演奏学科 トピックス

声楽コース -オペラと歌曲-

声楽を学ぶ上で、オペラと歌曲は重要です。演奏学科声楽コースではその学習内容として「オペラ研究」と「歌曲研究」を開講しているので紹介します。

- オペラ研究 -

オペラは総合芸術です。音楽の要素はもとより、文学・演劇・美術・バレエなど様々な要素で成り立っています。「オペラ研究1」では、舞台での身体表現の基礎を学びます。舞踊と声楽との関係を重視し、ダンスクラシックを基本として、姿勢や動きの美を追求します。「オペラ研究2」では、演技の基礎 を学びます。想像力を鍛え、それに応え得る身体を作り、舞台に立つ力をつけていきます。「オペラ研究3・4」では、「オペラ研究1・2」で習得したことを踏まえ、アリア、アンサンブルの音楽表現や演技を学びます。卒業時にはオーケストラをバックにオペラの名場面を演奏します。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

- 歌曲研究 -

「歌曲」は、「詩」と「音楽」で出来ています。従って、詩をよく理解し、美しい発音で表現することが極めて大切です。「歌曲研究」では、下記のカリキュラムに添ってそれを学び、卒業時には「日本」「イタリア」「ドイツ」「フランス」の歌曲に「オラトリオ」を加えた内容でプログラムを組み、ホールでコンサートを行います。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
「歌曲研究1」 (1年次):
「歌曲研究2」 (2年次):
「歌曲研究3」 (3年次):
「歌曲研究4」 (3年次):



「歌曲研究5」 (4年次):

「歌曲研究6」 (4年次):
ドイツ歌曲の発音法を学びます。
フランス歌曲の発音法を学びます。
日本歌曲の解釈と歌唱法を学びます。
「歌曲研究2」の発音法を生かし、フランス歌曲の解釈と演奏法を学びます。また、オラトリオの演奏法も学びます。
「歌曲研究1」の発音法を生かし、ドイツ歌曲の解釈と演奏法を学びます。
「歌曲研究3」で学んだことをさらに発展させて日本歌曲のレパートリーを広げます。
イタリア近代歌曲の解釈と演奏法を学びます。
学科トピックス一覧へ戻る
  • ピアノコース
  • 声楽コース
  • 管弦打コース
  • ポピュラー音楽コース
ページトップ