HIGH! HIGH! HIGH! 2018

人気ラジオ番組から生まれた音楽フェスの運営を
芸術計画学科の1回生たちが体験!

音楽好きの10代、20代から絶大な人気を誇るFM802のラジオ番組「ROCK KIDS 802-OCHIKEN GoesON!!-」が生み出した屋内型音楽フェスティバル「HIGH! HIGH! HIGH!」。関西屈指の大規模ライブハウス・なんばHatchで8月3日に開催されたこのフェスに、芸術計画学科の1回生たちが運営スタッフとして参加しました。
場外整理や来場者数のカウント、チケットのもぎり、フェスの参加証であるリストバンドの配布、観客の誘導・案内、お弁当の配布、折り込みチラシのセッティングから配布まで、さまざまな業務を行いました。

“本物”だからこそ得られた貴重な経験値
“本物”の音楽フェスティバルならではの緊張感が漂うなかだからこそ、得られる経験は計り知れないものがあります。今回、学生たちが一緒にフェスを運営したのは、現場を熟知したプロのスタッフたち。「わからないことがあったときは勝手に自分で判断しないこと」「お客さんからタイムテーブルを聞かれたときは、ライブは時間通りいかないこともあるため『〜の予定です』と答えること」といった指導が学生たちにされました。裏方の仕事の重要性やイベント運営における留意点などを学び、フェスが終盤を迎える頃には、学生たちの顔つきも“プロ”そのものに変化していました。

この日は、ロックシーンで活躍する7組の人気アーティストがステージに登場。9mm Parabellum BulletやTHE BAWDIESなどのバンドと並び、大阪芸大出身のスリーピースバンド、ヤバTことヤバイTシャツ屋さんも出演しました。『ハッピーウェディング前ソング』や『鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック』といった代表曲や、FM802の番組出演がきっかけで生まれた『サークルバンドに光を』など珠玉の9曲を熱演し、会場を大いに沸かせました。熱気に包まれた7時間に及ぶフェスは無事幕を閉じ、観客にとっても、学生たちにとっても、特別な一日となりました。

Interview

ページトップ