本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。

キーボードの左右キー
もしくは画像クリックで
チャンネルを移動できます

8Kもドローンもできなきゃ始まらない
未来をつくる最新スキルを身につけろ

詳しい情報を見る

ムービーを観る
写真学科
  • 06 チャンネル :写真学科
    06 ch. 写真学科

写真学科

写真学科

アート、広告、最新の映像表現
写真表現の可能性を追究
アート、広告、最新の映像表現 写真表現の可能性を追究

大激動の写真業界 変化の時代を生きる力を身につける


独創的で芸術的な写真表現から、企業や商品の価値を伝える視点、ドローンや水中撮影の特殊技術や動画技法まで。自分ならではの表現を発見・追究。

Topics

織作 峰子学科長
学科長
織作 峰子
学生が持つ才能や魅力を、
未来へ羽ばたく力に変えていく
学生が持つ才能や魅力を、未来へ羽ばたく力に変えていく

写真を取り巻く環境が変遷しています。芸術のみならず、災害時や建築業界、運搬など近年さまざまな分野で活躍をするドローン撮影や、4K・8K動画、水中撮影など。最先端の技術を学ぶと同時に、銀塩写真を含む古典技法が学べる全国でも特殊な学び舎で、多くの刺激を受け、オリジナリティーある新しい写真の表現を見つけ出してください。

1960年石川県生まれ。写真家。京都文教短期大学児童教育学科初等教育専攻卒業。82年大竹省二スタジオ入門。85年、86年には全国二科展入賞。独立後は、世界各地で写真展を開催しているほか、最近は写真表現の可能性を求め、異素材と写真のコラボレーションを試みる展覧会を開催。日本広告写真家協会理事、日本写真芸術学会評議員としても活躍している。
『落合の醍醐桜』
『落合の醍醐桜』
写真の可能性を広げ、写真力を身につける
写真の可能性を広げ、写真力を身につける
写真が生活の中で日常的なものになったからこそ、プロとして活躍できる知識と技術を習得する
最先端!高い技術の広告写真授業もスタート
最先端!高い技術の広告写真授業もスタート
『Liquid Works』
広告写真で必要とされる撮影や合成、デザインなどのスキルと知識を、世界で活躍する写真家から学び、身につける
動画授業も豊富。
ドローン撮影も学べる
動画授業も豊富。
ドローン撮影も学べる
他大学に先駆け、動画の授業が充実。水中撮影やドローン撮影など様々なシーンでの撮影技術を自分のものに
8K映像も対応の編集室には最新機材を導入
8K映像も対応の編集室には最新機材を導入
8K
8Kで撮影から編集まで対応。機材の進化がめざましい写真・映像業界の最新技術も実際に扱う機会が豊富

写真学科の分野紹介

独創的で芸術的な写真表現から、企業や商品の価値を伝える視点、
ドローンや水中撮影の撮影技術や編集技法まで。

教員ピックアップ

飯沢 耕太郎
写真評論家
飯沢 耕太郎
さまざまな作品を見る。そして、好奇心を持って写真を撮ろう

まずはたくさんの写真家の作品を見て、自分のスタンスを考えてみてください。そして、好奇心を持ってどんどんシャッターを切ってみる。そのなかで表現力は磨かれていきます。同時に、多くの仲間と出会い、同じ目標に向かって切磋琢磨してください。写真学科の学びのなかで、写真の魅力をじっくりと理解してください。

『キーワードで読む現代日本写真』(2017年)
1954年宮城県生まれ。写真評論家。筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。日本の20世紀前半の写真研究者の第一人者。公募展の審査員も。『写真集が時代をつくる! 飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』『きのこ漫画名作選』など著書多数。
赤木 正和
写真家
赤木 正和
最先端ばかりに浸かるのではなく、時代の進化に柔軟に対応できる能力も養う

現代では、デジタル化された写真表現と映像表現の垣根はほとんどなくなっていると感じています。動画表現の方法としても、一眼レフカメラでの撮影はもはやグローバルスタンダードです。このような最先端のテクノロジーとともに、柔軟な対応力と発想力が、これからの時代には大切になるのではないでしょうか。

『クロマグロ』
写真家。大阪芸術大学写真学科卒業後、フリーランスのフォトグラファーとして活動を開始。海の生物をテーマに、『ナショナルジオグラフィック』などでのスチール撮影のほか、映画やテレビなどでのムービー撮影も数多くこなす。
本田 晋一
広告写真家
本田 晋一
やりたいこと、できること、求められていることを明確にイメージしよう

アドバタイジングフォトの魅力のひとつは多くの人々に見てもらえること。中国で大きなキャンペーンを撮れば、見る人の数は数億人になります。写真家を志す人に伝えたいのは、やりたいこと、できること、求められていることを明確にし、その差を意識すること。数年後できるようになるであろうこと、将来求められるであろうことと場所を把握し、未来をイメージする力も必要です。

『VOLVO-Modern Weekly』
シンガポール、ニューヨーク、上海などで20年ほど広告写真家として活動。写真のデジタル化やネット展開に最初期から関わり、ビル・ゲイツら著名人を多数撮影。SUBARU、ISSEY MIYAKE MEN、Panasonic (China)などのキャンペーンではアートディレクション、デザイン、撮影、合成を担当。
ハービー・山口
写真家
ハービー・山口
写真表現とは、人生そのもの。あなたのすべてが映し出されている

写真表現は、写真家の人生そのものが浮き彫りになります。たとえば、自分自身の長所や短所、何に一生懸命になっているのか、など。もし写真家をめざすのであれば、まずは個性を磨いていきましょう。そして自分なりのペースで構わないので、未来につながるしっかりとした自分を見つけてください。そして写真を続けてください。

『三世代の再会〜南相馬市の仮設住宅で』(2012年)
写真家。東京経済大学卒業。劇団員を経て写真家に。吉川晃司や福山雅治など、国内外のアーティストから市井の人々の姿まで、希望をテーマに撮り続けている。エッセイ執筆、ラジオのパーソナリティーとしても活躍。布袋寅泰のアルバムには作詞家として参加。
坂口 博紀
写真家
坂口 博紀
写真は個々人の独自性が問われる世界。ドローン空撮を学び、選択肢を増やそう!

近年、写真技術は表現方法が多岐にわたり、個々人の独自性が問われる世界です。今、その表現方法において“ドローン”が注目されています。これから入学をめざす学生のみなさんには、ぜひドローンによる写真・映像表現方法を中心に学び、今後、社会へ出て行くときに選択肢が広がるスキル習得をめざしてもらいたいと思います。

『嵐山にて(2017年11月17日撮影)』
1971年、和歌山県出身。99年から京都、東京を中心にフリーランスの雑誌、広告カメラマンとして活動する。2010年10月広告撮影の事業を中心とする株式会社ミクスメディアを設立し、2012年6月よりドローンを用いたPV撮影を開始した。
津田 直
写真家
津田 直
“ぶつける”ことのなかから生まれる

大学で学ぶうえで大切なのは、写真に関することに限定するのではなく、幅広い視野に立つことで、さまざまな領域から吸収することです。時間をかけて取り組むだけのテーマを見つけるためにも、大学は自分を“ぶつける”場所であってほしい。自らの意志でそういう場所にすべきだと私は思います。

『NOAH #6』(2014年)
1976年兵庫県生まれ。写真家。大阪芸術大学写真学科卒業後、人と自然との関わりをテーマに作品を発表。国内外で展覧会を開催。2010年、芸術選奨文部科学大臣新人賞美術部門受賞。作品シリーズに『漕』『SMOKE LINE』『Storm Last Night』『SAMELAND』『NOAH』『Grassland Tears』『Elnias Forest』など。
姫野 希美
写真集出版社「赤々舎」代表
姫野 希美
写真集を題材にさまざまな過程を探求しよう

この時代の、私たちの写真とは何かをともに考えながら、作品制作や写真にまつわる思考を深めていければと思います。撮ることと見ることを行き来するために、写真集という存在はあります。選ぶこと、編むこと、デザインすることなど、写真集のさまざまな過程を探求しトライしながら、制作に向き合っていきましょう。

『川はゆく』藤岡亜弥
早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。2006 年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に170冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』と岡田敦『I am』、第34回同賞の浅田政志『浅田家』などを手がける。

施設・設備

  • 暗室
    暗室
    最大32名が同時使用可能な大型の暗室。光を完全に遮断し、フィルムで撮影した写真の現像や引き伸ばしを行います。
  • 大スタジオ
    大スタジオ
    撮影セットを同時に4つ組むことができ、さまざまな撮影に対応可能。イベントやワークショップの会場としても利用されます。
  • デジタル実習室
    デジタル実習室
    デジタル主流の今、写真を加工・修整するスキルは必須。複数のコンピュータを使い、レタッチなどの技術を習得します。
  • 実験ドーム
    実験ドーム
    国内屈指、直径16mの全天周ドーム。8K映像を投影することができ、臨場感あふれる全天周映像が体験できます。
  • ドローン撮影機材
    ドローン撮影機材
    ドローン撮影機材もフル装備。キャンパス内は無人航空機の飛行許可が必要となる空域外のエリアなので、授業では存分に学べます。

目指せる職業・卒業後の進路
世界でも評価される
先鋭アーティストを輩出!
世界でも評価される先鋭アーティストを輩出!

  • 写真作家
    アートとしての写真を追求し、作品を自己表現として発表。国際的な名声を手にする可能性も高い職業です。
  • ドローンカメラマン
    ますます需要が高まるドローンカメラマン。報道や建築の現場、イベントでの利用など、運用の機会は多種多様。
  • 広告写真家
    雑誌や商品パッケージ、ポスターなど、さまざまなタイプの広告の写真を専門技術で撮影。商品をより魅力的に伝えます。
  • 報道写真家
    大学で学んだ写真技術を生かし、カメラマン兼任で取材担当する記者は少なくありません。スポーツ写真を専門にする人も。
  • レタッチャー
    写真を加工するレタッチャー。カメラマンと二人三脚で作品を仕上げることもあり、現代のフォトシーンに欠かせない存在です。
  • 水中カメラマン
    水中の景色や生き物を撮影するプロ。専門機材の扱い方やダイビングスキル、被写体に対する知識を要します。
  • 映像カメラマン
    巧みなカメラワークで視聴者を惹きつけるさまざまな映像を撮影。映像の絵づくりを支える重要なポジションです。
その他の職業
ブライダルフォトグラファー、フードフォトグラファー、写真館スタッフ、機材販売スタッフ etc.
取得可能な資格・免許
  • ・学芸員(受講資格試験を実施し、合格者のみ受講可能)
  • ・司書
就職先抜粋(過去5年)
  • アイ・ケイ・ケイ(株)
  • (株)アマナ
  • (株)イイノ・メディアプロ
  • (株)エイ・テック
  • (株)mct
  • オリジン工業(株)
  • (株)ジェイ・エス・エス
  • (株)ジョイフルまるやま
  • (有)杉本写真場
  • (株)スタジオバク
  • ストーリーテラー(株)
  • 千(株)
  • 高浜町役場
  • タマノイ酢(株)
  • ダイコロ(株)
  • (株)東京スポーツ新聞社
  • 凸版印刷(株)
  • トランス・コスモス(株)
  • (株)長崎堂
  • (株)日本写真企画
  • 日本ロレアル(株)
  • (株)2055
  • (株)文教スタヂオ
  • (株)モビリティランド(鈴鹿サーキット)
  • (株)山口シネマ
  • (株)ヨドバシカメラ
  • (株)LAVA International
  • (株)ラボネットワーク
  • (株)レクスト関西

卒業生インタビュー

OUA Channel