本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。
美術学科

版画コース

版画コース

木版、銅版、シルクスクリーン、リトグラフなどさまざまな技法がある版画。成り立ちや技法、製版方法や刷りも研究

ピックアップ授業

版画のさまざまな表現手法を知る 版画のさまざまな表現手法を知る

版画実習Ⅰ
版画実習Ⅰ
版画実習Ⅰ

木版・銅版・シルクスクリーン・リトグラフなど、技法の異なる版種の表現方法を体験し、それぞれの特性を習得。版画の素材や成り立ちを学び、表現方法の可能性を研究する。

より多彩な版画の表現方法を得る より多彩な版画の表現方法を得る

版画実習Ⅱ
版画実習Ⅱ
版画実習Ⅱ

版画の成り立ちや歴史にふれた上で、版画の素材と技法をさらに広く体験する。1年次で体験したそれぞれの版種の表現と技法を更に研究し、木版・銅版・平版・孔版・併用版の特性と基礎を習得。

絵画に使う材料をゼロから理解 絵画に使う材料をゼロから理解

材料演習
材料演習

制作者として、さまざまな描画材料について、あらためて興味と関心を持つことを目的とする授業。自作の水彩絵の具を用いた作品制作や、テンペラ画やフラスコ画の演習を実施する。

描く喜びを通じて自己表現を確立 描く喜びを通じて自己表現を確立

版画実習Ⅳ
版画実習Ⅳ

個々のコンセプトを軸に、新たな可能性を見いだしながら表現方法を追求し、作品制作をする。4年次に至るまでに習得した表現や造形手段を統合して作品に結集。集大成となる卒業制作に着手していく。

教員ピックアップ

アーティスト
原 三佳恵
国際的環境のなかから世界に羽ばたいてください

版画コースでは、英語圏からの短期留学生を積極的に受け入れています。異文化圏の学生たちと交流し、実習中や合同批評会中に活発なブレストを行い、アイデアを出し合っています。新しい発見や刺激を受けながら、版を媒体とした絵画である版画の、より高度な技術を習得し、作品制作の向上をめざしてください。

1986年カリフォルニア美術工芸大学大学院卒業。2000年カリフォルニア美術工芸大学客員教授。東京・大阪・サンフランシスコ・オークランド・メルボルン・シドニーなどで個展やグループ展を開催。2014年Southern Graphics Council 国際会議で作品発表。

学生作品

時間割の例

  • 理想的な1年生の時間割(前期)
    2年次で版画コースを希望/資格を希望
  • 理想的な1年生の時間割(後期)
    2年次で版画コースを希望/資格を希望
  • 理想的な1年生の時間割(前期)
    2年次で版画コースを希望/資格を希望しない
  • 理想的な1年生の時間割(後期)
    2年次で版画コースを希望/資格を希望しない
美術学科入試情報(2021年度 学生募集要項)
募集人数:55 名
美術学科では、多彩な芸術表現に触れ、芸術家として確かな基礎を築き、自らのテーマ・表現方法により社会での活躍を目指す人物を求める。
求める学生像
    • 美を探求し、創作、表現への好奇心と意欲や喜び、楽しみが感じられる人物
    • 自発的な独自の個性がうかがえる人物
    • 社会への貢献、他者や地域の人々に芸術のこころを伝達する意志がある人物
    • 広い視野に満ち、異分野への好奇心、進取の気風に満ちた創造力を持つ人物