平成28年度 入学式

優雅な演奏や歌声が響き渡る
大阪芸大“らしさ”全開の入学式

大阪芸大生として過ごす4年間の1日目となるのが入学式。まだ少し肌寒い4月上旬、大阪芸大は1600名を超える新入生を迎え入れました。
総合体育館内の第一アリーナは、新入生やその保護者たちで満員に。大阪芸術大学管弦楽団による生演奏や伝統的な雅楽、チアリーダーによるダンスなど、学生によるさまざまな催しで新入生たちの気分を盛り立てました。

そして、プロとして世界で活躍する音楽家のパフォーマンスを間近で見ることができるのも大阪芸大ならでは。ヴァイオリニストの川井郁子先生による流麗な演奏や、バリトン歌手の三原剛先生による大地を震わすような歌声は、圧巻のひと言です。新入生たちにとっても、これからはじまるキャンパスライフを過ごすうえでエールになったことでしょう。

ページトップ