舞台芸術学科 先輩に聞きました!

舞台芸術学科の先輩に聞きました! 日夜、学業に励み、充実した学生生活を送っている先輩たち。彼らの質問への答えから、未来の自分の姿をイメージしてみましょう。

学内の芸術作品。全部、バレエに活かしたい!
古道 貴大さん 大阪府 大阪産業大学附属高等学校出身 舞台芸術学科 舞踊コース 2011年度入学

キザに聞こえるかもしれませんが、自分は美しいものが好き。芸術全般に興味がある。だから、常に何らかの展覧会や発表会が開かれている大阪芸大での日々はとても充実しています。
ついこの前も体育館ギャラリーでアート作品を観て、影響を受けたところ。「なんでこの素材を?」「このモチーフ、ダンスにならないかな?」って、結局はバレエのことばかり考えているんですけどね(笑)。

Q.舞台芸術に必要なことって?
A.一にも二も挨拶!

舞台芸術は独学で技術を磨けないジャンル。教わることが基本なんです。だからこそ挨拶は大切。「おはようございます」で始まって、「ありがとうございました、さようなら」で終わる。これはレッスンだけでなく、プロになっても同じ。将来、ダンサーとしてお客様にどう接するかに関わってくると思います。

Q.将来は何になりたい?
A.プロのバレエダンサー

卒業後は、東京のバレエ団に入団し、プロになるのが目標。そのためには、4年生の冬に行われるオーディションに受かる必要があります。でも、不思議と焦りなどはありませんね。もしも落ちたら、それは自分の稽古が甘かったということ。だから、僕は毎日稽古するのみです。

Q.今、興味があることは?
A.アクセサリーづくり

子どものころからものづくりにハマるタイプで、クラフトスクールなんかにも通っていました。今でも、休日は合成樹脂を使ったアクセサリーづくりを楽しんでいます。リフレッシュ? 実際は、なかなか思ったようにはつくれなくて、イライラしてしまうことが多いんです(笑)。

写真

仲間と芸術情報センターでの公演を計画。

写真

レッスン室にて。ストレッチは念入りに。

写真

シューズは半年程度で交換。

  • 演技演出コース
  • ミュージカルコース
  • 舞踊コース
  • ポピュラーダンスコース
  • 舞台美術コース
  • 舞台音響効果コース
  • 舞台照明コース
ページトップ