本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。

キーボードの左右キー
もしくは画像クリックで
チャンネルを移動できます

世の中を見ろ 耳を澄ませろ
心の声から言葉のアートを紡ぎ出せ

詳しい情報を見る

ムービーを観る
文芸学科
  • 10 チャンネル :文芸学科
    10 ch. 文芸学科

文芸学科

文芸学科

読み、書き、「つくる」。
時代を捉えた言葉の表現の可能性を探る。
読み、書き、「つくる」。 時代を捉えた言葉の表現の可能性を探る。

さまざまな文章表現を学び、時代の出版界を担う人材を育てます。

編集者や広報など、企業に就職する道も。

「見方」を磨き「表現」するスペシャリストへ。

Topics

青山 勝学科長
学科長
青山 勝
仲間や師との出会いが学びを支え、
見たことのない風景へと導く
仲間や師との出会いが学びを支え、見たことのない風景へと導く

読む。書く。批評しあう。その繰り返しのなかから、自分自身の「テーマ」を発見し、誰も見たことのない文芸の「風景」をワクワクしながら切り拓いてほしいと思います。そうした「学び」の支えになるのが、互いに切磋琢磨しあえる仲間や尊敬できる教師との出会い。文芸学科には、そうした出会いの場がたくさんあります。

1967年岡山県生まれ。視覚文化研究者。京都大学大学院で美学美術史学を専攻。研究者・翻訳者として、写真・映画・美術などをテーマにした数多くの出版物に関わってきた。2019年より本学教授。W・H・F・トルボット『自然の鉛筆』(編・訳)、R・ドゥパルドン『さすらい』(共訳)など。
青山 勝学科長作品
(左)ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット『自然の鉛筆』 (編・訳)/赤々舎 (右)レイモン・ドゥパルドン『さすらい』(共訳)/赤々舎

文芸学科の特徴

書く、つくる、読む。
言葉の表現のプロへ
書く、つくる、読む。言葉の表現のプロへ
文芸学科01
少人数制の多彩なゼミがある文芸学科。様々なジャンルの小説作家や編集者から、現場のテクニックを学べる
作品をどう広める?
自分でメディアも制作
作品をどう広める?自分でメディアも制作
文芸学科02
言葉を生むだけでなく、どう伝えるのかも重要。雑誌の制作も学生主導で企画会議から行い、形にする
総合芸術大学だからこその化学反応が起きる
総合芸術大学だからこその化学反応が起きる
文芸学科03
言葉は表現活動に欠かせないもの。だからこそ、他学科とも様々な形でコラボが可能。新しい表現を生み出そう
人気を集めるラノベも、作家が直接指導
人気を集めるラノベも、作家が直接指導
文芸学科04
1年次は文章表現の基礎を中心に、2年次からはジャンル毎の執筆技術や製本技術など、専門知識を深めていく

文芸学科の分野紹介

さまざまな文章表現を学び、次代の出版界を担う人材を育てます。

教員ピックアップ

佐伯 一麦
小説家
佐伯 一麦
大切なのは運、鈍、根 諦めない心を育てる

文学に休み時間はなく、生活そのもの。森羅万象への好奇心が、自分の表現に生かせます。私自身、麦畑を多く描いたゴッホにそれを学びました。世のなかにありふれたものでも、仔細に観察して描くことで芸術表現となり得るのです。文学は成果がすぐ現れる世界ではなく、運、鈍、根、が大切です。諦めない力も養っていきましょう。

1959年仙台市生まれ。小説家。週刊誌記者などを経て1984年『木を接ぐ』で海燕新人文学賞を受賞。著書に『ア・ルース・ボーイ』(三島由紀夫賞)、『鉄塔家族』(大佛次郎賞)、『ノルゲ Norge』(野間文芸賞)、『還れぬ家』(毎日芸術賞)、『渡良瀬』(第25回伊藤整文学賞)など。
榊 一郎
ライトノベル作家、脚本家
榊 一郎
原稿の向こうの「読者」を意識し、文芸を仕事とする

文芸は良くも悪くも感性や才能が重要視されます。授業では、そんな天与の定義しづらい部分を、明確な技術論に落とし込み伝えていきます。とはいえ、努力が報われるとは限らない世界。それなりの覚悟と、少しでも何かを奪い取る貪欲さを持ってください。

1969年大阪府生まれ。1998年、第9回ファンタジア長編小説大賞に『ドラゴンズ・ウィル』が準入選しデビュー。アニメのシリーズ構成やゲームのシナリオも担当するなど多岐にわたって活躍。近著は『いつか仮面を脱ぐために』など。
玄月
小説家
玄月
書き続ける、読み続ける。継続こそが道を拓く

文芸学科で基礎を身につけ、自分の得意なものに気づいてほしいです。土台となる文章力は重要ですが、最初から自分の書きたいものと書けるものは合致しません。そんなときは、好きな小説を模倣してみるのもいいでしょう。諦めずに書き続けることが大切です。

1965年大阪府生まれ。小説家。高校卒業後、さまざまな職業を経験した後、自ら同人誌『白鴉』を発行し、執筆活動を開始する。99年に『舞台役者の孤独』で第8回小谷剛文学賞受賞。2000年、『蔭の棲みか』で第122回芥川賞を受賞。
西岡 陽子
研究者
西岡 陽子
体験を通じてリアリティーある文章のつくり方を学ぶ

自分で体験して物事を肌で感じること。小説を書くうえでは、この実体験こそがリアリティーのある文章を生むのです。 授業では、私の専門分野でもある日本の祭りへ、学生たちと出掛けることもあります。普段、何気なく触れている行事のなかにも古くから伝わる作法があり、それらに触れることで新たなる「気づき」を得られる。そのためには、アンテナをしっかりと張り、何事にも好奇心を持って触れ合う必要があるのです。そうした姿勢を体験的に学べるカリキュラムで、文章を書くことの奥深さを学んでいきます。

1980年、関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。日本民俗学会会員、芸能史学会会員を務めるほか、1999年には建築史学会賞を受賞。研究・授業の傍ら、日本全国の祭りに飛び回る。
福江 泰太
編集者
福江 泰太
さまざまな場面に応用できる「編集力」を身につける

自分のアイデアを企画として整理、それに形を与えるために取材し、的確に表現するという流れは、何もメディア関係の仕事に限らず、さまざまな職種に生かせる「創造」のための方法です。芸術大学として編集の持つ工芸性にも注目し、手製本や紙漉きも教えます。

福江先生が編集を担当
1957年山口県生まれ。大学在学中に取材記者を経験し、出版・編集の世界へ。學藝書林、小澤書店、集英社「青春と読書」を経て、2000年、編集事務所を主宰。これまでに500冊以上の雑誌・書籍の編集に携わる。日本編集者学会理事。
団野 恵美子
英文学者
団野 恵美子
作品の謎を解き明かす文学探偵、ミステリー・ハンターになる

アリスは穴に落ち、ハリー・ポッターは9 3/4番線から乗車するなど、異世界へはどうやって入るの?スーパーマンやアイアンマンも戦うおじさんなのに、日本のアニメでは10代の少年少女が世界を救おうとするのはなぜ?ゼミでは、文学作品におけるシンボルや謎を発見し、時代背景や社会風俗に目配りしながら解き明かしていきます。シェイクスピアからハリー・ポッターまで様々な物語を、構成や登場人物が果たす役割、主題や象徴を考察しつつ、分析的な読みを学びます。

辞書執筆・校閲 『ウィズダム英和辞典』(2002年初版、2006年第2版、三省堂)  項目執筆・校閲
神戸大学文学部文学科で英米文学を専攻し、1997年、神戸大学大学院文化学研究科文化構造専攻(博士課程)修了。博士(学術)。2002~13年、姫路濁協大学外国語学部准教授・教授。2006年~07年、ケンブリッジ大学英語学部客員研究員(Lucy Cavendish College所属)。2013年より、大阪芸術大学芸術学部文芸学科教授。日本シェイクスピア協会、日本英文学会、関西シェイクスピア研究会、テクスト研究学会、神戸英米文学会各会員。日本英文学会関西支部大会準備委員。
八薙 玉造
ライトノベル作家
八薙 玉造
今の自分を知ることで、作家としての成長を促す

小説の上達方法のひとつは「作品を他者に評価してもらうこと」だと考えます。それにより、自分のよい点、悪い点が理解でき、課題が浮き彫りとなるからです。また逆に他者の作品を評価することはさまざまな作品を見る目を養います。私の授業の多くには学生作品の合評を取り入れ、この両面の成長をめざしています。

1979年大阪府生まれ。ライトノベル作家。大阪芸術大学文芸学科卒業。『鉄球姫エミリー』で第6回スーパーダッシュ小説新人賞大賞を受賞。小説以外にアニメ『W'z《ウィズ》』のシナリオなども担当。近著に『異世界最強トラック召喚、いすゞ・エルフ』など。

施設・設備
創作意欲を刺激する、
専門性の高い設備を用意
創作意欲を刺激する、専門性の高い設備を用意

  • 文芸サロン
    文芸サロン
    2015年に完成した文芸学科の多目的サロン。文芸活動に関わるさまざまな用途のほか、憩いの場としても賑わいを見せています。
  • 書庫
    書庫
    雑誌のバックナンバーをはじめ、現在では休刊になってしまった昭和初期の雑誌など、とても貴重な書籍を多数架蔵しています。
  • 小型活版印刷機
    小型活版印刷機
    1450年頃からはじまったともいわれる活版印刷。文芸学科では「活字」を並べて印刷する小型活版印刷機を使った授業もあります。
  • ゼミ室
    ゼミ室
    少人数制のゼミは、先生の書籍が並んだ専用教室で行われます。ここで編集会議のようにアイデア出しや企画書の作成などをします。
  • コンピュータ室
    コンピュータ室
    文芸学科の研究室に隣接。課題制作はもちろん、個人的に文章を書きたいと思ったときにも気軽に利用できます。

目指せる職業・卒業後の進路
世界でも評価される
先鋭アーティストを輩出!
世界でも評価される先鋭アーティストを輩出!

  • 脚本家
    映画や舞台、テレビドラマなどのストーリーを設計。魅力的なキャラクター、引き込まれる物語をつくりあげるスペシャリスト。
  • 編集者
    雑誌や書籍などのメディアと読者をつなぐ編集者。作家を支え、二人三脚で作品のヒットを目指します。
  • ライトノベル作家
    いちジャンルとなったライトノベル。人気シリーズも多く、漫画やアニメとのメディアミックスの可能性も広がっています。
  • PRプランナー
    企業などの伝えたいメッセージや活動を、文章の表現力や編集力を駆使して広く伝えるためのプランニングを担います。
  • 記者・ライター
    取材や調査をもとに記事を書く記者や、文章を書くことを幅広く扱うライター。情報を整理しわかりやすく伝える文章力が必要です。
  • 小説家
    自身と社会に向き合いつつ、豊かな想像力や緻密な文章力、細かい取材力などを駆使して、一本の物語を書きあげます。
その他の職業
ノンフィクション作家、文芸評論家、翻訳家、学芸員、図書館司書、学校教員 etc.
取得可能な資格・免許
  • ・中学校教諭一種免許状(国語科)
  • ・高等学校教諭一種免許状(国語科)
  • ・学芸員(受講資格試験を実施し、合格者のみ受講可能)
  • ・司書
  • ・学校図書館司書教諭
就職先抜粋(過去5年)
  • 青山商事(株)
  • イズミヤ(株)
  • (株)ウィット
  • (株)エイチーム
  • (株)エディオン
  • 小野市役所
  • 海上自衛隊
  • (株)学研プラス
  • KDDI(株)
  • (株)ゲオホールディングス
  • (株)高知広告センター
  • 佐川印刷(株)
  • (株)産業経済新聞社
  • 真生印刷(株)
  • (株)清文社
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • 相互印刷(株)
  • 但馬信用金庫
  • たつの市役所
  • (株)ティーアンジュ
  • テレコムサービス(株)
  • (株)東通企画
  • 富田林市役所
  • 中山通商(株)
  • (株)日刊木材新聞社
  • 日産プリンス香川販売(株)
  • (株)沼澤事務所
  • ブックオフコーポレーション(株)
  • ホットマン(株)
  • (株)メディカ出版
  • 大和高田市役所
  • (株)ヨドバシカメラ
  • (株)レベルファイブ

※その他、図書館司書や各公・私立学校に教員として就職しています。

卒業生インタビュー

OUA Channel