演奏学科 卒業生インタビュー

自由な雰囲気の中で先生から教わったことすべてが、音楽指導者である今の私の糧です。

画像
一般財団法人 ヤマハ音楽振興会 稼働会場:株式会社ヤマハミュージック大阪堺店 岩橋愛さん 演奏学科 ピアノコース 1997年卒 ヤマハ音楽教育システム講師

仕事の醍醐味と喜び

幼児から高校生までの生徒に、エレクトーンとピアノを教えています。生徒によっては10年以上にわたって指導することにもなり、生徒の成長と共に、私自身が音楽講師として成長していくのを実感できる毎日です。発表会やコンクールに向けて生徒と一緒になって演奏をつくり上げていく喜びが、この仕事の醍醐味。見事なアンサンブルが実現できたとき、生徒たちのきらめく目と目を見合わせた瞬間、お互いの心が一つになった嬉しさは何ものにも代えられません。先日、保護者の方から「音楽を通して子どもが人間的にも成長したようです」という言葉をいただき、今の仕事を選んで良かったとあらためて思いました。

画像

吸収できたものは

ピアノコースでは、ソロの演奏技術や理論の修得だけでなく「ピアノデュオ」「アンサンブル」など、他者と音楽をつくり上げる科目も数多くあって、そこで学び経験を積んだことが、今に活きています。個性の違う生徒に教えるということは難しいことですが、その反面やりがいや工夫する面白さがあります。生徒への接し方や指導のノウハウも、先生方から吸収させていただいたものの一つです。

画像

大阪芸大を選んだ決め手

大学進学を控えていた頃、音楽の単科大学に入学するつもりでいましたが、ある日、以前から気になっていた大阪芸大のキャンパスを訪れました。
その日は、オープンキャンパスでもない普段の日でしたが、学内の広場には自主的にダンスの練習をする学生や絵を描いている学生がいて、さまざまな芸術を志している個性あふれる学生たちの姿に、私もこの自由な雰囲気の中で、のびのび音楽を究めたいと決意しました。
その選択は正解であったと、今も思います。

画像

仕事の合間を縫って、ピアノ奏者として自らのスキルアップにも励む。
クラシック以外にジャズやポピュラーもレパートリーに。

画像
  • ピアノコース
  • 声楽コース
  • 管弦打コース
  • ポピュラー音楽コース
ページトップ