デザイン学科 空間デザインコース

2014年度以前のコースはこちら

住居から公共施設まで、空間をプロデュースする。

建築、インテリア、照明、ディスプレイなど、すべての空間デザインをトータルに学習。基礎技術、スケッチ、設計図面、CADはもちろん、企画書や模型を制作してプレゼンテーションできる能力を養います。また教室内の授業だけではなく、企業内での実習や海外セミナー、作品展やコンペティションなど外に出て多くのことを学ぶ環境も提供。自ら体験することで多くの技術や知識を積み重ね、即戦力として社会で活躍できる人材を育成します。

コース写真

教員ピックアップ

間宮 吉彦 (まみや よしひこ) 教授 (空間デザイナー)
株式会社インフィクス代表。商業施設や行政のパブリック・スペースなど、様々なジャンルの空間デザインを全国で手掛けている。主な著書は『spaces&projects×100』(文藝春秋)、『間宮吉彦の「間」 店=街の空間デザイン録』(140B)。

カタチのない光や水までをもデザインする。

建築物だけでなく、空間までをトータルにデザインするのが空間デザイン。これまでデザインとは「ものをつくる」という、いわば造形的なものが主流でしたが、最近ではカタチのないもの、生活に必要なものをデザインすることが必要になってきました。もはや光や水さえもその分野に含まれています。
お店や住宅をつくりたい。家具デザインや舞台、照明に関心がある。そういった方には、意味のある学びです。具体的な方向性は、勉強しながら決定すればいい。僕はそう考えています。
谷尻 誠(たにじり まこと)准教授(建築家)
SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd. 代表取締役
1974年 広島生まれ。2000年、建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。2014年より吉田愛と共同主宰。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、インテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトを手がける。近作に「ONOMICHI U2」「BOOK AND BED TOKYO」「常滑の家」など。最近では東京事務所に飲食業態「社食堂」や不動産屋「絶景不動産」を開業するなど、活動の幅も広がっている。著書に「談談妄想」(ハースト婦人画報社)「1000%の建築」(エクスナレッジ)。作品集「SUPPOSE DESIGN OFFICE -Building in a Social Context」(FRAME社)。

授業風景

  • 空間デザイン4
    空間デザイン4
  • 空間デザイン5
    空間デザイン5
  • 空間デザイン1
    空間デザイン1

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 デザイン史 
デザイン学概論
デジタル論
マーケティング論
スペースデザイン論
デザインプロデュース概論
空間計画
エルゴノミクス概論
デザインマネジメント
演習 設計製図
写真
セルフプロモーション
実習 デザイン基礎Ⅰ
デザイン基礎Ⅱ
デザインスタートアップⅠ
デザインスタートアップⅡ
素材表現
デジタルデザインCADⅠ
空間デザイン基礎
空間デザインⅠ
空間デザインⅡ
空間デザインⅢ
空間デザインⅣ
デザインプロジェクト
空間デザインⅤ
卒業制作 卒業制作・論文
選択
必須科目
講義
演習 空間デザイン研究Ⅰ
空間デザイン研究Ⅱ
空間デザイン研究Ⅲ
空間デザイン研究Ⅳ
デジタルデザインCADⅡ
実習 ハイパープロジェクトⅠ ハイパープロジェクトⅡ ハイパープロジェクトⅢ
選択科目 講義 情報技術論
日本美術史
伝達文化論
プロダクトデザイン論
イラストレーション論 
ビジュアルデザイン論
コミュニケーションデザイン論Ⅰ 
建築設計論
建築計画論Ⅰ
建築計画論Ⅱ
日本建築史
西洋建築史
建築構造力学Ⅰ
建築一般構造
建築概論
コミック・プロデュース論
コミュニケーションデザイン論Ⅱ
空間計画法規
展示空間論
情報マネジメント
商品企画
工芸史
施工
建築法規
演習 インテリアデザイン演習 スペースデザイン構造演習
外書講読
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • グラフィックデザインコース
  • イラストレーションコース
  • デジタルメディアコース
  • デジタルアーツコース
  • プロダクトデザインコース
  • 空間デザインコース
  • デザインプロデュースコース
ページトップ