デザイン学科 ビジュアルアーツコース

2015年度のコースはこちら

イラストレーション修得を通じ、その先にあるコミュニケーションの未来へ。

イラストレーションは、事象や情報を分かりやすく伝え、見た人に強い印象を残すというビジュアルコミュニケーションの原点。本コースでは、創造的視覚表現の追求としてのイラストレーション作品の創作と、新聞・雑誌広告、ポスターなど各種メディアへの応用、展開について学びます。ドローイング、ペインティング、ドライポイント、シルクスクリーンなどイラストレーターとしての基礎的な技術を身に付けるとともに、ビジュアルコミュニケーションを学ぶ上で必須の基本的な造形法、構成法、色彩の感情効果などを修得します。広告・出版メディア、ポスター・カタログ等の印刷媒体に関する知識を養い、グラフィックデザインにおけるイラストレーションの機能、役割についても理解を深めます。さらにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力など実社会で通用するクリエイティブ力の獲得を目指します。

コース写真

授業風景

  • ビジュアルアーツ技法研究
    ビジュアルアーツ技法研究
  • ビジュアルアーツⅠ
    ビジュアルアーツⅠ
  • ビジュアルアーツ演習Ⅱ
    ビジュアルアーツ演習Ⅱ

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 デザイン史 
デザイン学概論
マーケティング論
伝達文化論 
イラストレーション論
コミュニケーションデザイン論Ⅰ
コミュニケーションデザイン論Ⅱ
デザインマネジメント
演習 製図 
写真 
版画
ビジュアルアーツ演習Ⅰ
ビジュアルアーツ演習Ⅱ
外書講読
実習 基礎実習Ⅰ 
基礎実習Ⅱ
イラストレーション基礎
グラフィックデザイン基礎
マテリアル表現技法Ⅰ
ビジュアルアーツ技法研究
ビジュアルアーツⅠ
ビジュアルアーツⅡ
ビジュアルアーツⅢ
ビジュアルアーツⅣ
デザイン領域と技法
ビジュアルアーツⅤ
卒業制作 卒業制作・論文
選択
必須科目
講義 情報技術論 
デジタルメディア論
ビジュアルデザイン論 アドバタイジング論
選択科目 講義 日本美術史 工芸史
実習 産官学プロジェクト
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • グラフィックデザインコース
  • ビジュアルアーツコース
  • 情報デザインコース
  • スペースデザインコース
  • プロダクトデザインコース
ページトップ