演奏学科 トピックス

第36回 オペラ公演「魔笛」を終えて

3月8日(日)大阪芸術大学芸術劇場に於いて、学生が総力を挙げて行う恒例のオペラが上演されました。 開場時間は開演より1時間前。しかしそれよりも早く行列をなして楽しみに来てくださるお客様に、毎年有り難いことだと感じております。観劇してくださる方々は年齢層の幅も広く、とりわけ毎年多くの卒業生が応援に駆けつけてくれることは本当に嬉しく有り難いことです。また、出演者の親が芸大出身ということも珍しい話ではありません。そこに芸大オペラの伝統を垣間見ることができます。 学生たちは満員の観客席を前に、一年近く努力、研鑽してきた力を発揮し大きく花を咲かせました。その上、オペラを楽しんで演じている余裕さえ見せ、客席の反応と相まって、出演者と観客が一体となったことを感じました。他学科からの助演も受け、また、多くの関係者の協力を得て、毎年レベルの高い公演が出来ることは素晴らしいと思います。最後になりましたが、今年度から指揮棒が藤川敏夫演奏学科教授から牧村邦彦演奏学科客員教授に手渡されました。藤川教授は芸大オペラの大半に携わり、その歴史に大きく貢献されました。そのご尽力に心より敬意を表します。

(演奏学科教授 藤川賀世子)

 

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • ピアノコース
  • 声楽コース
  • 管弦打コース
  • ポピュラー音楽コース
ページトップ