写真学科 トピックス

「SNIFF OUT 2013」を終えて-大阪芸術大学ブースで、次代を担うアーティストを紹介-

7月20日(土)、21日(日)の両日、インテックス大阪においてミュージック×アートの融合フェス「SNIFF OUT 2013」が開催されました。salyu×salyu、WARLD ORDER、Pia-no-jaC をはじめとするミュージシャンや現代アーティストであるChim ← Pom、明和電機などが参加しました。当日は、コンサート、作品展示、パーフォーマンス、トークショーなどの多様なプログラムで構成され、会場は熱気に包まれました。

大阪芸術大学はこの事業のパートナーとなったため、本学もブースを出展し、新進気鋭作家の作品を紹介しました。キュレーションに際しては大阪芸術大学博物館の協力のもと、過去数ヶ年の卒業生、在学生の中から興味深い作品のデータを収集した上で、私が自宅やアトリエまで足を運び、慎重に選ぶ姿勢をとりました。最終的にトーキョーワンダーウォール公募2010(東京都現代美術館)の入選歴をもつ馬渕晃子氏(大学院絵画領域副手)と「2013 アジア現代陶芸展」(金沢21世紀美術館ほか)に作品が展示されたばかりの樋口奎人氏(工芸学科陶芸コース副手)の2名をチョイスしました。

彼らは、生命をテーマにフラジャイルな美しさを漂わせる極めて完成度の高い作品を制作しています。「生命との交感― 美しき時空への誘い―」と題した展示空間は、シンプルかつクールなしつらいにすることで、鑑賞者がこの世界と真摯に向き合いやすいかたちをとりました。また、アートが特異な表現になりがちななかで、不変極まりないテーマをベーシックなアプローチであえて究めようとする姿勢はむしろ際立ち、凛とした空気を漂わせました。それは、大学らしいポーズをとることで、他のブースとの差異化をはかる戦略をも意味します。本事業は、アートアワードも併せて実施することで将来有望なアーティストの発掘も目指すものですが、樋口奎人氏は来場者の眼差しを集め、オーディエンス賞を受賞。個展を催す機会を手に入れました。次代を担う表現者として、今後ますます注目されることでしょう。

本ブースは、芸術計画学科の学生、卒業生たちにより運営され、現場で生きたアーツマネジメントを学ぶ貴重な機会を得ることができました。また、音楽学科の学生、副手たちは、多田正美氏のアシスタント業務を担当。放送学科の学生たちは、石川豊子放送学科教授の指導により、レセプションパーティの司会や会場アナウンスを見事に務めました。なお、記録写真は、写真学科の卒業生たちが撮影しました。皆の力を結集させることで、総合芸術大学としての存在感をアピールすることができたのではないでしょうか。

(芸術計画学科准教授 谷 悟)


(写真左) 大阪芸術大学ブース(絵画/馬渕晃子、陶芸/樋口奎人)
写真撮影/長谷川朋也(大学院写真領域修了生)

(写真右)大阪芸術大学ブース(絵画/馬渕晃子、陶芸/樋口奎人)
写真撮影/長谷川朋也(大学院写真領域修了生)

写真をクリックしていただきますと拡大表示されます。

  • 写真
    拡大表示
  • 写真
    拡大表示
学科トピックス一覧へ戻る
  • ファインアート
  • プロフェッショナル
  • 映像表現
ページトップ