写真学科 トピックス

卒業生の活躍

所幸則(ところ ゆきのり)

プロフィール:1961年香川県高松市生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、上京しフリーのフォトグラファーとして活動。1992年、世界写真見本市「フォトキナ」で「世界の新しい表現者」の日本代表として作品が選ばれる。その後、海外の雑誌に特集が組まれるなど国内外で活躍。2003年、ZOOM Internationalで表紙と巻頭特集を組まれる。2006年に美術出版社から出された集大成的作品集「CHIAROSCURO 天使に至る系譜」をもって、第一期 所幸則としてのキャリアをリセットすることを決意。2007年よりモノクロームによる東京の渋谷のランドスケープを中心に新しい第二期所幸則としての作家活動を始める。2008年に瞬間とは違った概念の時間軸を取り入れたOne Secondシリーズの制作を開始。2008年秋には個展「渋谷1 Second瞬間と永遠」を渋谷で開催。2009年5月にはEYEMAZINGで特集が組まれる。2009年9月「東京フォト2009」に出展。2010年、所幸則写真展「PARADOX」をGALLERY 21にて開催。2010年「東京フォト2010」にメイン作家として出展。2010年、上海のM50にて「上海1秒」を開催。2011年「東京フォト2011」に東京画参加作家として出展。2012年、日中友好交流展「個園 - 中日現代美術交流展」(杭州)に草間彌生、荒木経惟とともに参加。2012年5月Niiyama's Gallery and sales Salonにて初のヌード作品による個展開催。

拡大表示

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • アーツマネジメント
  • カルチュラルマネジメント
  • 映像表現
ページトップ