本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。

キーボードの左右キー
もしくは画像クリックで
チャンネルを移動できます

心は震えるか?探究心はあるか?
美の表現者としての基盤を積み上げろ

詳しい情報を見る

ムービーを観る
美術学科
  • 03 チャンネル :美術学科
    03 ch. 美術学科

美術学科

美術学科

自分の表現を身につけ
過去から未来につながる美の本質を
多角的に追求する
自分の表現を身につけ過去から未来につながる美の本質を多角的に追求する

油画・日本画・版画・彫刻 美術の4大表現を学ぶ適正を見つけ、

各コースでより高度な技術を習得します。

Topics

村居学科長
学科長
村居 正之
美術には自分の生き方を見つめ直す
きっかけが備わっている
美術には自分の生き方を見つめ直すきっかけが備わっている

美術は太古の昔から存在し、人間の根幹をなすものです。だからこそ美術の修得は、単なる技術の修練ではなく、生き方を見直すチャンスにもなります。すばらしい作品に感動することも、自身の作品に悩むことも、見方や考え方の幅を広げるきっかけになります。そこで見つかる欠点こそが、個性になるのです。

1947年京都府生まれ。日本画家。1968年に画塾・青塔社へ入会し、池田遙邨氏に師事。現在、日展理事、新日春展会員、日本美術家連盟会員、京都市芸術センター委員。紺綬褒章受章。ほかに日展特選、日春展会員賞、文部科学大臣賞など、受賞多数。日本・ギリシャ修好100周年記念、アテネオリンピック記念郵便切手の原画制作も行っている。令和元年度 恩賜賞・日本芸術院賞受賞。
暮れゆく時
改組 新 第5回日展(2018)文部科学大臣賞作品『暮れゆく時』

美術学科の特徴

総合力と専門力
どちらも手に入れる
総合力と専門力
どちらも手に入れる
1年次に油画、日本画、版画、彫刻を分け隔てなく学んでから専門を学びます。新しい武器をたくさん手に入れよう
様々な技法を試せる
充実の設備
様々な技法を試せる
充実の設備
キャンパスカレンダー
大規模作品も制作できる広いアトリエに、版画のプレス機や彫刻の脱蝋・焼成窯など、充実の設備が整っている
ビジネスや社会の切り口でアートを捉える
ビジネスや社会の切り口でアートを捉える
アートに携わって生きていく将来のために。アーティストに必要なビジネスマインドもしっかり身につく
観る目を養い、
作品の魅力を増やす
観る目を養い、
作品の魅力を増やす
『幻影』
海外で盛んに行われている対話形式の「美術鑑賞論」がスタート。つくるだけでなく、見る・説明する力も育つ

美術学科のコース紹介

自らの表現手法を模索することからはじまる4年間。
まずは全コースの基本技術を習得します。

教員ピックアップ

紫舟 教授
書家、アーティスト
紫舟
未来を生き抜くのはアーティスト

君たちが社会で活躍する頃、どんな時代が訪れるのか? 今存在しない、名もない職種が、時代を率いている(あなたが幼稚園の頃YouTuberは存在しなかったでしょ)。型にはまり、右に倣い、考えず、従うだけの仕事はAIに置き換わる。君たちが生き抜く時代、もっとも増えるのは『アーティスト』。我らの出番です! ようこそ明るい未来へ!

書家、アーティスト。2014年フランス・ルーヴル美術館地下会場でのSNBA展において金賞と審査員賞金賞をダブル受賞。翌年の主賓招待アーティストに選ばれ、同会場で大型展示。2015年イタリア・ミラノ国際万博 日本館の作品を担当、金賞受賞。作品は書の域を超えた現代アートとなり、日本文化や思想を世界へ発信。
泉谷 淑夫 教授
油絵画家
泉谷 淑夫
絵をとおして自己を育てていきましょう

私は絵画の制作活動のなかに、自己教育力の仕組みが内包されていると考えています。つまり誠実に制作活動を続けることが、人間を成長させるのです。絵はいつでも描いた人を映し出す鏡です。つねに自己を直視し、自己を発見し、世界でひとつだけの自己を育てていきましょう。私はそのお手伝いをしたいと思います。

1952年神奈川県出身。横浜国立大学大学院修了。小磯良平大賞展優秀賞など受賞多数。横浜高島屋、奈義町現代美術館、池田20世紀美術館等で個展35回。作品集『羊の惑星』『美しい驚き』。『筒井康隆コレクション』の装丁装画担当。一陽会運営委員。
熊本 マリ
アーティスト
原 三佳恵
国際的環境のなかから世界に羽ばたいてください

版画コースでは、英語圏からの短期留学生を積極的に受け入れています。異文化圏の学生たちと交流し、実習中や合同批評会中に活発なブレストを行い、アイデアを出し合っています。新しい発見や刺激を受けながら、版を媒体とした絵画である版画の、より高度な技術を習得し、作品制作の向上をめざしてください。

『in the sunshine』
1986年カリフォルニア美術工芸大学大学院卒業。2000年カリフォルニア美術工芸大学客員教授。東京・大阪・サンフランシスコ・オークランド・メルボルン・シドニーなどで個展やグループ展を開催。2014年Southern Graphics Council 国際会議で作品発表。
髙田 光治 教授
画家
髙田 光治
「絵を読む」力を育む

「絵を読む」という言葉があります。深く観ることは「絵を読む」こと。「絵がわかる」というのは、作者の「魂を読む」ことなのです。名作に触れるたびにそれをすることは、「読む力」となる。ものごとを読む力にもつながってくるのです。

1953年静岡県生まれ。大阪芸術大学卒業。博物学者・生物学者である南方熊楠の研究にも力を入れており、和歌山の南方熊楠記念館での展示や雑誌への寄稿も行う。個展、グループ展多数。行動美術協会会員。
団野 恵美子
日本画家
久世 直幸
基礎知識を身につけ、情熱を引き出す

みなさんの好奇心を刺激し、情熱を引き出せるような授業を心がけています。美術の基礎的な知識やスキルを学ぶとともに、これからの時代にふさわしい絵画表現や作品発表の形態を、一緒に考え実践したいと思います!

『空ー紺碧』
1972年石川県生まれ。日本画家。多摩美術大学大学院修了。創画展での作品発表を中心に、全国の百貨店や商業施設にて個展・グループ展を開催。自然の神秘やスケールを大型作品で表現する。創画会会員、京都日本画家協会会員。
壺井 勘也 教授
造形作家
壺井 勘也
ものづくりはひとづくり

幼少の頃はみんな素直で自己に正直でありました。人はそのすばらしい感性を成長とともに失いがちです。美しいと思う感性は人類にのみ与えられた才能です。どんなに不器用であっても、この素直な心を失わないことが一生の糧になるのです。

大阪芸術大学美術学科卒業。「国際花と緑の博覧会」モニュメントや、アメリカ合衆国オハイオ州コロンブス500年記念モニュメントなど、国内外にパブリックコレクションが多数。一般社団法人全国日本学士会の評議員なども務める。
木村 小百合
油絵画家
木村 小百合
デジタルとアナログ制作の共存

コンピューターの高性能化は、芸術の世界にも様々な形で影響を与えています。筆と手で描く事を問う画学生もいますし、私はこれらを否定致しません。しかし一方で、筆を使った手仕事は、人間の感情や言葉に出来ない表現の手段として必要だと思います。それらを読み解き、感覚を育てることがとても重要だからです。これら双方のバランスを養い、現代に生きる作家を目指していきましょう。そのお手伝いが出来れば幸いです。

2011独立展独立賞 2013公募団体ベストセレクション美術/東京美術館 2014黄色い舟展/日本橋三越本店(15、16)2015青木繁記念大賞西日本美術展大賞 個展/あべのハルカス近鉄本店(18)2016髙島屋大阪店美術画廊(18)銀座日動画廊(17、18)2019日本橋三越本店美術画廊 現在 独立美術協会会員 日本美術家連盟会員
森井 宏青
行動美術協会会員
森井 宏青
グローバルな現代は自由表現の世界か

現在、日本の若いアーティストたちにはどのような視点が求められるのでしょう。 グローバルな世界では、皆が平等な「世界人」。私たちの描く作品が「日本人の描いた絵だから。」と特別視されることは、もはやありません。そこは単に国際的な自由世界などではなく、国家の価値観や既存のルール、または美徳すら完全に無視した、無防備でボーダレスな未知なる混沌と言えるでしょう。その中、現実に日本に生きるアーティストとして、いかに自立しうるのか。そんな大切な問題について論じられる学びの場を、本学に作ってゆきたい。

タイトル:羽曳野白景/サイズ:2000x3000mm/素材:顔料、アクリルメディウム、青墨/制作年:2019
大阪芸術大学美術専攻科、東京藝術大学術大学院修士課程 修了 文化庁在外研修員 ノルウェー・フィンランドを中心に個展・グループ展・アートフェア出品等多数 エドワルト・ムンク研究 2017ノルウェー・クラーゲリョー、2020フィンランド・ヘルシンキでの個展など。本学内でも2014年、美術・工芸学科主催特別講義など、北欧のトップアーティストたちを招いてグローバルな公開授業を行う。
中川 佳宣
美術家
中川 佳宣
抽象的思考と表現

抽象と聞くと「取っ付きにくい」とか「難しい」というイメージがあるかもしれません。しかし抽象的思考がなければ動物と植物を分けることも、植物を野菜や果物に分類することも出来ません。抽象的な思考とは物事を合理的に把握する力だと思います。絵画の中の抽象性を理解することで「自分の物の見方」を知り、広い視野で世界を見ることに繋げてもらいたいと思っています。

notebook (topographic map) 2015/77 x 57 (cm) hand-made paper,cotton cloth,oil paint,acrylic paint,beeswax,yarn
1964年大阪生まれ 1987年大阪芸術大学卒業後、2010年「ジオメトリック・イメージズ」(東京オペラシティーアートギャラリー)、2013年「物質(もの)と美術」(和歌山県立近代美術館)、「プレイバック・アーティスト・トーク」(東京国立近代美術館)、2018年「ニュー・ウェイブ:現代美術の80年代」(国立国際美術館)近年は美術館以外の野外などでも展示多数

施設・設備
創作意欲を刺激する、
専門性の高い設備を用意
創作意欲を刺激する、専門性の高い設備を用意

  • 油画実習室
    油画実習室
    裸婦、静物、自画像などの実習で使用される教室。静かな空間は、創作活動に集中するのに最適。具象による自己表現を見つけます。
  • 日本画実習室
    日本画実習室
    広さがあり、水分の多い絵の具を使う際も、作品を寝かせて描くことができます。日本画の制作に必要な道具も完備しています。
  • 銅版画実習室
    銅版画実習室
    版画各種に専用スペースがあります。銅板に絵柄を彫って印刷をする「銅版画実習室」には、大小の専用プレス機を備えています。
  • 脱蝋・焼成窯
    脱蝋・焼成窯
    彫刻コースで使用する「脱蝋・焼成窯」は、ブロンズ像などを制作する際に必要な設備です。時間をかけて創作活動に没頭できます。
  • 木彫実習室
    木彫実習室
    木彫に特化した実習室です。ゆとりのあるスペースと豊富な道具を使い、木彫作品の制作に全力で打ち込める環境となっています。

目指せる職業・卒業後の進路
世界でも評価される
先鋭アーティストを輩出!
世界でも評価される先鋭アーティストを輩出!

  • 画家
    画家
    個展の開催や画集の出版、美術館での展示などを通じて自分の思いを表現するアーティスト。つねに新しい表現に挑戦しよう。
  • 美術教員
    中学校や高校の美術教員になる学生も多数。教え子のなかから、未来のアーティストが生まれる可能性も!
  • 立体造形作家(彫刻家)
    街を彩る独創的なオブジェからギャラリーを飾る作品まで、表現方法はさまざま。立体作品で人々の感性を刺激します。
  • 美術監督
    表現する舞台上のセットや小道具は、観客を物語に引き込む重要な要素。イマジネーションと表現力で観客を魅了します。
  • イラストレーター
    雑誌や広告、商品パッケージなどで必要不可欠なイラストレーターとデザイナー。制作会社やフリーランスとして活動。
  • イラストレーター&デジタルイラストレーター
    雑誌や広告のイラストやキャラクターを生み出す。手書きだけでなく、デジタル技術を駆使するプロも。
  • キュレーター
    工芸品や美術品を扱う博物館などの施設に勤務。作品の収集や管理、展示などの業務に携わります。
  • アートプロデューサー
    芸術全般に対する深い知識をもとに、アートイベントなどの企画・運営を行い、芸術と人の出会いを生み出します。
その他の職業
印刷オペレーター、版画家、美術誌編集者、インスタレーション作家、美術評論家、学芸員、その他一般企業 etc.
取得可能な資格・免許
  • ・中学校教諭一種免許状(美術科)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術科・工芸科)
  • ・学芸員(受講資格試験を実施し、合格者のみ受講可能)
  • ・司書
  • ・学校図書館司書教諭
就職先抜粋(過去5年)
  • あさば佛教美術工房(有)
  • 石堂硝子(株)
  • 大阪府警察
  • (株)カプコン
  • (株)コロプラ
  • コーナン商事(株)
  • (株)Cygames
  • (株)SHIPS
  • (株)シミズオクト
  • (株)スクウェア・エニックス
  • (株)スタジオムンド
  • セーレン(株)
  • (株)髙津商会
  • (株)琢
  • (株)竹中庭園緑化
  • たつた舞台(株)
  • 田原市役所
  • (株)タミヤ
  • (株)丹青堂
  • ターナー色彩(株)
  • 大日本塗料(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • (株)ナウプロダクション
  • 日本メナード化粧品株式会社(メナード青山リゾート)
  • 晴香堂(株)
  • (株)BANKANわものや
  • フェザー安全剃刀(株)
  • (有)プラスワン
  • (株)三友エージェンシー
  • (株)ユニバーサル
  • UTグループ(株)

※その他、各公・私立学校に教員として就職しています。

卒業生インタビュー

OUA Channel