博物館主催展 過去の展覧会

  • 展覧会
  • コレクション
  • 刊行物
  • 博物館主催展

博物館主催展

所蔵品展「ヴィクトリア朝の書物と装飾―挿絵画家としてのウォルター・クレイン―」

内容

本学図書館では、近代デザインの父と言われるウィリアム・モリスが出版したケルムスコット・プレス刊本全作品と関連資料からなる「ウィリアム・モリスコレクション」を中心として、ヴィクトリア朝時代の芸術的書物資料を数多く所蔵しています。博物館では昨年度までの3年にわたり、ケルムスコット・プレス刊本全点を紹介してきました。今年度は、その関連展示として、ウィリアム・モリスと同時代に活躍した挿絵画家ウォルター・クレインの仕事を、図書館所蔵品の中から紹介します。
ウォルター・クレイン(Walter Crane, 1845-1915)は、ヴィクトリア朝のデザイナー、挿絵画家、油彩画家であり、ウィリアム・モリスを先鋒とするアーツ・アンド・クラフツ運動の有力な活動家のひとりでもありました。1860年代初めに挿絵画家の道を歩み出し、70年代には、明確な輪郭や平坦な色合いに浮世絵の影響も見られる画風で、幼児向けの彩色絵本「トイ・ブック(Toy Book)」の分野で活躍しました。さらに80年代後半以降には、しなやかな曲線と豊かな色彩からなる装飾デザインの斬新さが注目され、アール・ヌーヴォーの先駆者のひとりと目されてもいます。
本展では、クレインが影響を受けたラファエル前派の作家による挿絵本や、クレインの著作なども含め、ヴィクトリア朝時代の挿絵本約20冊を紹介いたします。

※本展のポスターは川端紗季(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ウォルター・クレインによる作品を中心に、1850年~1896年にイギリスで刊行された絵本、挿絵本など、約20冊
※いずれも大阪芸術大学図書館蔵
会期 2011年12月2日(金)~12月21日(水)
開館時間 11:00~17:00
休館日 日曜日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「―アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクションより― ヨーロッパの人々 」

内容

「決定的瞬間」という言葉とともに知られる写真界の巨匠アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は小型カメラを手に世界を駆け巡り、激動の歴史の中の、あるいはささやかな日常の場面での、人々の姿を美的な構成の中に捉えた20世紀を代表する写真家のひとりです。1973年頃以降は若き日に目指した絵画に専心するため写真の第一線から退いていますが、その頃に自身の写真芸術の集大成として、全写真作品の中から385点を選び抜き、作家監修のもと改めてプリントした「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション(Master Collection)」を制作しました。このコレクションは本学を含め世界で4ヶ所だけに所蔵されており、その後も随時作品の追加や入れ替えが作家により行われて、現在、本学所蔵のコレクションは1926年から1991年までの作品を網羅する411点で構成されています。

本展ではその中から、イタリア、スペイン、ドイツ、イギリスなど、カルティエ=ブレッソンの母国であるフランスからもほど近く、ゆかりも深いヨーロッパの国々で撮影された作品のみ約80点を選び、前期・後期に分けてご紹介いたします。カルティエ=ブレッソンが写真を始めて間もない1930年代から、フォト・ジャーナリストとして活躍した50年代、60年代、そしてコレクションの中でも最も新しい90年代の作品まで、半世紀にわたって彼がカメラを通して見つめ続けたヨーロッパの人々の姿を、ぜひ、前期・後期あわせてご覧ください。

※本展のポスターは河本祐(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ヨーロッパで撮影された作品
前期 約40点(イタリア、スペイン、ポルトガル)
後期 約40点(ドイツ、スイス、オランダ、イギリス、アイルランド)    計約80点
会期 〈前期〉 2011年10月6日(木)~10月27日(木)
〈後期〉 2011年11月7日(月)~11月26日(土)
開館時間 11:00~17:00
休館日 日曜・祝日、および10月15日(土)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「モノクローム×ものがたり ―ヨハン・アルデンドルフの絵画―」

内容

ヨハン・アルデンドルフは1924年オランダのアムステルダムに生まれ、第2次世界大戦後はヨーロッパ各地を放浪しましたが、1955年、ルノアール終焉の地としても知られる南フランスの旧市街カーニュ・スール・メールに落ち着いて作家活動を開始しました。1996年に体調を崩して制作活動を休止するまでに約200点の作品を描いたと言われていますが、本学ではそのうち37点を所蔵しており、国内外を通じて稀な規模のコレクションです。
コンテ鉛筆の細い線を緻密に描き重ねることにより作り出されるモノクロームの画面には、夢見るような表情の男女や子供とともに、隠喩にみちたモチーフがちりばめられ、幻想的な「ものがたり」を作り出しています。本展では、彼の作品のふたつの特徴、すなわち、モノクロームであることと、「ものがたり」を想起させる作品であることをテーマに、所蔵品の中から18点をご紹介いたします。
作家が作品にこめたメッセージや意図を読み解いていただくことはもちろんですが、それだけではなく、作品をご覧になった方々がどんなことを感じて、どんな想像をされたのかということを書いていただけるワークシートもご用意しました。他の人が書かれたワークシートを会場でご覧いただくことも出来ます。他の人の作品解釈を知ることで、作品の見方がいっそう柔軟に広がることと思います。

※本展のポスターは伊藤華苗(デザイン学科3年生)がデザインしました。

ヨハン・アルデンドルフ・コレクション 作品集 (2003年発行)を販売しております。(ご案内)

出品内容 ヨハン・アルデンドルフによる絵画18点
会期 2011年7月1日(金)~7月18日(月・祝)
開館時間 11:00~17:00  ただし、7月17日(日)、18日(月・祝)は11:00~16:00
休館日 7月3日(日)、7月10日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「蓄音機とレコード ― 音楽産業の始まり、コロムビアとビクター ―」

内容

蓄音機がエジソンによって発明され、録音と再生が可能になったのは1877年のことです。最初は記録を残すための機械として作られた蓄音機ですが、やがて、音楽を家庭で楽しむための機械として広がっていきます。世界中の国々、地域で音楽のレコードが作られ、販売されるようになり、音楽が産業として成立し始めます。
音楽産業の黎明期に競い合っていたのはアメリカのコロムビア社とビクター社で、世界中の国々で録音を行い、それぞれの国の人々が好む音楽のレコードを生産して蓄音機と共に売り込んでいきました。
今展では、オーディオ資料室収蔵の蓄音機とレコードの中からコロムビア社とビクター社のものを中心に選び出品します。どのような蓄音機やレコードが作られていったのか、それらのデザインの変遷を見るとともに、当時のレコードを聞き、人々がどのような音楽を楽しんでいたのかを体験していただく機会とします。
今年はハンガリー出身のピアニスト・作曲家のフランツ・リスト生誕200年、オーストリアの指揮者・作曲家のグスタフ・マーラー没後100年に当たるため、両者の曲を聴く機会を設けていきます。

※本展のポスターは福永紘世(デザイン学科4年生)がデザインしました。

出品内容 蓄音機:33台、SPレコード、円筒レコード
会期 5月29日(日)~6月11日(土)
【レコード試聴会】
1日3回(各回30分程度)12時30分~、15時30分~、16時30分~
※5/29(日)は教育懇談会・オープンキャンパスのため随時開催
開館時間 11:00~17:00  5/29(日)のみ10:00~16:00
休館日 6/5(日) ※5/29(日)は教育懇談会・オープンキャンパスのため開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「本学ゆかりの作家展」

内容

大阪芸術大学博物館には、本学で指導にあたった数多くの教員たちの作品が収蔵されています。
そこで卒業制作展の時期に本学草創期から近年教壇に立ち学生の指導に当たられた様々な分野の教員たちの作品を合わせて展示し、本学の自由闊達な創造活動を改めて感じていただければと考えております。

出品内容 鍋井克之、早川良雄、ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン、泉茂、川端健生、石井武夫、バンドゥ・ダンハムなど、合計約20点
会期 平成23年2月18日(金)~27日(日) [10日間] (卒業制作2010 学内展示と同時開催)
開館時間 10:00~16:00
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「ウィリアム・モリスと美しい書物―全盛期の「ケルムスコット・プレス刊本」―」

内容

ヴィクトリア朝時代に詩人、工芸デザイナーとして名を馳せたウィリアム・モリス(William Morris,1843-96)は、インキュナブラ、すなわちグーテンベルクが活版印刷を発明した15世紀中頃から1600年までの印刷術の始まりの頃に刊行された活字本を、熱心に収集し研究しています。そして、書物というものは、美しい活字で、美しい紙に印刷し、美しい装丁で、製本できると確信した彼は、自らも活字のデザインに取り組み、晩年になって彼自身の「ささやかな印刷術の冒険」に乗り出しました。モリスは手引き印刷機を購入し、印刷職人を雇い入れ、最良の手漉き紙と最良の印刷用インクを探しだして、ハマースミスにケルムスコット・プレス(Kelmscott Press,1891-98)を創設し、そこから全53書目、66冊の美しい書物が相次いで発行されています。
本学図書館では、ケルムスコット・プレスより発行された全書目を所蔵していますが、今回の所蔵品展では、その中から、ケルムスコット・プレスの全盛期に発行された15書目が展示されます。

全盛期のケルムスコット・プレス刊本の魅力のひとつは、しばしば木版挿絵が添えられているところにあります。「挿絵本は、挿絵が印刷されたテキストの添え物であるというのでなければ、協同的な調和のとれた芸術作品であるべきだ」というのがモリスの考えで、その見事な結実が、今回の展示における最大の見もの『ジェフリー・チョーサー作品集成』です。
刊行当初から『グーテンベルグ聖書』以来の最高に美しい本という名声を博した本書をはじめとして、ケルムスコット・プレスがその全盛期に生み出した数々の美しい書物を、モリスが暮らしたケルムスコット・ハウスの当時の様子を撮影した写真などの関連資料とあわせてご紹介します。

※本展のポスターは呉 芽里(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ケルムスコット・プレス刊本 15書目22冊(1896年~1898年発行)
および、それらの見本刷り、モリスに関する資料、
ケルムスコット・ハウスの写真15点(1896年)、など 合計約40点
※いずれも大阪芸術大学図書館蔵
会期 2011年1月8日(土)~1月27日(木)
開館時間 11:00~17:00
休館日 日曜・祝日および1月14日(金)、1月15日(土)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「アンリ・カルティエ=ブレッソンのフランス―アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクションより―」

内容

「決定的瞬間」という言葉とともに知られる写真界の巨匠アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は小型カメラを手に世界を駆け巡り、激動の歴史の中の、あるいはささやかな日常の場面での、人々の姿を美的な構成の中に捉えた20世紀を代表する写真家のひとりです。1973年頃以降は若き日に目指した絵画に専心するため写真の第一線から退いていますが、その頃に自身の写真芸術の集大成として、全写真作品の中から385点を選び抜き、作家監修のもと改めてプリントした「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション(Master Collection)」を制作しました。このコレクションは本学を含め世界で4ヶ所だけに所蔵されており、その後も随時作品の追加や入れ替えが作家により行われて、現在、本学所蔵のコレクションは1926年から1991年までの作品を網羅する411点で構成されています。

本展では「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」より、特にフランスで撮影された作品のみ約80点を選び、前期・後期に分けてご紹介いたします。
フランスは、カルティエ=ブレッソンの母国であり、また、彼の写真芸術を育んだ土地でもあります。市民の自主独立の精神に裏打ちされた自由な気風、日々の生活の中にある美しさ、さりげないヒューマニズム、漂うユーモアなど、文化・芸術の中心として栄えてきたフランスの特質は、そのまま彼の写真芸術にも色濃く反映されています。フォト・ジャーナリストとして活躍した壮年期の代表作群はもちろん、画家になることを夢見ながら放浪の青春時代を送っていた20代の作品、また、絵画、デッサンにいそしみながら静かに暮らした晩年の風景写真まで、ぜひ、前期・後期あわせてご覧ください。

※本展のポスターは本村史香(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」より、 フランスで撮影された作品 
前期約40点、後期約40点、計約80点
会期 〈前期〉2010年11月8日(月)~11月26日(金)
〈後期〉2010年11月29日(月)~12月16日(木)
開館時間 11:00~17:00
休館日 日曜・祝日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「1970~80年代世界の版画―「世界版画コンペティション」入賞作品より―」

内容

今年度7月に本学体育館ギャラリーにて開催される、姉妹校カリフォルニア美術大学との交流作品展「大阪芸術大学+カリフォルニア美術大学 染・版画作品展」に時期をあわせ、本学で所蔵する版画作品のうち、「World Print Competition(世界版画コンペティション)」での入賞作品を展示します。
「世界版画コンペティション」は、カリフォルニア美術工芸大学(現・カリフォルニア美術大学)、サンフランシスコ近代美術館などの共同主催で1973年から1983年にかけて4回開催された国際版画コンクールで、本学も1977年の第2回展以降、日本事務局をつとめていました。また、第1~4回コンクールで特別買上賞を受賞した作品を所蔵しています。
第二次世界大戦後の1950年代から70年代にかけて、世界各地で版画の国際コンクールが数多く創設されました。現代のようにインターネットなどの情報網のない時代、複数制作が可能で輸送も容易な版画作品は、海外の美術を知るために格好のメディアでもありました。さまざまな国、地域から寄せられる作品によって作家たちも刺激を受け合い、また、ゼロックスコピーやネコプリント等の印刷技術が版画制作にも取り入れられるなど、新たな表現方法を生み出していった1970年代から80年代にかけての版画芸術は、世界中でそれまでにない盛りあがりを見せました。
当時のそのような動向を感じさせると同時に、本学の国際交流の記念でもある作品群を、現在の交流の成果である交流作品展とあわせて、ぜひご高覧下さい。

※本展のポスターは伊藤郁美(デザイン学科4回生)がデザインしました。

出品内容 第1回および第4回「世界版画コンペティション」での 「特別買上賞」受賞作品 計27点
(会場の都合により、受賞作品のうち一部は展示されません。)
会期 2010年7月5日(月)~7月24日(土)
開館時間 11:00~17:00(ただし7/18(日)、19(月・祝)は11:00~16:00)
休館日 7月11日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「音楽再生の変遷―蓄音機からCD」

内容

蓄音機の発明によって音を記録して再生することができるようになり、現在ではテレビやラジオをはじめ、パソコンや携帯電話などから当たり前のように音楽が流れています。今回の展覧会では、このような音楽再生がどのように発展してきたのか、蓄音機からCDまで大阪芸術大学博物館オーディオ資料室所蔵の蓄音機、ラジオなどの機器類とレコードをご覧いただきます。蓄音機が奏でるレコードを楽しみながら、音楽再生の変遷を体験してください。

※会場ではSPレコード約500枚を随時蓄音機で再生しています。
※本展は2010年4月にほたるまちキャンパスにて開催した展覧会の巡回展です。

出品内容 初期から最盛期までの機械式蓄音機を中心に、CDプレーヤーまでのオーディオ機器 約30点
会期 2010年6月7日(月)~6月19日(土)
開館時間 11:00~17:00
休館日 日曜休館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

大阪芸術大学 初等芸術教育学科 開設記念 大阪芸術大学博物館所蔵品展「音楽再生の変遷―蓄音機からCD」

内容

蓄音機の発明によって音を記録して再生することができるようになり、現在ではテレビやラジオをはじめ、パソコンや携帯電話などから当たり前のように音楽が流れています。今回の展覧会では、このような音楽再生がどのように発展してきたのか、蓄音機からCDまで大阪芸術大学博物館オーディオ資料室所蔵の蓄音機、ラジオなどの機器類とレコードをご覧いただきます。蓄音機が奏でるレコードを楽しみながら、音楽再生の変遷を体験してください。

出品内容 初期から最盛期までの機械式蓄音機を主に、CDプレーヤーまでのオーディオ機器 約50点
会期 2010年4月14日(水)~4月27日(火)
開館時間 11:00~19:00(入場は18:30まで)
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学ほたるまちキャンパスギャラリー
大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム3F
Tel:06-6450-1515
MAP
観覧料 無料
関連催事 ※、全て、申込不要、参加無料
①学芸員によるギャラリートーク
展示に沿ってオーディオの歴史解説とレコードコンサートを行います。
日時:4月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
時間:各日とも、11:30~、14:00~、17:00~ (各回約1時間)
②蓄音機実演
会期中随時、スタッフにより蓄音機の実演を行います。
尚、大阪芸術大学初等芸術教育学科 開設記念シンポジウム 芸術と脳「美しいと感じるこころ」を堂島リバーフォーラムにて開催いたしております。(要申込)
詳細

所蔵品展「ウィリアム・モリスと私家版 ―発展期の「ケルムスコット・プレス刊本」展」

内容

ウィリアム・モリス(William Morris, 1834-96)は、ヴィクトリア朝時代にじつに多くの分野で精力的に立ち働いている。まず『地上の楽園』などの詩人として名を揚げ、やがて「モリス商会」の工芸デザイナーとして名を成すとともに、冒険的な実業家としても成功を収めている。さらに、「古建築保護協会」や「民主主義同盟」などに参加し、社会思想および運動の方面にも進出している。しかもモリスの最晩年を彩ったのは、当代における印刷芸術の再興であった。
初期印刷本と中世の彩色写本の熱心な愛好家であったモリスは、「美しい書物」の再興に向けて、「ケルムスコット・プレス(Kelmscott Press, 1891-98)」を創設している。この私家版印刷工房からは、モリスによりデザインされ、手動印刷機で刷られた53点66冊の書物が、平均300冊の限定版で発行されており、本学図書館ではそのすべてを所蔵している。
博物館では昨年度、ケルムスコット・プレスの草創期に刊行された書物20点を紹介したが、今回の展覧会では、その発展期における18点21冊の書物を展示する。また、モリスが愛してやまなかった別邸「ケルムスコット・マナー」の当時の写真もあわせて紹介する。

※本展のポスターは赤木彩美(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ケルムスコット・プレス刊本No.21~38、18点21冊(1893年12月~1896年4月刊行)
ケルムスコット・マナーの写真9点(1896年頃撮影)
※いずれも大阪芸術大学図書館蔵
会期 2010年1月7日(木)~1月27日(水)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜・祝日、および1月15日(金)、16日(土)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクションより   ポートレイト―20世紀の顔」

内容

「決定的瞬間」という言葉とともに広く知られている写真界の巨匠アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson, 1908-2004)は、フォト・ジャーナリストとして活躍しながら数多くの写真集も残しました。激動する歴史の瞬間を記録しただけではなく、日常のふとした光景や人々の何気ない仕草を瞬時に捉えて完璧な構図を画面につくりだしたカルティエ=ブレッソンの作品は、今も世界中の人々を魅了し続けています。
本学が所蔵する「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション(The Master Collection)」は、彼の活動の中心が写真から絵画へと移行した1970年代初頭に、自己の写真作品の集大成として編纂されたものです。当初は385点でしたが、その後本人による作品の追加や差し替えが数回にわたって行われ、1991年に現在の411点となっています。
本展では、その中からポートレイト作品だけを選び、二期にわけてご紹介いたします。前期には写真を本格的に撮り始めた1930年代から、最初の写真集『逃げ去るイメージ(決定的瞬間)』が刊行された1952年頃まで、後期には1950年代から晩年までに撮影された作品を年代順にご覧いただき、カルティエ=ブレッソンが写真家としてのスタイルを固めてゆく過程と、カメラを通し被写体と交わす彼の視線が、20歳代から80歳代までどのように変化していったのかを追っていきます。
また、彼のカメラの前に立った人々には、20世紀の芸術文化を代表する偉人たちが多く含まれます。一堂に集まった姿から、カルティエ=ブレッソンが生きた時間、過ごした空間が、いかに豊かなものであったかも感じられることでしょう。

※本展のポスターは川村拓也(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」より、
前期約40点(1932~1953年)、後期約40点(1955~1991年)、計約80点
会期 〈前期〉2009年11月10日(火)~11月28日(土)
〈後期〉2009年12月1日(火)~12月21日(月)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜、祝日、および11/30(月)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「ライカと写真―システムカメラの展望― 中川一夫ライカコレクションより」

内容

平成18年に本学に寄贈された「中川一夫ライカコレクション」には、カメラ本体やレンズのみならず、あらゆる種類のアタッチメントやアクセサリー、文献資料が含まれており、その総数は1,000点を遙かに超えています。
顕微鏡や双眼鏡を製造する光学機器メーカーであったライツ社の技師オスカー・バルナックが1914年に開発したライカはコンパクトカメラの元祖、いわゆるスナップ写真を撮影可能にしたカメラとして知られています。誰でもが簡単に写真撮影できることはライカによってはじめて可能になり、現在のデジタルカメラにも受け継がれている特徴です。しかし、コンパクトカメラとしての側面はライカの優れた特徴のほんの一面にしか過ぎません。ライカのために開発された、簡単に交換できる広角から超望遠までの多種多様なレンズや立体視のためのステレオ写真を撮影するレンズセット、接写撮影のためのアクセサリー、連写撮影のためのフィルム巻き上げモーター等々、カメラ本体1台あれば様々な用途に対応できるシステムカメラであった点もライカの大きな特徴と言えます。そして、これらのアタッチメントやアクセサリーがカメラ本体の世代にかかわらず使うことができ、多様な写真撮影ができるカメラとして、報道から学術分野まで様々な分野で長期間にわたって使い続けることのできる優れた道具として重宝されました。
本展では「中川一夫コレクション」の中からカメラ本体だけではなく、様々なアタッチメントやアクセサリーを選び、ライカのシステムカメラとしての側面を紹介します。

会期中に「中川一夫ライカコレクション」を研究対象とした藝術研究所の研究調査補助「ライカと写真行為の革新― 写真の可能性について」によるシンポジウムが下記の通り開催されます。
シンポジウム「ライカと写真」

開催日:10月14日(水)
時間:午後1時20分~5時40分
講師:金子隆一(写真評論家・東京都写真美術館専門調査員)
   田中長徳(写真家)
会場:大阪芸術大学 AVホール(芸術情報センター地下1階)
主催:藝術研究所
事前申込不要、参加費無料
シンポジウムについてのお問い合わせ:写真学科研究室(電話:0721-93-3781内線3453)

※本展のポスターは枝園綾子(デザイン学科4回生)がデザインしました。

出品内容 Urライカ(レプリカ:中川一夫氏製作)、ライカⅠ、M3、MP、M4、
交換レンズ、ファインダー、ステレオ写真アタッチメント、映写機など
会期 2009年10月8日(木)~11月1日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 10/11(日)、12(月・祝)、15(木)、18(日)、25(日)、30(金)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「ポーランドポスター」

内容

ヨーロッパの東端に位置するポーランドが歩んできた歴史は決して平坦なものではありません。18世紀末から100年以上続いた列強諸国による分割統治、第二次世界大戦中にはドイツ軍の侵攻による甚大な被害と迫害、戦後はソ連の影響下に共産主義独裁体制がしかれるなど、芸術家たちにとっても自由な環境ではありませんでしたが、厳しい制約の中で作家たちは独自の表現方法を生み出してきました。
ポーランドポスターもそのひとつです。隠喩に満ちた絵画的な表現、時にグロテスクなモチーフ、手描きの文字など、さまざまな特徴をもつポーランドポスターは、ヨーロッパのポスターの中でも異彩を放っています。それらの特徴はポーランドの歴史や社会状況と密接な関係があります。他の芸術分野に比べて政府の検閲が緩やかだったポスターには、多くの画家たちが自由な表現の場を求めて集まり、ポーランドポスターの絵画的要素を強めました。そして隠喩表現は政府の表現規制をかいくぐるための有効な手段です。また、共産主義国であったために国家をクライアントとする文化ポスターが多数作られました。
1950年代にそれらの作家たちが国際的な評価を受け、「ポーランド派」として世界の注目を集めることになると、政府は積極的にポスターの制作を後押しするようになります。市場競争のない共産主義国であるがゆえに、販売促進や集客よりも芸術性を重視したポスターの制作も可能でした。
本展では、ポーランド派の黄金期と言われる1970年代前後に、ヤン・レニツァ、フランチシェク・スタロヴェイスキ、ヴァルデマル・シフィエジ、アンジェイ・ポンゴフスキなど、ポーランド派を代表する作家たちが制作した作品の中から、特に身体をモチーフとしたポスターを選び、その表現を紹介いたします。

※本展のポスターは清谷知世(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ヤン・レニツァ、フランチシェク・スタロヴェイスキ、ヴァルデマル・シフィエジ、イェジ・チュルニャフスキ、アンジェイ・ポンゴフスキ 他による、映画ポスター、演劇ポスター、サーカスポスター 25点
会期 2009年9月15日(火)~10月3日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 9月22日(火・祝)、23日(水・祝)、27日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

所蔵品展「蓄音機とポピュラー音楽レコード―蓄音機で聴く世界のポピュラー音楽―」

内容

1877年にエジソンが円筒式蓄音機(フォノグラフ)を発明し、1887年にベルリナーが円盤式蓄音機(グラモフォン)を発明します。今まで生演奏でしか聴けなかった音楽が、蓄音機とレコードがあればいつでも、どこでも、好きな音楽が聴ける、このことに注目したのはベルリナーでした。彼が作り出したレコードは、音楽の在り方を変える大きな力となりました。劇場やミュージック・ホールに出かけなくても流行っている音楽を楽しむことができるようになっただけではなく、レコードに合わせて、10インチレコードなら2~3分、12インチレコードなら4~5分の曲を作曲家が作っていったのです。そして、レコードによって世界中の音楽を聴くことができるようになり、様々な国、地域の音楽が影響し合い、融合して新しいポピュラー音楽が生み出されていきました。
この展覧会では、本学が所蔵する蓄音機とSPレコードのコレクションから、1910年代から1950年代までのアメリカを中心とした、ジャズやカントリーミュージック、ダンス音楽、映画やミュージカルの主題曲等々、世界のポピュラー音楽レコード320枚を出品して蓄音機で再生します。リストを用意していますのでお好きな曲や演奏者、作曲家のレコードをリクエストしてください。当時の人々がどのような音楽を聴いていたのか、また、現在の音楽と共通する部分があるのかどうか、是非、自身の耳で聴いて確かめ、そして楽しんでください。

※本展のポスターは三船治子(デザイン学科4回生)がデザインしました。

出品内容 蝋管円筒式蓄音機2台、円盤式蓄音機9台、蝋管レコード2本、円盤レコード2枚
※実演コーナーではポピュラー音楽レコード320枚から選んでご試聴いただけます。
会期 2009年7月1日(水)~7月28日(火)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜休館、ただし7/19(日)、20(月・祝)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「新収蔵品・放送機器―澤田コレクション・MBSコレクション―」

内容

大阪芸術大学では、昨年度に毎日放送(MBS)からラジオ放送が始まった1920年代初頭から1980年代にかけての歴史的な放送機器を収集した、「澤田コレクション」と「MBSコレクション」をご寄贈いただきました。
「澤田コレクション」は、全国放送教育連盟副理事長、毎日放送テレビ教育会議専門委員を務められた故・澤田源太郎氏(1910~2001)が収集され、1991年に毎日放送に寄贈されたもので、1920年代初期から1950年代のラジオ、テレビ等の家庭用機器を主とし、1950年前後にNHKが使用していた業務用マイクロフォンも含まれています。また「MBSコレクション」は、日本で民間放送が開始された1940年代後半から1980年代の業務用放送機器を主に、家庭用ラジオ、テレビも含まれています。業務用放送機器の大半は、毎日放送が実際の業務に使用していたもので、開局当初に使用されていた機器も多数含まれています。本展では、それらの新収蔵品の一部をご紹介します。
最後になりましたが、貴重な資料をご寄贈いただきましたことに篤く御礼申し上げます。

出品内容 1920~60年代のラジオ、テレビ、マイクロフォン等の放送機器、合計約50点
会期 2008年2月6日(金)~15日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「ウィリアム・モリスと印刷芸術の再興―草創期の「ケルムスコット・プレス刊本」展」

内容

ヴィクトリア朝時代に天資の詩人、多芸多才な工芸家・デザイナー、私心のない社会運動家として知られたウィリアム・モリス(William Morris,1834-1896)は、多くの分野で精力的に立ち働いている。しかも初期印刷本と中世の彩色写本の熱心な愛好家であったモリスは、当代の印刷物の美的品質の低下に心を痛め、ケルムスコット・プレス(Kelmscott Press,1891-1898)を創設している。モリスの最晩年を彩ったのは、当代における印刷芸術の再興であった。
1891年の新春には、ハマスミスのアッパー・マル16番地に小さな家が借りられ、私家版印刷所「ケルムスコット・プレス」が開設される。そしてまず最初に『輝く平原の物語』の印刷が始められている。そして結果として「ケルムスコット・プレス」は、8年の活動期間中に、『フロワサール年代記』のヴェラム見本刷り2頁を加えて総計53点67冊を刊行している。大阪芸術大学ではそのすべてを図書館で所蔵しているが、今回の展覧会はその当初に刊行された20点の書物である。
また、モリスが暮らしていた「ケルムスコット・ハウス」の当時の様子を撮影した写真もあわせて紹介する。

※本展のポスターは池口潤(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ケルムスコット・プレス刊本 20点(1891~1893年刊行)
ケルムスコット・ハウス写真 16点(1896年撮影)
※いずれも大阪芸術大学図書館蔵
会期 2008年1月8日(木)~27日(火)
開館時間 10:00~16:00
休館日 1月11日(日)、12日(月・祝)、16日(金)~18日(日)、25日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「録音機の系譜―錫箔式からテープレコーダーまで―」

内容

大阪芸術大学博物館では、開設以来毎年、オーディオ資料室所蔵資料の中から、「蓄音機」を紹介する展覧会を開催してきました。これまでは主にレコードを再生して楽しむための娯楽の道具としての一面を紹介してきましたが、今回は、音を記録する機械としての側面を紹介します。
1877年にエジソンが発明した「蓄音機」は録音と再生の機能を備えた機械でしたが、家庭に普及したのは音楽を再生して楽しむ、再生機としての「蓄音機」でした。一方、録音機としては、ビジネス用や放送、レコード制作等の業務用として発展、普及していき、その過程で様々な方式が考案されました。
今回の展示ではエジソンの錫箔式や蝋管、フィルムシート等を使ったものから、スチールワイヤーやテープを使った磁気録音機まで、1870年代から1990年代までに作られた家庭用、業務用の録音機を年代順に展示して、その歴史を紹介します。

※本展のポスターは荒木久絵(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 蓄音機、ワイヤーレコーダー、テープレコーダーなどの録音機器類 約40点
各種録音媒体 約10点
会期 2008年12月2日(火)~12月20日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜休館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

―アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクションより―「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」
〈前期〉その魅力を読み解く   〈後期〉その足跡をたどる

内容

フランスに生まれたアンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson 1908-2004)は、10代の頃には絵画に傾倒していましたが、23歳の時にアフリカに滞在したのを契機に写真に没頭するようになり、1933年には早くもアメリカで初個展、その後フォト・ジャーナリストとして活躍しながら数多くの写真集も残しました。激動する歴史の瞬間を記録しただけではなく、日常のふとした光景や人々の何気ない仕草を瞬時に捉えて完璧な構図を画面につくりだしたカルティエ=ブレッソンの作品は、今も世界中の人々を魅了し続けています。

大阪芸術大学が所蔵する「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」は、彼が生前に自身の全作品の中から自ら厳選し構成した作品411点からなり、カルティエ=ブレッソン全生涯の写真創作を一望することが出来るものです。2006年には本学客員教授平木収氏の監修により、その全点をサントリーミュージアム[天保山]にて公開いたしました。
本展は、その展示構成を踏襲しながら、作品数を大きく絞り込んで再度ご紹介するものです。会期前半にはカルティエ=ブレッソンの写真を形成するいくつかの要素を取り上げて、その魅力を読み解くヒントを提示していきます。そして後半では、彼が世界中を飛び回りながら目撃し、カメラに収めたさまざまな情景を、その足跡に沿って見てゆきます。前回の展示をご覧になれなかった方はもちろんのこと、再度ご覧いただく方々にも、20世紀を代表する写真家であり、「フランスの至宝」とも呼ばれたカルティエ=ブレッソンの魅力をご堪能いただけるものと思います。

最後になりましたが、本展の開催にあたり、2006年にご執筆いただいた解説原稿の再録を快く許諾くださいました平木収氏をはじめ、ご協力を賜わりました方々に深く感謝の意を表します。

※本展のポスターは田原拓真(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」より、前期約40点、後期約40点、計約80点
会期 〈前期〉2008年10月20日(月)~11月5日(水)
〈後期〉2008年11月11日(火)~11月28日(金)
開館時間 10:00~16:00
休館日 〈前期〉11月1日(土)、11月4日(火)
〈後期〉11月16日(日)、11月23日(日)、11月24日(祝)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
関連催事 ギャラリートーク
日時 2008年11月19日(水)12:30~13:00
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
解説 犬伏雅一(大阪芸術大学芸術計画学科教授)
※事前申込不要、参加費無料

「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 ―恵みの居場所をつくる―」

内容

アメリカ、カンザス州生まれのウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880-1964)は1905年に英語教師として近江八幡の滋賀県立商業学校(現、滋賀県立八幡商業高等学校)に赴任します。彼は英語教育だけではなくキリスト教の伝道活動も熱心に行い、このことが原因で1907年に教職を解かれます。しかし、近江八幡の地を離れなかった彼は1908年に京都YMCA会館建設の工事監督に指名され、京都三条柳馬場に建築設計事務所を開設しました。1910年には商業学校の教え子たちとともに近江八幡で建築設計監理会社「ヴォーリズ合名会社」を設立して、アメリカから建材や雑貨の輸入も始めます。また、「近江ミッション」を結成してキリスト教伝道活動も行いました。

―現在当面の日常生活のために使用する快適で健康を守るに良い、能率的な建物を熱心に求めている建築主の意を汲む奉仕者となるべきである。
―建物の風格は人間の人格と同じく、その外見よりもむしろ内容にある。 (『ヴォーリズ建築事務所作品集』序言より抜粋)

このように語っているヴォーリズは、個人住宅、商業施設、学校、教会など、様々な建物を日本全国に残しています。そして、ヴォーリズが建築設計業務を始めてから100年を迎えた今も、その多くが大切に使われています。日本を愛し、人々からも愛されたヴォーリズ、彼がのこした建築の図面と写真、模型など約100点を紹介します。日本の近代建築に大きな足跡をのこしたヴォーリズの建物の魅力を感じ取ってください。

出品内容 ウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築図面約50点 その他、建築模型、建築写真、建築記録映像、ヴォーリズゆかりの品など、計約100点 
※ 主な出品建築物
(近江八幡)ヴォーリズ記念館、近江兄弟社学園ハイド記念館、吉田邸
(京都)駒井家住宅、東華菜館
(大阪)大丸大阪心斎橋店、日本基督教団大阪教会、遠藤邸、大阪女学院
(兵庫)関西学院、神戸女学院
(軽井沢)浮田山荘、旧朝吹山荘 など
会期 2008年9月22日(月)~10月11日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜、祝日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
主催 大阪芸術大学博物館
協賛 株式会社竹中工務店
協力 株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所
財団法人近江兄弟社
京都新聞社
財団法人日本ナショナルトラスト
軽井沢ナショナルトラスト
関連催事 座談会
日時 2008年10月4日(土) 13:30~15:00
会場 AVホール(芸術情報センター地下1階)
出席者 石田忠範(石田忠範建築研究所/元、一粒社ヴォーリズ建築事務所長)
山形政昭(大阪芸術大学建築学科教授)
籔亨(大阪芸術大学教養課程教授/大阪芸術大学博物館長)
定員 200名
※事前申込不要、参加費無料
関連催事 ギャラリートーク
日時 2008年9月30日(火)15:00~15:30
会場 展示ホール(芸術情報センター1階)
解説 山形政昭(大阪芸術大学建築学科教授)
※事前申込不要、参加費無料

「サルヴァドール・ダリ版画展―マルドロールの歌」

内容

サルヴァドール・ダリ(1904-1989)はシュールレアリスムの画家として広く知られていますが、彼は絵画や彫刻にとどまらず、映画、演劇、広告など様々なメディアで創作活動を展開しました。そのように多彩なダリの創作活動の中で、書物は小さからぬ位置を占めています。多くの論考や小説、詩を自ら執筆しただけではなく、文学作品のための挿画も数多く手がけました。その中に、本展で紹介する『マルドロールの歌』の挿画があります。この連作版画をダリは1933年に手がけ、版画集としては1934年と1974年に、いくつかのヴァージョンで出版されています。
『マルドロールの歌』は、1869年にイジドール・デュカスがロートレアモン伯爵の筆名で発表した長篇散文詩です。悪の化身マルドロールを主人公に、難解な比喩の連鎖で綴られるこの散文詩は、シュールレアリスム運動に多大な影響を与えた作品として有名です。
ダリは『マルドロールの歌』からインスピレーションを得て版画を制作していますが、そこに展開されているイメージはテキストから飛躍したダリ独自の幻想的な世界となっています。ダリの絵画作品に現れる特徴的なモティーフも散見され、ダリの挿絵画家としての側面を知るうえだけではなく、シュルレアリストとして独自な世界を拓き、確立していった彼の初期の創作を知るうえでも、重要な作品のひとつです。

※本展のポスターは汐見友里(デザイン学科3回生)がデザインしました。

出品内容 ロートレアモン著『マルドロールの歌』のための版画50点(1934/74年)
会期 2008年7月1日(火)~7月21日(月・祝)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜休館、ただし7/20(日)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「日本の蓄音機とレコード」

内容

トーマス・アルバ・エジソンが1877(明治10)年に発明した蓄音機は、画期的な発明品として世界中に知れ渡り、日本でも翌年には公開実験が行われました。
やがてエジソン社やコロムビア社の蝋管円筒式蓄音機の輸入が始まり、縁日で有名人の声色を聞かせる大道蓄音機屋が現れたり、当時はやっていた音楽の録音が行われたりします。続いてビクター社やコロムビア社など欧米のメーカーは日本向けのレコードを製造するために日本で録音を行う出張録音を行い、円盤レコードと円盤式蓄音機の輸入が始まります。そして、1907(明治40)年に日米蓄音器製造株式会社が設立され、日本国内でも蓄音機とレコードの本格的な製造が始まります。手軽な娯楽として蓄音機とレコードは人々の間で急速に広がり、レコードを製造する国内メーカーも次々に現れ、様々なジャンルのレコードが作られていきます。
本展では、明治時代中頃から昭和初期まで、日本に蓄音機が紹介され娯楽の道具として広がっていった様子をご覧頂けるよう当時の蓄音機とレコードを紹介し、あわせて実演コーナーも設けています。同時代に日本で作られた数々のレコードを蓄音機で再生していますので、当時の人々が聴いていた音も是非お楽しみください。

出品内容 輸入蓄音器 6台、国産蓄音器 11台
蝋管レコード 9本、円盤レコード 23枚、音帯レコード 1本
※実演コーナーでは円盤レコード142枚から選んでご試聴いただけます。
会期 2008年1月8日(火)~2月17日(日)
開館時間 10:00~16:00 (ただし、1月18日(金)は13:00まで)
休館日 1月13日(日)、14日(祝)、19日(土)、20日(日)、27日(日)~30日(水)、2月3日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「大阪芸術大学所蔵品展」 ―新収蔵品・ライカコレクションほか―

内容

大阪芸術大学では、今年度に“ライカ”及びその周辺資料一式を、昨年度には元・本学助教授、川端健生(カワバタタケオ)氏の日本画作品をご寄贈いただきました。卒業制作2006学内展にあわせて開催される本展では、それらの新収蔵品の一部を紹介します。
35mmフィルムを採用した世界最初の小型カメラである“ライカ”の歴史をたどることのできる「ライカコレクション」は、ライカ研究の第一人者である故・中川一夫氏が生前に収集されたものです。年代を追ったカメラ本体のラインナップは勿論のこと、ライカ製レンズやアクセサリー類、関連文献など、膨大な数にのぼる資料が含まれます。その全容は、来年度以降、本格的に調査・整理を行っていく予定ですが、今回はそれに先立ってコレクションより約100点を選び展示します。
また、故・川端健生氏は、京都市立芸術大学専攻科を修了した1969年秋の新制作展に初入選して新作家賞を受賞。その後、新制作協会より日本画部が独立して創設された創画会で1976、1980、81年と創画会賞の受賞を重ねて81年には創画会会員となり、1986年からは大阪芸術大学美術学科日本画コースで教鞭をとるなど活躍されました。しかし1995年に51歳の若さで惜しくも急逝されています。昨年度ご寄贈いただいた作品の中には、上記の受賞作品も含まれており、本展ではその一部を展示して川端氏の画業を偲びます。
最後になりましたが、作品・資料をご寄贈いただきました方々に篤く御礼申し上げます。

「大阪芸術大学所蔵品展」 ―新収蔵品・ライカコレクションほか―  画像
出品内容 ライカ製カメラ、レンズ、アクセサリー類など約100点
川端健生(元・本学助教授)による日本画3点
会期 2007年2月9日(金)~2月18日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「おもちゃ映画と蓄音機」

内容

大阪芸術大学が所蔵する、大正から昭和初期にかけて家庭で楽しまれていた「おもちゃ映画」と「蓄音機」をともに展示し、当時の家庭での娯楽を紹介いたします。
「映画」と「蓄音機」はともに19世紀の終わり頃に考案され、20世紀にはいり「映画」は劇場での楽しみ、「蓄音機」は家庭での楽しみとして親しまれていきました。そんな中、日本では大正から昭和初期にかけて、劇場用の映画フィルムの一部を切り取り再編集したものや短編アニメーションなどが作られ、家庭用の手廻し式映写機とともに売り出され、家庭で楽しまれました。それが「おもちゃ映画」です。
本展では、映像学科太田米男教授を中心に進めている教員共同研究プロジェクトによって復元され、ビデオ化された「おもちゃ映画」から、時代劇やアニメーションなど約150本をビデオプロジェクターによる上映とパソコンを使った検索システムでご覧いただけます。また、オーディオ資料室で所蔵しているSPレコードから、昭和初期の流行歌など約160曲を、「蓄音機」で再生し、聴いていただくことができます。
家庭で楽しまれていた「おもちゃ映画」と「蓄音機」の数々を、モダンで華やかな大正から、戦争へと向かっていく昭和の時代、娯楽の中にも色濃く反映される時代背景にも思いを巡らせながらお楽しみください。

 

会期 2006年11月13日(月)~12月16日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜・祝日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「現代ガラス工芸作品展 STUDIO GLASS COLLECTION」

内容

――1980~90年代のスタジオ・グラス約20点を紹介――

大阪芸術大学で所蔵する、現代ガラス工芸作品を紹介いたします。本学で所蔵しているのは、1980年代から90年代にかけて制作された現代作家によるガラス工芸作品で、ガラス工芸の歴史の中では「スタジオ・グラス」と呼ばれるものです。
ガラス工芸の歴史は紀元前16世紀のメソポタミアにまでさかのぼることが出来ると言われています。古くより世界各地で、ガラスを美しく加工するさまざまな技法が考案され、多くのガラス工芸品や装飾品が人々を魅了してきました。それらの多くがガラス職人の共同制作や大量生産を前提としたものであったのに対し、個人の工房で作り手がデザインから制作までを自ら行う「スタジオ・グラス運動」が1960年代初頭のアメリカに起こり、複数の技法を自由に組み合わせた新しい表現が広がっていきます。
それまでのガラス工芸にはない発想でつくられた彼らの作品は、日本にも1980年代前半に紹介され、「ヤマハ・グラス・ナウ」を初めとする多くの展覧会が開催されました。本展で紹介するのは、それらの展覧会で活躍し、多くは今も現役で制作を続けている作家たちの作品です。
今年の10月には、工芸学科ガラス工芸コース特別企画「GLASS 2006"SESSION"」が開催され、全国のガラス工芸を学ぶ学生たちや海外作家の作品も学内で紹介されます。この機会に是非あわせてご覧いただき、進化し続ける現代ガラス工芸の世界をご堪能ください。

※本展のポスターは臼井淳一(デザイン学科4回生)がデザインしました。

会期 2006年9月12日(火)~10月9日(月・祝)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜・祝日 ※ただし9/17(日)、10/8(日)・9(祝・月)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
関連催事 「ギャラリートーク&ガラス工房見学」
日時 9月26日(火)12:40~14:00(予定)
■ギャラリートーク(工芸学科ガラス工芸コース山野宏教授による作品解説をうかがいます。申込不要)
■ガラス工房見学(ギャラリートーク参加者のうち希望の方10名(当日抽選)で、22号館ガラス工房を見学します)
※ギャラリートークのみ参加の場合、13:10頃終了の予定です。

「欧米のポスター 100・1945-1990」

内容

1995年に凸版印刷株式会社より刊行された復刻ポスター集 『欧米のポスター 100・1945-1990』のポスター100点。1945年から1990年の間にヨーロッパおよびアメリカで制作されたポスターの中から選ばれた、優れたポスター100点で構成されており、戦後のポスターの発達史を概観する内容となっています。単にデザイン史的な意味だけではなく、さまざまな画面構成の可能性を知るという意味でも興味深いものです。

「欧米のポスター 100・1945-1990」 画像
会期 2006年6月4日(日)~6月17日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 6/11(日)
会場 大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)

「ポーランドポスター(劇場ポスター/映画ポスター)」

内容

隠喩を含んだ絵画的な表現、時にグロテスクなモチーフ、手描きの文字など、ポーランドポスターの特徴はさまざま指摘されますが、それはポーランドの歩んできた歴史と無関係ではありません。長く続いた列強諸国による分割統治、第二次大戦中に受けた甚大な被害、そしてそれに続く戦後の共産主義体制など起伏の激しい歴史の中で、それがゆえに作家たちは独自な表現方法を生み出してきました。1950年代にそれらの作品は「ポーランド派」として世界の注目を集め、ポーランドポスターの評価は国際的に高まりました。 本展では、所蔵品の中からポーランドの「劇場ポスター」と「映画ポスター」を前後期に分けて紹介いたします。演劇や映画を紹介するポスターでありながら俳優の姿や物語の情景を再現するのではなく、大胆な画面構成の中で登場人物の心理を象徴的に表現するその手法は、見る者の想像力を豊かにかきたてます。他に類を見ない斬新なポスターをお楽しみ下さい。

出品内容 ヘンリク・トマシェフスキ、ヤン・レニツァ、ヴァルデマル・シフィエジ、フランチシェク・スタロヴェイスキ、アンジェイ・ポンゴフスキなど16作家による、1970年代を中心としたポーランドポスター
【前期】劇場ポスター 29点(10作家)
【後期】映画ポスター 30点(12作家)   計59点
会期 【前期】 7月1日(金)~7月26日(火)
【後期】 9月5日(月)~9月30日(金)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜、祝日 ただし7/24(日)・9/11(日)・9/18(日)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)

「オーディオ機器の変遷100年 1870's-1970's」

内容

エジソンが1877年に蓄音機を発明して以降、オーディオに関わる数多くの発明が行われ、様々なオーディオ機器が発売されてきました。本展では、1870年代から1970年代にかけて発売された様々な機器を大阪芸術大学博物館の所蔵品から紹介します。最初のオーディオ機器であるエジソンの蓄音機に始まる、様々なスタイルの蓄音機のほか、ラジオ、テープレコーダー、そしてアナログ・オーディオ最盛期の1970年代に放送局等でも使われたミキサー、モニタースピーカーなどの業務用の機器までに至る様々な製品約90点、部品などの関連資料約40点により、100年間のオーディオ機器の変遷をたどっていきます。
また、展示資料の多くは、実際に触れて操作していただくことが出来るほか、会期中には各機器の実演もあり、音の移り変わりを文字通り体感していただくことが出来ます。

出品内容 1870~1970年代に製造された音響機器(円筒式蓄音機、円盤式蓄音機、真空管式ラジオ、テープレコーダー、ステレオセットなどの家庭用音響機器および業務用録音機や音声調整機器) 約90点
各機器の部品やレコード等 約40点
合計約130点
会期 2005年4月12日(火)~5月14日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜、祝日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
開催風景 【写真】 1  2
関連催事 会期中に会場にて、ギャラリートークや展示機器の実演などを行います。
全て申込不要・参加無料。直接、展示ホールにお越し下さい。
■オーディオの歴史と機器にまつわるお話をさまざまな角度から
4月19日(火) 各日とも、
12:30~13:00
放送学科 高梨欣也教授
4月26日(火) 放送学科 小山保広教授
4月27日(水) 放送学科 座間味朝雄教授
5月12日(木) 放送学科 高瀬安男教授
■放送学科の中継車を見学し、1970年代の機器からの変化を見ます
4月21日(木)・28日(木) 15:00~16:00 放送学科 座間味朝雄教授/樋口治勝非常勤講師
■オーディオ機器に見られるデザイナーの役割について
5月10日(火) 12:30~13:00 デザイン学科 大谷幹夫助教授
■「録音技術と音楽文化の切っても切れない関係」をテーマに
5月13日(金) 14:00~14:30 音楽学科 志村哲助教授
■会期中随時、博物館スタッフによる蓄音機でのSPレコードの再生を行います

「大阪芸術大学所蔵品展」

内容

「大阪芸術大学卒業制作2004展覧会・演奏会・研究論文発表」の開催にあわせ、大阪芸術大学博物館では昨年に引き続き本年も、本学所蔵品特別展示を開催いたします。
14学科を擁する総合芸術大学である本学では、さまざまなジャンルの学生たちがともに学び研鑽することが特徴のひとつとなっています。そのような学生たちの創作の糧となるべく本学の創設以来収集された、あらゆる芸術ジャンルの作品や資料を基盤として博物館は開設されました。今回はその所蔵品の一部を、大きく「美術」「写真」「工芸」「デザイン」「動態」と分け、一堂に紹介いたします。また、今回は博物館運営委員の先生方のご協力により、ご自身の作品やコレクションもあわせて展示することが出来ました。自らの専門分野にこだわらず、さまざまなジャンルの作品からメッセージを受け取っていただければ幸いです。

出品内容 [所蔵品]
絵画(鍋井克之、松井正、荻須高徳ほか)、版画(ホアン・ミロ、アントニ・タピエス、泉茂ほか)、写真(アンリ・カルティエ=ブレッソン)、萩焼(十代三輪休雪ほか)、35mm映画撮影機、おもちゃ映写機、ポスター(田中一光、松井桂三ほか)など、計58点
[運営委員による特別出品]
平金有一(工芸学科教授・博物館長)、北尾順三(写真学科長・教授)、中島貞夫(映像学科長・教授)、村松秀太郎(美術学科長・教授)の作品または所蔵品、計5点
会期 2005年2月11日(金)~ 2月20日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)

「サルヴァドール・ダリ版画展」

内容

ダリはシュールレアリスムの画家として広く知られていますが、絵画や彫刻に留まらず、映画や演劇の世界でも活躍し、また著作も多く残しています。書物は彼の創作活動の中でも小さからぬ位置を占め、自ら詩や小説を書くほど文学にも造詣の深い彼は、「ドン・キホーテ」、「マクベス」、「ファウスト」など、文学作品のための挿画を多く描いています。その中に、本展で公開する「マルドロールの歌」の挿画があります。
「マルドロールの歌」は、イジドール・デュカスがロートレアモン伯爵の筆名で発表した長篇散文詩です。悪の化身マルドロールを主人公に、難解な比喩の連鎖で綴られるこの散文詩は、シュールレアリスム運動に多大な影響を与えた作品として有名です。ダリは、「マルドロールの歌」からインスピレーションを得て版画を制作していますが、そこに展開されているイメージは、テクストから飛躍したダリ独自の幻想的な世界となっています。
ダリの制作した挿画の中でも初期の傑作といわれる「マルドロールの歌」を公開する本展は、これまであまり知られていない挿絵画家としてのサルヴァドール・ダリの業績を理解する恰好の機会となるでしょう。

出品内容 ロートレアモン著「マルドロールの歌」のために描かれた銅版画作品50点、ほか
会期 2005年1月7日(金)~1月27日(木)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜日および1月15日(土)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
開催風景 【写真】1 2 3 4

「アンリ・カルティエ=ブレッソン」 自選コレクション411点を3期にわたり全て公開

内容

Henri Cartier-Bresson
アンリ・カルティエ=ブレッソン
自選コレクション411点を3期にわたり全て公開
2004年9月1日(水) →10月27日(水) 入場無料
開館時間 10:00~16:00 会場 大阪芸術大学
写真界の巨匠アンリ・カルティエ=ブレッソンの全業績を概観できる代表作のコレクションを公開します。
今回、紹介するコレクションは、膨大な写真の中から彼自身が厳選した作品であり、業績の集大成となっています。本展は、彼の作品を深く知る絶好の機会ですので是非ご高覧ください。

サン・ラグール駅。フランス1932年
※クリックで拡大
©Henri Cartier-Bresson / MAGNUM PHOTOS

第1期

「ヨーロッパ/ポートレイト」
■ 会期
2004年9月1日(水)→9月18日(土)
■ 休館日
9月12日(日)
■ 開館時間
10:00~16:00
■ 会場
大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)
大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
ヨーロッパ地域の写真を、また同時に、ピカソやジャコメッティなど彼と親交のあった人たちの写真を展示します。(277点)

所蔵品展「ヨーロッパの蓄音機 ― イギリス、フランス、ドイツ ―」 画像

レ・マルティーグ 1932年~1933年
©Henri Cartier-Bresson / MAGNUM PHOTOS

第2期

「アメリカ・メキシコ」
■ 会期
2004年9月21日(火)→10月7日(木)
■ 休館日
9月23日(祝)・10月3日(日)
■ 開館時間
10:00~16:00
■ 会場
大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
彼が捉えたアメリカの多様な現実とまた長期滞在し撮りあげたメキシコに生きる人々の生活の写真を展示します。(69点)

所蔵品展「ヨーロッパの蓄音機 ― イギリス、フランス、ドイツ ―」 画像

ワシントンD.C.  1958年
©Henri Cartier-Bresson / MAGNUM PHOTOS

第3期

「アジア」
■ 会期
2004年10月9日(土)→10月27日(水)
■ 休館日
10月15日(金)・17日(日)・24日(日)
■ 開館時間
10:00~16:00
■ 会場
大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
中華人民共和国建国やガンジーの死など歴史的な事件を撮影した写真を多く含むアジア各地の写真を展示します。(65点)

サン・ラグール駅。フランス1932年
※クリックで拡大
©Henri Cartier-Bresson / MAGNUM PHOTOS

関連行事 ■レクチャー 「決定的瞬間という罠-カルティエ=ブレッソンとパリ写真」
参加費 無料
開催日:9月18日(土)
時 間: 13:30~15:00
講 師: 今橋映子(東京大学大学院助教授)
北尾順三(大阪芸術大学写真学科長 教授)
犬伏雅一(大阪芸術大学芸術計画学科助教授)
定 員: 200名(先着順・当日受付)
■ワークショップ 「ピンホールカメラ」
参加費 無料
ピンホールカメラの制作から撮影、現像までを体験
開催日: 10月2日(土)、10月16日(土)
時 間: 両日とも、11:00~16:00
集合場所: 大阪芸術大学 芸術情報センター地下1階
講 師: 里 博文(大阪芸術大学写真学科講師)
定 員: 両日とも20名(要予約)
定員に達し次第お断りすることがありますのでご了承ください。
申込方法: 参加希望日、氏名、年齢、連絡先(住所、電話またはFAX)を明記のうえ、下記博物館事務室までお申し込みください。
TEL 0721-93-3781  FAX 0721-93-8564
E-mail museum@osaka-geidai.ac.jp
大阪芸術大学内 12号館3階 博物館事務室

蓄音機とレコード展Ⅱ「ビクターの黄金時代を築いた蓄音機たち」

内容

家庭内で娯楽を楽しむ道具として蓄音機とレコードが親しまれるようになった1910年代から、ラジオが家庭に普及しだした1920年代後半までの時代には、蓄音機とレコードはホームエンターテインメントの主役として様々な顧客の要望に応え、新たな技術開発による改良が加えられていきました。中でも、ラジオ技術の発達によって可能になった劇的な音質の向上など、蓄音機とレコードにもたらされた様々な変化を、当時全盛であったアメリカのビクター社から発売された蓄音機の移り変わりの様子からご覧いただきます。会場では蓄音機を随時演奏し、実際の音を聴いていただくことによって、その変化を体感していただくことができます。
また、会期中のほぼ毎日、ギャラリートークやレコードコンサートなどのイベントを日替わりで実施。ぜひこの機会に、一世紀前の音をお楽しみください。

出品内容 ビクター社(アメリカ)製 蓄音機 13台
蓄音機の構造とその変化がわかる部品などの資料
1910年代半ば~1920年代のレコード(機械録音および電気録音)
会期 2004年6月28日(月)~7月26日(月)
開館時間 10:00~16:00
休館日 7月4日(日)、11日(日)
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
関連行事 ■ギャラリートーク
展示会場を巡りながら、時代背景等も交えて当館学芸員が解説していきます。
開催日: 6/30(水)・7/3(土)・7/6(火)・7/12(月)・7/15(木)・7/17(土)
7/18(日)・7/19(月・祝)・7/21(水)・7/24(土)・7/25(日)
時 間: 各日とも、12:30~、15:00~の2回開催(各回30分程度)
■蓄音機の聴き比べ
この時代に開発された「電気録音」技術によって、どのように音質が向上したのかを実際に聴いていただきます。
開催日: 7/2(金)・7/8(木)・7/14(水)
時 間: 各日とも、12:30~、15:00~の2回開催(各回30分程度)
■レコードコンサート
名演奏家のレコードを、同時代の蓄音機で再生し、じっくり聴いていただきます。
開催日: 7/7(水)・7/16(金)・7/20(火)
時 間: 各日とも、12:30~、15:00~の2回開催(各回30分程度)
■オーディオ資料室見学ツアー(要予約)
本学所蔵の蓄音機やレコードが収められている「オーディオ資料室」(芸術情報センター地下3階)をご案内いたします。
開催日: 7/1(木)、7/5(月)、7/10(土)、7/13(火)
時 間: 各日とも、12:30~、15:00~の2回開催(各回45分程度)
定 員: 各回15名
申込方法: 所定の申込用紙にもれなく記入して、参加希望日の3日前までに博物館事務室(12号館3階)または展覧会場(地下展示室:芸術情報センター地下1階)まで用紙をご持参いただくか、博物館事務室までFAXでご送信ください。(FAX:0721-93-8564)
◎日替わりレコード再生
毎日、展示蓄音機によるSPレコードの再生を随時行います。

リヒャルト・パウル・ローゼ -スイス派、ニューグラフィックデザイン運動の旗手-

内容

リヒャルト・パウル・ローゼ(1902-1988)はスイスを代表するグラフィックデザイナーでありかつ 画家の一人です。いままでローゼは日本で本格的に紹介されたことはありませんでしたが、ヨーロッパではバウハウス以降20世紀の構成的グラフィックデザインと絵画を体系的・合理的に発展させた最重要な作家として大変高い評価を得ています。ローゼの作品はそれまでのグラフィックデザインの歴史において特筆されるべき首尾一貫性と質の高さを持ち、彼が参加した雑誌「ノイエ・グラーフィク(ニュー・グラフィック・デザイン)」の創刊によって湧き起こった「スイス派」と呼ばれる構成的グラフィックデザイン運動の中で最も美しい例証と言っても過言ではないでしょう。
本展は、日本で初めてローゼを本格的にとりあげた展覧会として、昨年に東京の多摩美術大学美術館で開催され、今回本学でも開催することとなりました。ローゼのポスターや冊子デザイン、装丁などの作品約80点を中心に、その周辺のグラフィックデザイナーたちの仕事も交えて紹介し、彼のグラフィックデザイン作品と絵画作品双方に表れている構成的造形理論を読み取ることができるものです。

出品内容 リヒャルト・パウル・ローゼによるポスター、版画 21点、ヨゼフ・ミューラー=ブロックマンなど、 ローゼの周辺のデザイナーによるポスター 15点、リヒャルト・パウル・ローゼによる 冊子印刷物等のグラフィックデザイン作品・資料 約60点  合計約90点(予定)
会期 2004年4月12日(月)~5月15日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜、祝日
会場 大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)
後援 スイス総領事館
助成 プロ・ヘルベチア財団
協力 リヒャルト・パウル・ローゼ財団、チューリッヒ造形美術館、バーゼルポスターコレクション、
多摩美術大学美術館、株式会社竹尾
開催風景 【写真】1 2 3 4
関連行事 ■「スライドレクチャー」
日 時: 5月8日(土)13:20~15:00
場 所: AVホール(芸術情報センター地下1階)
講 師: 草深幸司(多摩美術大学グラフィックデザイン学科教授)
司 会: 宮畑岳司(大阪芸術大学デザイン学科教授)
定 員: 220名(先着順・当日受付)
参加費: 無料

「ぶらっと所蔵品ひとめぐり-コレクションにみる大阪芸術大学の拡がり」

内容

大阪芸術大学博物館では、一昨年の開館以来、展覧会を開催することで大学が所蔵する多種多様なコレクションを紹介してきました。そして、それぞれの展覧会において、ワークショップ、シンポジウム、演奏会等、来場者の方々が参加・体験できる、総合芸術大学ならではの関連行事も開催してきました。
本展は、これまでの展覧会とは異なり、ひとつのコレクションだけを展示するのではなく、本学所蔵の主なコレクションからその代表的な作品・資料を選び、一堂に展示します。各コレクションとその成り立ちを、本学の学科構成を中心にした歴史を交えて紹介することによって、来場者の方々に総合芸術大学へと発展していった本学の拡がりを感じ取っていただくとともに、当館の今後の方向性とその可能性を紹介していきます。

出品内容 ヨーロッパ構成主義版画・ポスター、ポーランド・ポスター、ワールド・プリント・コンペティション入賞作品、アンリ・カルティエ=ブレッソン、岩宮武二、現代ガラス、蓄音機、おもちゃ映画等の各コレクションからその代表的なもの約70点
会期 2004年2月13日(金)~2月22日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 会期中無休
会場 大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)

「本学ゆかりの作家による絵画・版画展」

内容

本学の美術教育の歴史は、1955年に開設された「大阪美術学校」にさかのぼることができます。ついで1960年には「浪速短期大学」にデザイン美術科が開設され、さらに1964年には関西で初の美術系私立大学として「浪速芸術大学」が開学しました。その2年後には「大阪芸術大学」と改称し、現在に至っています。
このように本学が発展してきた時期には、戦前の美術界にあった権威的なシステムから、より自由な活動を求めた美術団体が多く生まれ、さらにそれらの団体の枠を超えて、新しい表現を追及する動きが活発になっていました。その様々な創作の最前線にいた美術作家たちが本学の教壇にも立っていきます。彼らは、自らの作家活動を通じて、その後の美術界を担う作家たちを育ててきました。
本展では、本学で指導にあたった数多くの作家たちの中から、鍋井克之、松井正、伊藤継郎、津高和一、池田正三、泉茂の6人の絵画および版画作品を、所蔵品より紹介いたします。彼らはその創作の手法も方向性も異なりますが、ほぼ同じ時期に大阪芸術大学で教鞭をとり、互いに刺激しあっていました。その作品の多彩さから、本学で育まれた創造の自由をも感じていただければと思います。

出品内容 鍋井克之、松井正、伊藤継郎、津高和一、池田正三、泉茂(生年順)による、絵画・版画 14点
会期 2004年1月7日(水)~2月22日(日)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜・祝日および、1月17日(土)・1月28日(水)~31日(土)
ただし、2月15日(日)・2月22日(日)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
開催風景 【写真】1 2
収蔵庫見学
ツアーの様子
【写真】1 2 3 4 5
関連行事 ■「収蔵庫見学ツアー」※要申し込み
常設展示の関連催事として、当館所蔵の美術・造形作品が収められている収蔵庫の内部を見学していただくツアーを開催いたします。
博物館の役割には展覧会を開催するだけではなく、人間の営みから生まれた多くの優れた文化遺産を、出来る限り制作当時のコンディションで後世へ伝えるというものがあります。その現場としての収蔵庫をご覧いただき、表には見えない博物館の仕事を知っていただければと思います。また2000点を超える収蔵品から梱包を解いて、一部の作品も紹介します。
是非この機会に、博物館の裏側をのぞいてみませんか?

実施予定日時 : 1月14日(水)、16日(金)、19日(月)、2月4日(水)、6日(金)
各日12時30分~、15時00分~(約30分程度)
会場 : 美術品収蔵庫(芸術情報センターB1F・地下展示室隣)

蓄音機とレコード ホームエンターテインメントのはじまり

内容

本学が所蔵する蓄音機とレコードのコレクションには、蓄音機とレコードが一般家庭用として発売されだした1890年代後半から1950年代までの、エジソン、ビクター、コロムビアなど、主要なメーカーのものが年代順に揃っています。今回は、1896年から1912年までの主な蓄音機24台と、その時代の様々な形をしたレコード約15点を紹介します。
音を記録し再生できる物珍しい機械でしかなかった蓄音機が、自由に音楽を聴くことができる娯楽の道具としてどのように家庭に受け入れられていったのか。また、なぜ円盤式蓄音機が残り、円筒式蓄音機が廃れていったのか。実際の蓄音機とレコードを見て、触れていただくことによってそれらの点を知っていただく機会にしたいと思っております。
なお、会期中には関連行事として、蓄音機でのレコード再生の実演や体験、エジソンの円筒式蓄音機を使い、当時と同じ方法で円筒レコード(蝋管)に録音し再生する実験を行います。

会期 2003年11月10日(月)~12月17日(水)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜日・祝日
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
開催風景 【写真】 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
関連行事 申込不要/参加費無料

■蓄音機を聴こう
会場にて、円筒レコード(蝋管)、円盤レコード(SP)を蓄音機で再生します。

「洋風」の原点 ヴォーリズがのこした建築図面

内容

1905年、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories, 1880-1964)は、アメリカから滋賀県の近江八幡へと宣教のためにやってきました。以後、亡くなるまでの59年間にわたって近江八幡に暮らし、建築家として各地に数多くの洋風建築をのこしました。関西では、アール・デコ装飾が華麗な大丸大阪心斎橋店や、美しいキャンパスを誇る関西学院、神戸女学院などが代表的なものとして広く知られています。住宅や教会、商業建築、そして学びの空間を構想するキャンパスデザインなど、彼はさまざまな建築をてがけましたが、その多くは数十年という時を経たいまも現存し、日本の暮らしと風景の中に溶け込んでいます。
ヴォーリズがのこした膨大な建築図面は、現在大阪芸術大学に保管されています。本展では、その中から関西の建築物を中心に図面約60点を選び、西洋式の建築を日本の風土にあわせて新しい生活を提案した、ヴォーリズの業績を紹介いたします。また、数々のエピソードに垣間見られるヴォーリズの人物像も織り交ぜながら、彼の目指したものは何だったのか、そしてその思想はどのように日本に根づき、今の私たちの暮らしに息づいているのかを建築図面の中に見てゆきます。 大正から昭和にかけて、日本人の暮らしが近代化される時期に大きな足跡をのこしたヴォーリズ。今あらためてその手描きの図面をひもとき、彼が私たちにのこしたものを感じ取ってください。

出品建築 (大 阪) 大丸大阪心斎橋店
日本基督教団 大阪教会
ウイルミナ女学校(現・大阪女学院)
プール学院
(滋 賀) 近江ミッション住宅
ヴォーリズ夫妻邸(現・ヴォーリズ記念館)
豊郷小学校
(京 都) 矢尾政レストラン(現・東華菜館)
駒井家住宅
(兵 庫) 関西学院
神戸女学院
(熊 本) 九州学院
(ソウル) 梨花女子大学校
会期 2003年10月1日(水)~10月25日(土)
開館時間 10:00~16:30(入館は午後16:20分まで)
休館日 10/5(日)・15(水)・19(日)
[10/12(日)・13(祝)は開館、ただしスクールバスは運行しません。]
会場 大阪芸術大学 展示ホール(芸術情報センター1階)
協力 株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所、財団法人 近江兄弟社
協力 【写真】 1  2  3  4  5  6  7
関連行事 申込不要/参加費無料
■シンポジウム 「ヴォーリズの人と建築」
と き: 10月25日(土)午後3時~5時
ところ: AVホール(芸術情報センター地下1階)
パネリスト: 藤森照信 (東京大学 生産技術研究所教授)
芹野与幸 (株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所経営管理室長)
狩野忠正 (大阪芸術大学 環境デザイン学科長・教授)
司会: 山形政昭 (大阪芸術大学 建築学科教授)

■ギャラリートーク
と き: 10月1日(水)、9日(木) 両日とも午後3時~午後3時30分
ところ: 展示ホール(芸術情報センター1階)
講 師: 山形政昭(大阪芸術大学 建築学科教授)

「ヨハン・アルデンドルフの世界 -愛と苦悩、そして音楽」

内容

1905年、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories, 1880-1964)は、アメリカから滋賀県の近江八幡へと宣教のためにやってきました。以後、亡くなるまでの59年間にわたって近江八幡に暮らし、建築家として各地に数多くの洋風建築をのこしました。関西では、アール・デコ装飾が華麗な大丸大阪心斎橋店や、美しいキャンパスを誇る関西学院、神戸女学院などが代表的なものとして広く知られています。住宅や教会、商業建築、そして学びの空間を構想するキャンパスデザインなど、彼はさまざまな建築をてがけましたが、その多くは数十年という時を経たいまも現存し、日本の暮らしと風景の中に溶け込んでいます。
ヴォーリズがのこした膨大な建築図面は、現在大阪芸術大学に保管されています。本展では、その中から関西の建築物を中心に図面約60点を選び、西洋式の建築を日本の風土にあわせて新しい生活を提案した、ヴォーリズの業績を紹介いたします。また、数々のエピソードに垣間見られるヴォーリズの人物像も織り交ぜながら、彼の目指したものは何だったのか、そしてその思想はどのように日本に根づき、今の私たちの暮らしに息づいているのかを建築図面の中に見てゆきます。 大正から昭和にかけて、日本人の暮らしが近代化される時期に大きな足跡をのこしたヴォーリズ。今あらためてその手描きの図面をひもとき、彼が私たちにのこしたものを感じ取ってください。

会期 2003年6月16日(月)~7月5日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜及び6月21日(土)は休館
会場 芸術情報センター1階 展示ホール・回廊ギャラリー
協力 【写真】 1  2  3  4  5  6  7  8  9
関連行事 来聴自由
■「ホールコンサート」
6月17日(火)12:30~13:15 芸術情報センター1階 アートホール
河野正孝教授他3名によるバロックアンサンブル

■「ミニコンサート」
6月24日(火)、27日(金)12:30~13:00 芸術情報センター1階 展示ホール
24日(火):青砥 華 教授によるバイオリン
27日(金):管楽器学生によるユーフォニウムアンサンブル

■「ギャラリー トーク」
6月27日(金)13:00~13:30

「絵本どうぶつえん -関西の作家による絵本原画展」

内容

関西在住の画家や絵本作家11名による、動物を主人公とした絵本の原画約80点と、それらの原画からつくられた絵本をあわせて紹介いたします。会期中には、絵本づくりのワークショップや、絵本のよみきかせ・朗読なども開催。絵本コーナーでは約100冊の絵本を自由に読むことができるなど、絵本の魅力を十二分に楽しめる展覧会です。ぜひご覧ください。

駒原 みのり
「The Three Billy Goats Gruff,A Norwgian Falktale」
(ECO発行)原画より

会期 6月16日(月)~7月5日(土)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜及び6月21日(土)は休館
会場 総合体育館1階 体育館ギャラリー
パンフレット 【写真】 1  2
開催風景 【写真】 1  2  3  4  5  6  7  8  9
関連行事 ■ワークショップ (絵本づくり)
6月23日(月)、28日(土)12:30~14:30
定員20名 (参加受付は終了しました。)
講師:駒原みのり非常勤講師

■よみきかせと朗読
参加自由
よみきかせ: 6月19日(木)、7月3日(木) 12:40より(両日とも)
辰己義幸非常勤講師
朗読: 6月27日(金)12:40~13:00
6月28日(土)11:00~11:30
7月 4日(金)12:40~13:00
信国輝彦氏(役者・放送学科アナウンスコース卒業生)

「工芸学科ガラス工芸コース設置記念 現代ガラス所蔵品展」

内容

現代のガラス芸術は、古代からの連綿と続いた歴史的な流れに一つの区切りをつけたものとして位置づけられています。1960年代前半に台頭した「スタジオ・グラス」運動によって、大量生産、機能性、分業という従来の商業的な要素を解体し、作家個人の理念を自由にガラスの中に含ませることが可能になりました。このことにより、ガラスはさまざまな技法を自由に用いることで多様な表現を生み出し、現代美術の1ジャンルとして確立しました。
今回の常設展示では、今春より本学工芸学科にガラス工芸コースが設置されたことを記念して、本学が所蔵する現代ガラス作品約40点を、「スタジオ・グラス」の作家を中心に、2期に分けて公開します。

出品内容 本学が所蔵する現代ガラス作品約40点を、「スタジオ・グラス」の作家を中心に、2期に分けて公開
会期 [前期] 5月19日(月)~6月13日(金)
[後期] 6月16日(月)~7月15日(火)
開館時間 10:00~16:00
休館日 日曜および6月21日(土)[創設者塚本英世記念日]
ただし、5月25日(日)は開館
会場 大阪芸術大学 地下展示室(芸術情報センター地下1階)
主催 大阪芸術大学博物館
開催風景 【写真】1
ページトップ