演奏学科 ピアノコース

「弾く力」「聴く力」「教える力」。学びながら本物の演奏家が生まれていく。

週1回のレッスンは60分。練習曲、バッハ、ソナタなどの作品を通して音楽的感性を磨き表現するために必要なテクニックを身に付けていきます。1年次は伴奏法、2年次からはピアノ・デュオやアンサンブルなどの授業で、ソロばかりでなく他人との演奏によって「聴く力」を育てます。3・4年次では作品研究もスタート。より深い作品への理解を目指し、ピアノ演奏法ではより客観的に奏法について考え、ピアノ指導者としての在り方について学びます。ピアノばかりではなく、チェンバロ、パイプオルガン、電子オルガン、キーボードとあらゆる鍵盤楽器を学ぶことができるのも本学のピアノコースの特長です。

コース写真

教員ピックアップ

熊本 マリ (くまもと まり) 教授 (ピアニスト)
1975年よりスペイン王立マドリード音楽院でホアキン・ソリアノ氏に師事。米国ジュリアード音楽院でサーシャ・ゴロニツキー氏に師事。国際的に活動する日本人ピアニストのひとり。

ジャンルも職業も多彩な音楽業界で、進むべき道を照らす。

スペインで育ったことで、自然とその音楽を愛し、それがピアニストとしての自分の個性につながりました。しかし、ちょうど10代の後半、みなさんと同じ時期には、どの方向へ進むべきか迷ったものです。
音楽はジャンルも多彩ですし、関わる職業もプレイヤーから教育者まで幅広い。だから、私はできるだけ多くの時間を使って、学生たち一人ひとりを見ます。そして、その人に合ったアドバイスを送り、テクニックを教え、進むべき道にスポットライトを当てる。そうして、学生たちの個性を育てていきます。
仲道祐子 教授(ピアニスト)
ミュンヘン国立音楽大学、同大学院ピアノ科及び室内楽科を卒業。オーケストラとの共演ソロ、室内楽の分野で活躍。国際コンクールでの受賞歴多数。

音楽とは人生を賭して学ぶ価値のあるもの。だからこそ、一生ものの力を身につけましょう。

音楽は、練習も大事ですが、人生経験や見聞を広めることも非常に大切です。嬉しいことも、楽しいことも、辛いこともすべて表現力につながっていきます。多感な大学時代はたくさんの音楽に触れて、いっぱい刺激を受け、今後につなげてください。私自身も学生一人ひとりと真正面から向き合い、お互いに刺激的な存在でありつつ共に学びあえる、そんな関係を築いていきたいです。そして、音楽は一生をかけて追求するものです。卒業してからもずっと勉強は続きます。そのときにためらいなく自ら学び、一歩一歩前進できるよう音楽との向き合い方から表現方法まで様々なことを教えていきたいと思います。

授業風景

  • ピアノ実技
    ピアノ実技
  • 伴奏法
    伴奏法
  • ピアノ・デュオ
    ピアノ・デュオ

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 音楽通論 西洋音楽の歴史と理論
楽式論
鍵盤音楽論
楽曲分析
演習 ソルフェージュ1
基礎和声法1
合唱1
伴奏法
ピアノ・デュオ1 鍵盤和声法
作品研究1
ピアノ演奏法
実技 ピアノ実技1 ピアノ実技2 ピアノ実技3 ピアノ実技4
卒業制作 卒業演奏
選択必須
科目①
講義 民族音楽学
音楽教育学1
日本音楽の歴史と理論
管弦楽論
オペラ論
音楽教育学 2
日本音楽様式論
西洋音楽様式論
楽器学
現代音楽論
演習 学外公演1 ソルフェージュ2
基礎和声法 2
合唱2
ピアノ・アンサンブル
学外公演2
基礎作曲法
対位法
指揮法
合唱3
ピアノ・デュオ2
音楽マネージメント
音楽教育学演習1
演奏技法演習
学外公演3
作品研究2
編曲法
合唱4
電子キーボード演習
音楽教育学演習2
学外公演4
実技・
実習
声楽1
管・弦・打1
邦楽1
ポピュラーアンサンブル1
声楽2
管・弦・打2
邦楽 2
器楽合奏法
ポピュラーアンサンブル2
声楽3
管・弦・打3
電子オルガン
パイプオルガン1
チェンバロ1
邦楽3
ポピュラーアンサンブル3
声楽4
管・弦・打4
パイプオルガン2
チェンバロ2
ポピュラーアンサンブル4
室内楽4
卒業制作 卒業論文
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • ピアノコース
  • 声楽コース
  • 管弦打コース
  • ポピュラー音楽コース
ページトップ