本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。

キーボードの左右キー
もしくは画像クリックで
チャンネルを移動できます

ついに始まった工芸革命
素材からデザインする先端の学びがここに

詳しい情報を見る

ムービーを観る
工芸学科
  • 05 チャンネル :工芸学科
    05 ch. 工芸学科

工芸学科

工芸学科

素材から〝極超〟工芸 をデザイン。
既存の価値観とステージ を超える、ハイパー工芸
素材から〝極超〟工芸 をデザイン。
既存の価値観とステージ を超える、ハイパー工芸

ものづくりの技を極め、工芸の可能性を広げる。真の表現力を、あなたの手に。

その力があれば、自分の限界を超え、既存の価値観を超え、国境さえも越えていける。

超越する工芸人になろう。 大阪芸術大学工芸学科で。


Topics
Topics

山野 宏
学科長
山野 宏
湧き出た感情を自由に表す。 それがガラス工芸の魅力
湧き出た感情を自由に表す。 それがガラス工芸の魅力

ガラス工芸の世界でとくに重要なのは、実体験し、素材に肌で触れ、心の底から湧いてきた感情をしっかりと表現することですから「作風の何がよくて何が悪い」という理論は存在しません。だからこそ学生がいろいろなものを “食べる”ことを意識しています。高級ステーキも手軽なラーメンもおいしい。多様なものを食べ「どういう料理がどう好きなのか」感じ取ればいい。まだ開拓の余地があるこの分野。過去にない表現の発見が強い武器になります。作品制作をとおして自分を発見し、経験を糧に社会に羽ばたいてください。

ガラス工芸作家。ロチェスター工科大学修士号取得。アメリカを中心に個展を開催し講演やグループ展なども実施。98年、国際交流の森をめざした「金津創作の森ガラス工房 エズラグラススタジオ」を設立。東洋と西洋文化の間に芽生えた感性を表現すること、泳ぎをやめたら死を意味する回遊魚を自身の生き様として作品にし続けている。
Drawing on the Vessel Ⅳ

工芸学科の特徴

デジタルスキルを学び、デザイン力を伸ばして工芸の新たなステージへ
デジタルスキルを学び、デザイン力を伸ばして工芸の新たなステージへ
手描きの絵にPCで色つけしたり、立体物の構造を確認したり。工芸でも使えるデジタル技術、たくさん学べます!
素材を知り、自分だけの表現を身につけるカリキュラム
素材を知り、自分だけの表現を身につけるカリキュラム
土、金属、ガラス、布……本学の教員は素材のスペシャリストでもあります。いろんな素材に触れ、自分なりの表現を見つけよう
作るだけじゃない。作品の魅力を伝えるプレゼン力も磨ける!
作るだけじゃない。作品の魅力を伝えるプレゼン力も磨ける!
これからの作家活動に必要なのはプレゼンテーション能力!動画のつくり方や話し方も授業で教えます
社会人に不可欠なチームワークが養える。就職にも強い
社会人に不可欠なチームワークが養える。就職にも強い
学生合同で展覧会を企画するなど、社会で必要なチームワークを養える場も!ポートフォリオづくりなど就職を意識した授業も!
大規模なガラス工房も。大学とは思えない超充実の施設と設備
大規模なガラス工房も。大学とは思えない超充実の施設と設備
プロ仕様のガラス溶解炉など、ゴージャスな環境がたくさん!もちろん、金属工芸、陶芸、テキスタイル・染織の施設も揃っています
形・色・強弱・上下。”ほどいい”肌感覚で技を磨く
形・色・強弱・上下。”ほどいい”肌感覚で技を磨く
工芸学科で学べるのは『よい加減』、つまりバランスです。さまざまな『よい加減』を見つける感覚が養われます

教員ピックアップ

前田 昭博
白磁作家
前田 昭博
芸術としての工芸を学ぶことができます

工芸を学べる場所は全国にありますが、本学で学ぶ意義は、芸術としての工芸を学ぶところにあります。工芸作家でもある先生方に教わることで、技術だけでなく、創造力の大切さを学ぶことができます。このことは、陶芸家として今後制作していくうえで、大きな力となるでしょう。

『白瓷面取壺』
白磁作家。大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻卒業。在学中から白磁の制作に取り組み、卒業後は郷里である鳥取県に工房を構える。日本陶芸展など多数の受賞歴があり、2013年には人間国宝に認定。美しい曲線を描くモダンなデザインを特徴としており、海外からの評価も高い。
三好 正豊
金属工芸家
三好 正豊
知識ではなく知恵を身につけてほしい

私の授業では、知識ではなく「知恵」を身につけることをテーマに、伝統技法を通じて、日本の文化を伝えていきたいと思っています。知恵は、体験を通じてしか身につけることはできません。力まかせでもいいので、とにかく手を動かしながら、多くのことを学んでほしいと思っています。

『鍛鉄波文鉢』
金属工芸家。千家十職茶道具の制作を行う。第48回日本伝統工芸展で文部科学大臣賞を受賞。公益社団法人日本工芸会理事近畿支部幹事長、第43回伝統工芸 日本金工展 副実行委員長なども務めた。2006年、紫綬褒章受章。
小野山 和代
染織家
小野山 和代
形のないものにまで広がるデザインを学ぼう

学生のなかには、色彩感覚に自信が持てず「染織に向いていない」と思っている人がいます。しかし、色感はあくまで個人的なもの。独特の美意識やセンスの方が大切です。私はその可能性を生かすために「その人の魅力を引き出す」ことをこころがけています。

『ORIKATA』
染織家。大阪芸術大学工芸学科染織専攻(現テキスタイル・染織コース)卒業。制作主題は「布にひそむ表情をひきだす」。「CONSTUCTED TEXTILES(構成テキスタイル)」を中心に作品研究・指導を行う。
長谷川 政弘
金属工芸家
長谷川 政弘
アルゼンチン、スウェーデンなどでパブリックコレクションも多数

工芸学科でのものつくりの体験には、社会に出てから必要なことがすべて詰まっています。自らの手と頭をフル稼働させて完成に至るまでにさまざまなことを経験します。失敗を恐れず挑戦してください。その経験の積み重ねこそがみなさんのこれからの財産となります。

大阪芸術大学工芸学科卒業、金沢美術工芸大学大学院修了。海外の数々の国際彫刻シンポジウムに招待され、作品を現地制作し設置。国内外で個展、グループ展を開催。国内外のコンクールで多数受賞。パブリックアートやコレクションも多数あり。
田嶋 悦子
陶芸家
田嶋 悦子
時間をかけて答えを導く大切さと意味を知ってほしい

学生たちには「どんどん失敗しなさい」と言っています。思い通りの形に仕上がらなくても、やってみて悔しい思いをする。またはじめる。失敗があるからこそ、知識が身につくし、気力も湧きます。憧れを抱きながらも手に入らない過程を楽しむ。それも醍醐味です。

『HIP ISLAND』 2017年「田嶋悦子展」西宮市大谷記念美術館
大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻卒業。咲くやこの花賞・美術部門、日本陶磁協会賞など受賞多数。東京国立近代美術館や金沢21世紀美術館、海外にもパブリックコレクションがある。
黒河 兼吉
セラミックデザイナー
黒河 兼吉
自己表現の種を探しに行こう!

作品を創りたい気持ち、表現したい気持ちは、一体どこから来るのか? 大阪芸術大学にはそのヒントが至る所に転がっています。4年後の飛躍のために、失敗も楽しみながら、たくさんの挑戦をしてください!

『Bishi』
セラミックデザイナー。セラミックによるプロダクトデザインや空間演出を手がける。日本最大級の陶磁器コンペティション「国際陶磁器展美濃」デザイン部門で、1998年から銅賞、銀賞、銀賞、金賞の連続入賞を果たす。
田中 雅文
陶芸家
田中 雅文
繊細なデザインと独自のフォルムで陶芸の新たな境地を開く

ものづくりで大切なことは、全力でチャレンジすること。失敗や成功は過去の基準でしかありません。本学にはトップレベルの設備とたくさんの仲間がいます。そして私たちも全力でサポートします。さあ、舞台は整いました! 多くの刺激を受けて経験を積み、次への大きなステップにしてください。

大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業。近くに陶芸ができる環境があったことから11歳で陶芸をはじめ、大学を卒業後、大阪で独立。「あつまり」をテーマに自らの表現を模索している。国内外で個展、グループ展多数。

詳細は工芸学科 特設サイトへ
詳細は工芸学科 特設サイトへ

OUA Channel