本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。

キーボードの左右キー
もしくは画像クリックで
チャンネルを移動できます

キミの声は届いているか?
メディアの第一線に立つプロをめざす

詳しい情報を見る

ムービーを観る
放送学科
  • 11 チャンネル :放送学科
    11 ch. 放送学科

放送学科

放送学科

メディアを学び、人を知る。
コミュニケーションの力で人間力を高める。
メディアを学び、人を知る。コミュニケーションの力で人間力を高める。

最高の「学びの場」でプロが指導。実践を通じて表現力を磨きます。

多様化するメディアで活躍できる人材を育てます。

Topics

石川 豊子学科長
学科長
石川 豊子
メディアを幅広く学ぶことで身につく、温度のある言葉やコミュニケーション力
メディアを幅広く学ぶことで身につく、温度のある言葉やコミュニケーション力

放送学科は、メディアを学ぶことで、社会で活躍する人間力を磨く場です。なかでも学んでほしいのがコミュニケーションスキル。言語+非言語で構成され、非言語とは笑顔や立ち居振る舞い、洞察力や思いやりの気持ちです。言語+非言語で「温度のある言葉」が身につけば、コミュニケーションスキルも高まります。

TV局アナウンサー出身。トークスペシャリスト。ニュース・ワイドショーの司会経験を生かした「話し方・コミュニケーションの取り方」「言語・非言語・コミュニケーション」「古典芸能」が得意分野。イベント企画・運営や講演活動で活躍中。『国際花と緑の博覧会』企画・運営・実施、APEC大阪会議プレスセンター三千家『お茶席』プロデュースなど。文化庁・芸術祭参加作品審査委員。
『ことば塾』
アナウンサーや司会者を育成する『ことば塾』主宰、NHKカルチャー「朗読」「話し方」講師

放送学科の特徴

現役で活躍する教員陣がテクニックを伝授
現役で活躍する教員陣がテクニックを伝授
声優学概論
声優、ナレーター、アナウンサーやTVディレクター、演出家など、第一線で活躍する豪華教員陣からノウハウを学ぶ
大学発のテレビ番組の制作に実際に参加
大学発のテレビ番組の制作に実際に参加
OUA-TV
地上波でも放送されるアート情報番組『大阪芸大テレビ』の制作に携われるから、現場のノウハウが手に入る
実際に放送されるラジオの制作も!
実際に放送されるラジオの制作も!
選抜されたメンバーが企画、出演、制作、広報など番組づくりのすべてを担う『大阪芸大 学ラジ!』(エフエム大阪)
アフレコや中継もできる充実のプロ仕様設備
アフレコや中継もできる充実のプロ仕様設備
VS STUDIO
ハイビジョンTVスタジオに新型中継車、ボイススタジオに副調整室など、最新鋭の機材が揃う

放送学科のコース紹介

プロユースの最新設備で、実践的な学びを行う。
この経験が、多様化するメディア産業で活躍できる人材を育てます。

教員ピックアップ

松田 秀知
演出家
松田 秀知
自分の夢に向かって真っ直ぐに歩いていけるか?

これから先、みなさんの前にはさまざまな壁が立ちはだかるでしょう。「何でこんなことをしてるんだろう?」と疑問を持つことも。しかし「まだ夢路の途中だ!」と前向きに捉え、困難すらも糧にして歩み続けること。それが放送業界で活躍するために必要なことです。この場で、前へ進んでいく力を蓄えましょう。

1950年三重県生まれ。演出家。大阪芸術大学放送学科卒業後、フジテレビの契約ディレクターを経て共同テレビへ入社し、部長待遇ゼネラルディレクターに就任。数々のドラマで監督を務めている。代表作に『古畑任三郎』シリーズや、『世にも奇妙な物語』『ドクターX~外科医・大門未知子~』など。
森山 浩一
プロデューサー
森山 浩一
テレビをおもしろくする同志、捜しています

最近のテレビはおもしろくない、と言う人が結構いる。果たしてそうなのか? 僕はテレビを見て育ち、さらに40年間テレビに身を委ねてきた。だから、やっぱりテレビはおもしろくあってほしい。僕は同志を求めている。その同志をこの南河内に見つけられたら素敵だなと思う。

1955年京都市生まれ。1978年京都大学卒業後、朝日放送入社。『ラブアタック!』『部長刑事』『ナイトINナイト(火)~オッチャンVSギャル』、土曜ワイド劇場『京都殺人案内』、『刑事殺し』『必殺仕事人』『安楽椅子探偵』シリーズなどを担当。
松澤 真木
プロデューサー
松澤 真木
放送の世界のすばらしさを伝えます

放送現場は人生の「糧」を得られる場所。なぜなら絶え間なく「人のことを考える」ことをとおして成し遂げられる仕事だからです。「どう生きるか」というテーマに向き合うみなさんに、ほかの世界にはない現場のやりがい、楽しさを、精一杯お伝えできればと考えています。

1957年神戸市生まれ。関西学院大学経済学部卒業。関西テレビ入社後、ディレクター、プロデューサーとして『痛快!エブリデイ』『よ~いドン!』『ノックは無用!』『エンドレスナイト』ほかのバラエティー、情報番組やドキュメンタリー、社会教養番組など多数を制作。
杉山 佳寿子
声優、舞台女優
杉山 佳寿子
数多く要求されるプロとしての技術を、多彩なカリキュラムで磨いていく

声優は基礎を修得していることはもちろん、スピード感やリズム感、音感など、数多くのスキルを要求されます。そのため、発音法や演技法など多彩な授業でサポートします。声優として、そして役者として、幅広い表現方法を身につけることができる声優コース。成功した姿をイメージして、コツコツ努力しましょう。

1947年愛知県生まれ。声優、舞台女優。代表作に『アルプスの少女ハイジ』ハイジ役、『科学忍者隊ガッチャマン』白鳥のジュン役、『サイボーグ009』フランソワーズ・アルヌール役、『うる星やつら』テンちゃん役、『キテレツ大百科』コロ助役など多数。
野沢 雅子
声優
野沢 雅子
役の「気持ち」とイメージを明確に

表現するうえで大切なことは、自分が演じる役の「気持ち」を考えること。明確なイメージを持つことも大切です。声優をめざす学生さんも、それ以外の目標を持つ学生さんも、自らを人と比べるのではなくて、自分を伸ばしていってほしいと思います。

東京都出身。声優。株式会社青二プロダクション所属。劇団ムーンライト主宰。代表作は『ドラゴンボール』シリーズの孫悟空、孫悟飯、孫悟天役、『銀河鉄道999』の星野鉄郎役、『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎、目玉おやじ役など多数。
真地 勇志
声優、ナレーター
真地 勇志
日常生活から感情表現を磨くヒントを探る

声優をめざすうえで必要なもの。それは喜怒哀楽のある豊かな日常生活を送ること。たくさんの友達をつくってください。会話してください。笑ってください。泣いてください。怒ってください。そして何ごとにも興味を持ってください。すべてが重要な経験であり、感情表現を豊かにする学びにつながります。

1962年神奈川県生まれ。声優、ナレーター。アクション俳優を目指しスーツアクター、俳優として活動したのち、声優デビュー。代表作に『秘密のケンミンSHOW』『世界の果てまでイッテQ!』『笑ってコラえて!』『新・情報7days ニュースキャスター』『坂上どうぶつ王国』『あいのり』『博士ちゃん』など。
松野 太紀
声優
松野 太紀
「感情」を磨くことが声優としての魅力に

声だけで喜怒哀楽を表現していく声優の仕事は、しっかりと言葉に感情を込めて表現できなければ成立しません。ぜひ、何ごとにも好奇心旺盛に取り組み、あらゆる作品を見て学ぶ努力をしてください。声優として、つねに感情を磨いていく作業は、自身の表現力の向上に必ずつながるのです。

1967年東京都生まれ。声優。幼少期に「劇団ひまわり」に入団。10歳のときに『星の王子さま プチ・プランス』で声優デビュー。代表作に『金田一少年の事件簿』金田一一役、『スポンジ・ボブ』ボブ役など。また俳優としても『隠し剣 鬼の爪』や『東京家族』などに出演。
伊倉 一恵
声優
伊倉 一恵
自分以外の人生を生きることとは

声優は俳優の仕事の一部分です。俳優の仕事はドラマを起こすこと。ドラマを起こすトレーニングをします。「本を読む力」「イメージする力」「表現する力」をつけます。自分以外の人生を生きることはとても難しいことですが、解放される楽しい瞬間でもあります。それが観客に伝わったときの快感は格別です。

長野県生まれ。声優。株式会社青二プロダクション所属。『シティーハンター』の槇村香役をはじめ、『アンパンマン』『クレヨンしんちゃん』などテレビアニメや劇場アニメへの出演多数。『サクラ大戦』のレニ・ミルヒシュトラーセ役など、ゲームにも出演。
石澤 典夫
フリーアナウンサー
石澤 典夫
言葉遣いで「人間力」が試される!

「話す」「聞く」「読む」という日本語の「ことば力」は、漫然としていては身につきません。  授業では正しく豊かな話し言葉の獲得をめざします。それは同時に、社会人にも必要な、確かなコミュニケーション・ツールを身につけることにもつながるのです!

ナレーターとしても多数の作品を手がける
1952年横浜市生まれ。『NHKニュース9』『NHKニュース7』『おはよう日本』キャスター、『新日曜美術館』『さかのぼり日本史』など報道・美術・教養番組を担当。現在はフリーアナウンサーとして『ラジオ深夜便』ほかナレーション、講演で活躍。
馬場 典子
フリーアナウンサー
馬場 典子
考える力、想像する力を養い、人間力を磨く

言葉の大切さ、日本語の素晴らしさを伝えながら、現場での実例を交え、気付く力、想像する力、考える力、本質を見抜く力などを養い、社会人としてもアナウンサーとしても大切な「人間力」の向上を目指しています。教わること以上に、自ら学びとる姿勢に期待しています。

コミュニケーションの基本が詰まった一冊。
1974年東京都生まれ。日本テレビ時代『ZIP!』『ザ!世界仰天ニュース』『24時間マラソン』、オリンピック取材などを担当。2014年よりフリー。NHK『あさイチ』、CBC(TBS系列)『ゴゴスマ』、BS日テレ『歌謡プレミアム』、TBS『東大王』、MBS『プレバト!!』などに出演中。

施設・設備

  • TVスタジオ
    TVスタジオ
    放送局同等の機能を持つハイビジョンTVスタジオ。フルLED照明システムなど、リアルタイムでの番組制作に特化した設備を完備。
  • ノンリニアビデオ編集室
    ノンリニアビデオ編集室
    高性能なノンリニア(非直線的)ビデオ編集システムを完備。撮影から編集までファイルベース化された、最新の制作環境を備えています。
  • VS STUDIO
    VS STUDIO
    主に発声やアテレコの授業で使用。マイクやモニターが常設されたスタジオと、本格的な音響機器が配置された副調整室で構成。
  • BBスタジオ
    BBスタジオ
    放送学科の施設のなかでもとくに最新鋭の機材を備えているスタジオ。声優コースは、このスタジオで日々の授業に励んでいます。
  • 中継車
    中継車
    映像や音声の高度な収録・伝送を行うプロユースのハイビジョン中継車。学外のイベント収録など、中継番組制作の概念を実践で学べます。

目指せる職業・卒業後の進路
世界でも評価される
先鋭アーティストを輩出!
世界でも評価される先鋭アーティストを輩出!

  • 番組プロデューサー・ディレクター
    テレビ番組で、番組の予算管理や出演者のキャスティング、放送内容の決定、制作スタッフの割り振りなどを担当。
  • クリエイティブディレクター
    表現を企画しチームを統括する責任者。社会の流れや動向の半歩先を読んで世の中を動かす広告キャンペーンを実施。
  • 声優
    アニメや外国映画・ドラマの吹き替えなどで活躍。セリフ表現だけで視聴者の感情に訴えかける声のプロフェッショナルです。
  • 映像カメラマン
    巧みなカメラワークで視聴者を惹きつけるさまざまな映像を撮影。映像の絵づくりを支える重要なポジションです。
  • アナウンサー
    バラエティーから報道、スポーツなど活躍の場が広い仕事。世間の関心も高い、人の心に届ける言葉のスペシャリスト。
その他の職業
ナレーター、演出家、録音技師、照明技師、俳優、番組制作スタッフ、報道記者 etc.
取得可能な資格・免許
  • ・学芸員(受講資格試験を実施し、合格者のみ受講可能)
  • ・司書
就職先抜粋(過去5年)
  • (株)アイネックス
  • (株)青二プロダクション
  • (株)アニメイト
  • 石川テレビ放送(株)
  • (株)IMAGICA Lab.
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)エキスプレス
  • NHK福岡放送局
  • (株)エフエム香川
  • (株)エフエム徳島
  • (株)エフエム福島
  • (株)鹿児島讀賣テレビ
  • (株)カプコン
  • (株)関西東通
  • (株)共同エディット
  • (株)クリーク・アンド・リバー社
  • (株)交通新聞社
  • (株)山陰放送
  • 四国旅客鉄道(株)
  • (株)テイクシステムズ
  • (株)テクニコ
  • (株)テレビ大分
  • (株)DNP映像センター〔現:(株)DNPコミュニケーションデザイン〕
  • (株)デイリースポーツ
  • 東北放送(株)
  • (株)トラストネットワーク/奈良テレビ放送(株)
  • (株)日テレ・テクニカル・リソーシズ
  • (公財)日本道路交通情報センター
  • (株)ハートネットワーク
  • (株)福島中央テレビ
  • (株)富士巧芸社
  • (株)放送映画製作所
  • (株)メディア・バスターズ
  • (株)ytv Nextry

卒業生インタビュー

OUA Channel