本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。
演奏学科

ポピュラー音楽コース

ポピュラー音楽コース

パフォーマンス別の9つの専攻に加え、現代のミュージックシーンに対応する理論を学び、 音楽を「つくる」ための3専攻を新設! ジャンルレスな「歌う、弾く、つくる」で、めざすは音と音楽のプロフェッショナル

専攻紹介

ミュージッククリエイター専攻(DTM・DAW/PA・SR/プロデュース)
ミュージッククリエイター専攻
シーケンスソフトを使って楽曲を制作する「DTM・DAW」、演奏ステージの音響を研究する「PA・SR」、コンサートや音楽制作を学ぶ「プロデュース」の分野を探究します。
もっと見る
ポピュラーコンポーザー専攻(作曲・アレンジ)
ポピュラーコンポーザー専攻
ポピュラー音楽に特化した作曲および編曲について専門的に研究することで、コンポーザー(作曲家)として活躍するために必要とされる技術や理論を深めることができます。
もっと見る
シンガーソングライター専攻
シンガーソングライター専攻
実習を通して、歌唱や弾き語りに必要な技術や表現力を磨いていきます。さらに、作詞・作曲についても学び、シンガーソングライターとしての実力を養います。
もっと見る
ポピュラーピアノ専攻
ポピュラーピアノ専攻
ポピュラーピアノといっても、ポップス、スタンダード、ソウル、ロック、 ワールドミュージックなどジャンルはさまざま。4年間のアンサンブル授業や個人レッスンで習得します。
もっと見る
ギター専攻
ギター専攻
エレキギターとアコースティックギターが学べます。プロの演奏家になるには知識も技術も必要。まずは基礎を磨き、その先にある「人を感動させる表現力」を習得しましょう。
もっと見る
ドラムス専攻
ドラムス専攻
さまざまなジャンル(ロック、ジャズ、ファンク、ラテン、サンバ、ボサノバなど)のリズムパターンを伝授します。またスティックコントロールやルーディメンツなどもマスター。
もっと見る
トランペット専攻
トランペット専攻
読譜力、演奏技術、即興演奏、リズム感など、総合力を身につけます。さまざまなトランペットプレイヤーの音源を聴いてトランスクライブ(耳コピー)し、即興演奏につなげましょう。
もっと見る
トロンボーン専攻
トロンボーン専攻
クラシック、ジャズ、ポップス、ラテン、ブラジル音楽など、トロンボーンが活躍する現場は多彩。4 年間で楽器の特性と演奏の技術を学び、ソロやアンサンブルで可能性を広げます。
もっと見る
サクソフォン専攻
サクソフォン専攻
クラシックでの発音とサックスの音色の違いを研究、基本奏法を生かしつつ、個性を追求します。基礎から即興演奏まで指導。オールラウンドプレイヤーをめざしましょう!
もっと見る
ヴォーカル専攻
ヴォーカル専攻
腹式呼吸法や発声方法の基礎トレーニングから、プロに必要な表現テクニックまで幅広く指導。オリジナリティーを養うため多様なジャンルにトライしていきます。
もっと見る
ベース専攻
ベース専攻
楽譜の読解や基礎テクニック、リズムのグルーヴ感を身につけ、多様な音楽スタイルの理解とアプローチの仕方を指導します。ベースの進化に合わせ、多種類のベースにも挑戦します。
もっと見る
キーボード専攻
キーボード専攻
多様化する音楽シーンを支える最先端の楽器です。コード伴奏、アドリブの基本から、シンセの音色づくり、作編曲、アコーディオンまでをジャンルごとに個別指導します。
もっと見る

ピックアップ授業

演奏技術を向上し、表現の高みへ 演奏技術を向上し、表現の高みへ

ポピュラーアンサンブル1〜4
ポピュラーアンサンブル1〜4

2~30人のクラスにわけ、習熟度に合わせた指導を行う。バンドメンバーとコミュニケーションを図りながら、より高い演奏技術と、発音・パフォーマンス、アンサンブル能力を研究していく。

座学・実習でポピュラー音楽を理解 座学・実習でポピュラー音楽を理解

コード理論Ⅰ・Ⅱ
コード理論Ⅰ・Ⅱ
コード理論Ⅰ・Ⅱ

演奏・作曲・編曲といったポピュラー音楽の基本を、座学と実習を交えて習得。コード・プログレッションを中心に、音楽用語や記号などの音楽理論について、基礎から段階的に学んでいく。

録音技術を習得し、デモ音源を制作 録音技術を習得し、デモ音源を制作

ポピュラーレコーディング1・2
ポピュラーレコーディング1・2
ポピュラーレコーディング1・2

スタジオやホールなどにおける音響的な知識を学び、レコーディング技術、音楽制作技術を理解。そして自身の音楽性を発信するために必要な、デモ音源を作成するためのテクニックも身につける。

大人数で奏でるジャズの魅力を知る 大人数で奏でるジャズの魅力を知る

ビッグバンド1〜4
ビッグバンド1〜4

ジャズやポピュラー管楽器奏者、そしてリズム・セクションにとって不可欠なのがビッグバンドでの演奏。さまざまな作曲家やアレンジャーの楽曲を演奏しながら、それぞれの作品に対するアプローチ方法を学ぶ。

教員ピックアップ

歌手
森川 美穂
充実した環境を生かして、自分だけの音楽を追求する

大阪芸大にはいつでも練習できる環境があり、これらを生かして自分の音楽を追求することができます。しかし、やっとの思いで見つけた音楽が人から毛嫌いされることもあるでしょう。でもそれが個性というもの。評価されなくても、それがあなたなのだと自信を持たせるのも、私たちの大切な使命だと思っています。

歌手。1983年、ヤマハボーカルオーディション『ザ・デビュー』(現Yamaha Music Audition)でグランプリを獲得し、85年『教室』でデビュー。また、劇団四季『アイーダ』に出演するなど活動の幅は広い。2016年から毎年アルバムをリリースし、2019年に最新アルバム『another Face』を発表。
近 秀樹
ジャズピアニスト
近 秀樹
進路を見つけたみなさんを全力サポートします

大阪芸大に入学するということは、進路を見つけたということだと思います。そのことに対して、施設面やカリキュラム、学内外コンサートで全教員が万全にサポートします。いろいろなジャンルのアンサンブル授業など、多彩な経験もしていただけます。ぜひ夢を一緒に勝ち取りましょう。

『本格派ピアニストのためのジャズ・ピアノ・トリオ(ジャズスタンダード・バイブル)』
『本格派ピアニストのためのジャズ・ピアノ・トリオ(ジャズスタンダード・バイブル)』
ジャズピアニスト。大阪芸大在学中から演奏活動をはじめ、国内外の著名ミュージシャンや各地のオーケストラと共演。モンタレージャズなど内外のジャズコンサートにも出演。2019年にRittor Musicより『本格派ピアニストのためのジャズ・ピアノ・トリオ(ジャズスタンダード・バイブル)』(共著 嶋本高之)を発売。
中村 たかし
アロージャズオーケストラ ・ギタリスト、ジャズ・ウクレレ奏者
中村 たかし
総合的な表現力を、イチから指導します

プロに必要なのは、巧みで多彩なテクニックだけではありません。休符の部分、つまり間の取り方なども含めた総合的な「表現力」が求められます。これがあるからこそ、演奏で聴き手を感動させることができるのです。また、いかに真剣に音色と向き合うかも大切なこと。まずは基礎をしっかり磨きましょう。

『はじめてのアコギ・ジャズ入門』
『はじめてのアコギ・ジャズ入門』
アロージャズオーケストラのレギュラーギタリスト。コンポーザー&アレンジャー。音楽制作事務所<MUSE WORKS>代表。著書は教則本『はじめてのアコギ・ジャズ入門』やギター&ウクレレ曲集など22冊を出版。10枚のCDをリリースしている。
MALTA
サックスプレイヤー
MALTA
培ってきたものを、未来の演奏家に伝授したい

約50年の経験から導いた音楽を続けるヒントを、演奏家を志すみなさんに伝えます。大学は自発的に学ぶ場所。自身で目標を設定し、達成するための努力をしてください。芸術を追求するためには、“自分に飽きない、継続する意志”が大切。私の背中をとおして、技術や精神を存分に吸収してください。

『MALTA PLANET』
『MALTA PLANET』
サックスプレイヤー。東京藝術大学、バークリー音楽大学を卒業。名門ライオネル・ハンプトン楽団のコンサートマスターを経て1983年『MALTA』で日本デビュー。2011年18人編成のMALTA Jazz Big Bandを結成。通算アルバムは50枚を超え、2017年『MALTA PLANET』を発表。
ジャズヴォーカリスト
ギラ・ジルカ
音楽の表現者をめざすみなさんに会いたい!

いろいろな場面で自分を試すことがあったとき、いちばん大切に思っていることが「自分らしさ」です。その「自分」を探し、育み、チャレンジしていく場がここにあると思います。音楽の表現者をめざすみなさんを精神面と実践的な面からお手伝いします。必ずいい情報とインスピレーションに出会えると思います。

ジャズヴォーカリスト。1991年バークリー音楽大学卒業。帰国後、関西でテレビなどに出演しながらライブ活動をはじめる。95 年に東京に拠点を移しラジオ、作詞・作曲などの仕事をしながらライブを続ける。2010 年に自身の作品を発表。MISIAのツアーやレコーディングにも参加。
歌手、作曲家、プロデューサー
財津 和夫
心を豊かにする音楽。だからこそ真面目に取り組む

私からのメッセージはひとつだけ。“真面目に取り組んでほしい”。当たり前に聞こえますが、これが私の体験から言える言葉です。成功への方法論は誰にもわかりません。将来、音楽業界に羽ばたいていくみなさんには、活動の一つひとつを大切にしてほしいと思います。その積み重ねは間違いなく財産になります。

福岡県出身。1972年にバンド「チューリップ」でデビュー、「心の旅」「青春の影」などのヒット作を発表。並行して78 年からソロ活動をはじめ、「WAKE UP」「サボテンの花~ひとつ屋根の下より~」がヒット。作曲家として楽曲提供、アーティスト・プロデュースも行う。
カルロス 菅野
パーカッショニスト、音楽プロデューサー
カルロス 菅野
チャンスを生かして、自分を磨こう

音楽とともに生きるには、才能だけではなくスキルと幅広い知識が必要です。大阪芸大にはそれを身につける環境とチャンスがあふれています。それらを十分に生かし、つねに努力を惜しまず、楽しい音楽生活を送ってほしいと思います。その助けになるべく、できる限り多くのことを伝えていければと思っています。

『熱帯JAZZ楽団 XVⅡ 〜The Best from Movies〜』
『熱帯JAZZ楽団 XVⅡ 〜The Best from Movies〜』
オルケスタ・デ・ラ・ルスのリーダーとして世界中を飛び回り、1993年に国連平和賞受賞、95年にグラミー賞ノミネート。95年12月、デ・ラ・ルスを脱退し、ラテンジャズビッグバンド「熱帯JAZZ 楽団」結成、現在はそのプロデューサー、リーダーを担う。
シンガーソングライター、作曲家、編曲家、プロデューサー
井上 ヨシマサ
音楽は人との関わりのなかで生まれる

音楽はつくるものではなく、人と人との関わりのなかで生まれていくものだと思います。大学での経験や出会いからまた新たな音楽が生まれることと信じています。

シンガーソングライター、作曲家、編曲家。森川美穂『ブルーウォーター』、中山美穂『Rosa』、CHEMISTRY『最期の川』などの楽曲を提供。『大声ダイヤモンド』『Beginner』『Everydayカチューシャ』『真夏のSounds good』(第59回日本レコード大賞最優秀作品賞)『サステナブル』(第61回同優秀作品賞)など、AKB48の楽曲を多数手がける。近年はダンス&ヴォーカルユニット“卒業星”などのプロデューサーとしても活動。東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー公式BGM作曲・編曲。
シンガーソングライター、音楽プロデューサー
木根 尚登
自分と音楽を愛し続けて、夢を叶える

14歳でギター、16歳でピアノをはじめ、曲づくりや歌うことが大好きになりました。その気持ちは今も変わりません。音楽番組のMCをしていたとき、ゲストに「なぜ夢が叶ったと思います?」と尋ねたら、みんな揃って「辞めなかったから」と。花咲く時期は違っても自分と音楽を愛し続ければ、夢はきっと叶うから。

1984年TM NETWORKとしてデビュー。作曲、キーボード、ギター、コーラスを担当。シングル『Get Wild』でブレイク。1992年からはシンガーソングライターとして、ヴォーカル、作詞も手がける。音楽プロデューサー、小説家、番組MC、ラジオパーソナリティ、俳優としても活躍。
アーティスト、タレント、DJ、モデル
マーク・パンサー
夢を叶えるセルフプロデュースを伝授します

僕の時代は音楽をつくるために、高価な機材が揃ったスタジオ、大物プロデューサー、メジャーレコード会社、大手スポンサーのタイアップが主流だった。今はパソコン1台で、音を探り、組み立て、詩を書き、レコーディングをして、アートワークもつくる。そんな1人でも夢が叶うセルフプロデュースの基礎を見せてあげよう!

globeのメンバーとしてラップと作詞を担当。デビューからのアルバム3タイトルの売上が史上最短で1000万枚を突破。MARC名義でも、安室奈美恵ら多数のアーティストや企業に歌詞や楽曲を提供し、2018年自身初の全国47都道府県ワンマンライブツアーを開催。

学生作品

時間割の例

  • 理想的な1年生の時間割(前期)
    ポピュラー音楽コース1年生の時間割例
    理想的な1年生の時間割(前期)
  • 理想的な1年生の時間割(後期)
    ポピュラー音楽コース1年生の時間割例
    理想的な1年生の時間割(後期)
演奏学科入試情報(2021年度 学生募集要項)
募集人数:80 名
演奏学科では、「クラシック」「ポピュラー」それぞれのジャンルで演奏家や指導者、又音楽のよき理解者として社会で活躍できる人間味豊かな人物を求める。
求める学生像
    • 音楽の各分野における知識や技術を修得したい人物
    • 奏者としての感性や表現力を磨きたい人物
    • 演奏研究を学ぶことに興味・意欲のある人物
    • 音楽に対して情熱と愛情を持つ人物