フレッシュマンキャンプ

新たな仲間とこれからの4年間をイメージする
1泊2日の「フレッシュマンキャンプ」

大阪芸大に入学した学生たちが最初に参加するイベントが、学科の仲間や先輩、そして先生方と交流を図るための研修合宿「フレッシュマンキャンプ」です。2016年は約1600名が参加。学科ごとにそれぞれの合宿先で履修相談やレクリエーション、グループワークなどを行いました。その一部を紹介します。
兵庫県須磨海岸に向かったのはデザイン学科。グループワークでは、「見たことのない海の生き物」をテーマに、合宿1日目に訪れた水族館での見学を踏まえて、メンバーそれぞれがアイデアを出し合って作品を制作しました。

一方、放送学科は滋賀県へ。世界遺産でもある比叡山を回って歴史を学び、合宿先では「ようこそ栄光の放送学科へ」と題したCMを制作。はじめて扱う機材に戸惑いつつも、琵琶湖の岸辺でグループごとに思い思いの映像を撮影しました。
そのほかの学科でも、デザイン学科や放送学科と同じようにグループワークやレクリエーションなどが行われ、親交が深まった様子。大阪芸大で過ごす4年間をより豊かなものにするための、かけがいのない2日間がこの「フレッシュマンキャンプ」なのです。

ページトップ