JAZZ&POPS 2018

大阪市中央公会堂100周年をJAZZとPOPSで彩る

11月18日、演奏学科ポピュラー音楽コースの学生たちによる演奏会「JAZZ&POPS」が開催されました。
今年のJAZZ&POPSは、会場である大阪市中央公会堂の開館100周年記念イベントとして催されました。オーディションを勝ち抜いた学生たちに加え、ジャズ界でもっとも格式あるレーベルの一つ「ブルーノート・レコード」と日本人として初めて契約したことでも知られるニューヨーク在住のジャズトランペッター・黒田卓也氏(この公演のために来日!)も登場し、華やかなステージを披露しました。

前半のステージでは、5組の学生バンドが登場。1年生から4年生までが集った「おふろぺあ」が、口火を切るにふさわしいアップテンポなナンバーを披露すると、勢いそのままに各バンドが会場を沸かせました。


一流ジャズトランペッターとの共演も

後半のステージでは、ポピュラーピアノ専攻の4年生・村山青海さん率いるバンド「村山青海Project」が、村山さん自身が作曲した疾走感あふれるインストゥルメンタルを熱演。さらに、透明感のある歌声で会場をうっとりとさせた「華帆」、複雑な電子音を3人のキーボードで表現した「Evan Marien太郎」と続くと、会場の熱気は最高潮に。それからジャズトランペッターの黒田氏と学生メンバー10人がタッグを組み、「Think Twice」を演奏。黒田氏との掛け合いによって学生たちのパフォーマンスも序盤から終盤にかけて、みるみる活気付き、エネルギーあふれるステージをつくりあげました。

そして大トリは黒田氏が、親交の深い4人のプロミュージシャンとともにオリジナル曲を展開。卓越した演奏力と圧巻のパフォーマンスで、オーディエンスを虜にしました。海外で活躍するアーティストと共演したステージは、学生たちにとってかけがえのない経験となりました。

Interview

ページトップ