部門 「蕾」 石川亜佑美
副機構長賞 版画部門 「communication tools」 平井貴美
プロジェクトリーダー賞 油画部門 「組織」 中山央理
田中理事賞 日本画部門 「飛来」 宮本怜子
計算科学機構・AICS賞 油画部門 「同じ世界を生きてはいない」 宮里紘規
計算科学機構・AICS賞 日本画部門 「Album」 木下智絵
計算科学機構・AICS賞 版画部門 「A SUNSHINE SHOWER」 武田典子
計算科学機構・AICS賞 彫刻部門 「ゆるやかな」 末岡夏海
京コンピューター賞 油画部門 「お江戸ん曼陀羅」 山尾達郎
理研トリビア賞 日本画部門 「溜め息の行方」 小谷光

期間:平成24年3月16日~平成25年2月末
場所:独立行政法人理化学研究所計算科学機構
問合せ先:大阪芸術大学藝術研究所事務室

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • 油画コース
  • 日本画コース
  • 版画コース
  • 彫刻コース
ページトップ