大阪芸術大学 公開セミナー2009 暮らしをデザイン 昨日よりすこし違う明日へ
 



↑画像をクリックして
いただきますと
拡大表示されます

各日 午後6時30分〜8時30分
会場 大阪芸術大学ほたるまちキャンパス

大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム3階

 6月9日(火) 装いの文化を考える

福本 繁樹 <工芸学科・教授>

 自らを飾りデザインすることは、原始の時代からはじまり、現代にいたるまで、あらゆる民族がこのうえない努力と情熱と精力をそそいできた文化である。現代ではファッションのグローバル化の一方で、世界の民族衣装に求めるフォークロア・ファッションもさかんである。
 人類がはじめて装飾をほどこしたのは何にたいしてだろうか。人類は何のために装いをはじめたのか。また、芸術家はファッションにどのようにとりくんできたか。南太平洋へのフィールドワークや世界各国の国際展に参加した経験から、衣のデザインの原点と、現代の動静を「アートウェアARTWEAR」の具体的な例などからヴィジュアルに紹介し、考える。

 6月10日(水) Live-And-Let-Live

水田 堯 <音楽学科・教授>

 「プラハの春」という音楽祭をはじめて日本のテレビで紹介するプロジェクトがありました。そのプロデューサーとして、プラハには本番まで何回も通いましたが、その間にあの「ビロード革命」といわれるチェコ共産主義体制崩壊の革命が勃発しました。そして革命後の混乱のなかで「プラハの春・音楽祭」が開かれました。音楽は熱い砂に水を撒くようにプラハの人々の中に吸収されていくのを目の当たりにしました。その強烈な経験が、私の音楽観を180度変えました。
 音楽が人々に対して、社会に対して何が出来るかが私の放送人として大きなテーマになりました。映像を交えながら、そんなお話しをさせて頂ければと思っています。

 6月16日(火) 絵の見方、あるいは楽しみ方

 このところ各地で大きな美術展が開催され、名画も海を越えてやってきます。これは見ておかなくては、という気持ちにもなろうというものですが、そこで出てくる素朴な疑問。
  絵ってどうやって見たらいいの?
  自分の見たいように見ればいい、とはいうものの、この「自由に見る」とは?
 フェルメールの絵を訪ねる旅を通して知った絵の見方、そして楽しみ方について、お話ししたいと思います。

 6月17日(水) 瞬間の芸術〜写真でめぐる旅〜

織作 峰子 <写真学科・教授>

 デジタルカメラの出現の影響もあり、昨今のカメラブームは目を見張るものがあります。
 何とはなしに、無意識に撮影していても、カメラと自身との間には実は大切な何かが沢山隠されているのです。それを考え感じて撮るか、そうではないかによって、作品の中身が大きく違ってきます。そして写真に対する見方や感じ方も違ってくるはずです。
 瞬間を切り取ることのできる唯一の芸術、写真について、その楽しさと共に、写真に対する見方を考えていきたいと思います。

 6月24日(水) デザインが暮らしと産業を変えてゆく

喜多 俊之 <デザイン学科・教授>

 デザインのある暮らしは、日常の生活を心ゆたかな暮らしへと変えてくれます。1960年代、イタリアは国をあげての住宅政策によって、一般の人々が広い住宅を手に入れ、友人たちを招くサロンとなり、デザインへの意識が高まっていきました。それと共に住環境産業が発達し、今日のデザイン立国となったという歴史があります。今、経済が減速する中で、人々の日常の暮らしを豊なものに立て直すことこそ、需要を生み出し、産業を発展させることになります。日本がこれから目指すのは、豊な暮らしに支えられたデザイン力でオリジナル製品を世界に発信していくことなのです。   


会場:大阪芸術大学 ほたるまちキャンパス

大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム3階
TEL 06-6450-1515
 
 

受講無料

 

お申し込み方法

大阪芸術大学ホームページ(講座申し込みフォームあり)・FAX・往復ハガキのいずれかの方法でお申し込みください。
(1)住所(2)氏名(3)年齢(4)電話番号(5)受講希望日・講座名を明記して大阪芸術大学までお申し込みください。
(お申し込みはお一人様2講座までとさせて頂きます。先着順受付のため定員になり次第、受付は終了いたします。ご了承ください。)

受付は締め切りました。お申込ありがとうございました。


お申し込み先 / お問い合わせ先

大阪芸術大学 教務課( 公開講座係 )
〒585-8555 大阪府南河内郡河南町東山469
TEL 0721-93-3266 ・ FAX 0721-93-5380
 
主催:大阪芸術大学  共催:大阪府
 
 
 


 ■阪神本線「福島駅」、JR 東西線「新福島駅」より徒歩約5分
 ■JR 環状線「福島駅」より徒歩約10分
 ■地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」より徒歩約10分
 ■京阪中之島線「中之島駅」より徒歩約3分
  ◎会場には駐輪・駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。