塚本学院 校友会誌 WINGS Web
このサイトについて
凸凹母校大阪芸術大学 活躍するOB・OG

関東を中心に活躍するジャズピアニスト井上ゆかりさん。母校で培った確かな基礎を糧に、しなやかに躍動し続ける彼女自身の生き方がジャズ。  ジャズピアニスト 井上ゆかり(いのうえ ゆかり)(大阪芸術大学演奏学科ピアノコース卒)

「鍵盤」にあこがれる母の勧めで、4歳からよちよちとピアノをはじめました。でも決められた楽譜をまじめに練習することより、頭に浮かんだメロディや和音を弾いたり、曲を作っては鍵盤で遊ぶのが好きな子供でした。

大阪芸大に入学後、日本人の先生方だけでなく、ハンガリーのリスト音楽院からいらしていた恩師から、愛情あふれる大らかなレッスンを受けることができました。寒い冬には、グローブみたいに大きな手袋をそっと貸してくださったり、ヨーロッパの深い音楽の歴史をわかりやすく紐解いてくださったり、それまで狭い世界しか知らなかった私の音楽感が、その先生のおかげでとっても広く柔らかくほぐれていったような気がします。

そして後に「型にはまらず自由にピアノで自己表現してみたいけど、それってどんな音楽なんだろう?」と長い間悩み模索しながら、ようやくたどり着いたのが「ジャズ」という世界だったのです。大学卒業後に上京して、ジャズ&ポピュラー系の専門学校でもう一回学び、ジャズの「いろは」をプロの現場でもたたき上げつつ(笑)、おかげさまで現在に至っております。

また芸大時代の4年間は、学内の「ユースホステルクラブ」というサークルにずっと参加していて、美術や工芸・デザイン・写真など、音楽とは全くジャンルも考え方も違うユニークな面々と、日本のあちこちを旅していました。信州のキャンプで身体中ブヨに刺されたり、四国の駅のベンチで寝袋で寝てみたり…けっこうワイルドな体育会系体験ができたことも、今ではめちゃめちゃ楽しい思い出です(汗)。

今も芸大時代の学科・サークルの仲間や先輩たちが、ライブやコンサートにふらりと聴きに来てくれて「がんばれよっ!」と、あったかい言葉をかけてくださるのがとっても嬉しいし、本当に励みになりますね。

現在はジャズのライブハウスやコンサートで、都内を中心に日本の各地に伺って演奏させていただく、まさに「ピアノ三昧」な日々。
2007年から続けているライフワーク「ピアノソロコンサート」は、おかげさまで先日15回目を盛況のうちに終えることができました。
若手から大先輩まで、ステージでたくさんの素晴らしいミュージシャン仲間と共演させていただきつつ、お客さまに楽しんでいただく一期一会な時間、二度と同じ演奏はできない「即興」の音。私にとってはこれがなにより楽しいし、無限に広がる深い世界だと感じます。

また、これまでにリリースした6つのアルバムのうち、最近の3作品は、井上ゆかり自身のレーベル「Silver Fingers」を立ち上げて、日本の「和の色」をテーマに制作を続けています。ジャズスタンダード、ポップス、クラシック、ラテン、ロック、シャンソン、オリジナル曲など幅広いナンバーたちをぎゅっと詰め込んで、2010年にピアノトリオ『MURASAKI』、2012年にピアノソロ「SAKURA」、2016年にギターとのデュオ「MOEGI」を制作しました。

学生時代からの旅好きは相変わらずで、今も隙あれば海外旅を企んでいます(笑)。どうしても熱気球に乗ってみたくて、先日もトルコの世界遺産「カッパドキア」まで行ってきましたが、外国に旅するたびに改めて感じるのは、山や海、木々の緑や紅葉、着物や陶器・漆など、鮮やかで繊細な日本の自然な「色やかたち」って本当に美しいと思うこと。

ジャズはアメリカで生まれた音楽だけど、日本人ならではの感性を大切に、ジャズの「色やかたち」をこれからも私なりな音色で自由に表現できればと思います。「和の色」シリーズのアルバムも、大空にかかる虹のように「なないろ」を目指して、作れたらいいなぁと。

大阪芸大での四季折々自然あふれるキャンパスで学ばせていただいた時間は、楽しくもあり苦しくもあった4年。
でもピアニストとしての私の大切な礎を作っていただけた素晴らしい空間でした。夢を抱いて日々がんばっている芸大生のみなさんにエールを送りつつ、お世話になったたくさんの方々に心から感謝を込めて。

井上ゆかり プロフィール

大阪芸術大学演奏学科ピアノコースに特待生として入学。
同大学卒業後上京し、アン・ミュージック・スクールにて、ジャズピアノを鈴木“コルゲン”宏昌氏に師事。
在学中よりジャズピアニストとして演奏活動を開始し、ライブスポットを中心に出演を重ね、数多くのミュージシャンと共演。ジャズライブを中心に、年間250本以上の演奏活動中。
またジャズ以外の音楽活動も幅広く、2000年より始まったNHK-BSの音楽番組「素晴らしき音楽仲間」にレギュラーピアニストとして出演。2006年までの6年間、前田憲男、羽田健太郎、加藤登紀子、北村英治、岩崎宏美、都はるみなど、延べ300組の多彩なゲストとジャンルの枠を超えて共演。

2003年
オリジナル曲中心のファーストアルバム「Pianin」をリリース。
2007年
ベースの加藤真一・ドラムスの藤井摂との<井上ゆかりトリオ>ファーストアルバム「Hands On Universe」をリリース。
2007年〜現在
ピアノソロ・コンサートを定期的に行う。
2009年4月
DVD 映像作品「不朽神話2」へオリジナルの楽曲を提供。
同 年7月
「不朽神話2」サウンドトラック版の「One life, One Way」をリリース。
2009年9月
ボーカルの村瀬由衣の「Day By Day」のサウンドプロデュース。
2010年12月
<井上ゆかりトリオ>セカンドアルバム「MURASAKI」をリリース。
2012年10月
ピアノソロアルバム「SAKURA」をリリース。
2015年10月
ボーカルUの「Elegant Jazz」をサウンドプロデュース。
2016年4月
ギター竹中俊二とのデュオアルバム「MOEGI」リリース。
2018年10月
15回目のソロピアノコンサートを開催。

公式ホームページ http://www.inoueyukari.com/

担当/
企画広報委員 下村 宗生


<< WINGS Web トップに戻る

編集>> 塚本学院校友会 企画広報委員会 発行人>> 福永亮碩