ドローン特別授業

「ドローン利活用と今後の展望について」
ドローン撮影クリエイターズ協会による学内特別授業を開催

最新の写真や映像表現に挑み続けている大阪芸術大学 写真学科において、「ドローン利活用と今後の展望について」と題した特別授業が行われました。講師を務められたのは「ドローン撮影クリエイターズ協会」代表理事の坂口博紀さん。ドローンそのものの機能や特性をおさらいした後で、飛行ルールを定めた改正航空法や飛行認可を受けるための検定、申請方法についてなど、ドローンの正しい知識や技術、とりまく社会状況についてお話いただきました。
講義の後は、大阪芸大のグラウンドに場所を移して実演です。2種類のドローンが準備され、学生たちは、ドローンの操縦や搭載したカメラの操作などを体験しました。

写真や映像表現の可能性を押し広げるドローン。坂口博紀さんは、2018年から写真学科でドローンの操縦技能と空撮技術を習得できる授業を担当される予定です。
さまざまな利活用が広がるドローンを扱うことのできる人材は、今、社会で多く求められており、写真学科の学生たちのさらなる活躍が期待されます。

使用ドローン DJI製 MATRICE 600 PRO
寸法
  • 1668mm × 1518mm × 727mm(プロペラ、フレームアーム、GPS マウントを広げた状態、ランディングギアを含む)
  • 437mm × 402mm × 553mm(プロペラ、フレームアーム、GPS マウントが折りたたまれた状態、ランディングギアを含まず)
重量(TB47S 標準バッテリー6個を含む) 9.5 kg
最大離陸重量 15.5 kg
ホバリング精度(P-GPS) 垂直:±0.5 m、水平:±1.5 m

Interview

ページトップ