教養科目・専門関連科目 ジャンルを超えて横断的に「芸術」を学ぶ。創造活動の地力が生まれる場所。

  • 教養科目
  • 専門関連科目
若生 謙二
教養課程 主任教授 若生 謙二
アーティストへの知性を培い、他学科の授業で、ジャンルを超える。
芸術を学ぶには、専門の科目だけを学べばいいのでしょうか。アーティストとして作品を創ってゆくには、それを生み出すための知性と幅広い教養が求められます。それは作品の質に反映されることになります。芸術にたずさわる者としての知性や造形的な回路を養うのが教養課程です。世界で活躍する教員らによる講義だけではなく、教員と語り合いながら学生の可能性をひきだす少人数の教養演習。さらに、他学科の専門科目を受講することで、ジャンルを超える思考が可能になります。
1回生からゼミナール資格授業で専門家への道
教養課程では、芸術分野以外の一般教養についての科目を「教養科目」として開講しています。学科の枠を超えたこれらの科目では、人文・社会・自然科学等の幅広い観点から学ぶ講義科目とともに、語学学習やPC情報処理演習等の時代に対応した演習科目を設けて、芸術創造の礎となる力を養います。 カリキュラムには、教養科目とともに、2回生から他学科の講義科目が学べる「専門関連科目」が開講され、少人数でゼミ形式の教養演習は1回生から受講が可能です。さらに、教職、学芸員、図書館司書等、資格関連科目の受講で、専門家への道が開けます。
学科写真
ページトップ