文芸学科 研究分野

創作(小説・詩・脚本) 美しく、伝わる日本語の修得から、内在するテーマの発見と表現へ。

小説や詩などを創作するためには、まず伝えたいことを的確に表現できる文章力が必要です。ここでは日本語の文法など書くための基礎から、創作に欠かせない文芸作品への理解などを通して、文章で表現するための確かな力を育成します。そして自らの創作テーマと切り口、表現手段の発見を促し、キャラクターを想定して実際にストーリーを紡ぎ上げてもらいます。教員の指導と批評、学生同士での合評を通じて、感性を作品に結実させる方法をじっくりと身に付けていきます。

分野写真

ノンフィクション・文芸批評 多様な分野への興味と理解、それを論じ伝える技術。

独自の視点が求められる分野だけに、様々な情報を素早く的確にキャッチするアンテナが必要。このカリキュラムでは、ライティングの技術だけでなく、文芸・演劇の歴史から時事問題に至るまで、多様な分野への理解と関心を深めます。そして変化し続ける時代や文芸作品について、言葉で伝え論じることができる視座と、客観的な思考方法、表現技術を身に付けていきます。

分野写真

出版・編集 伝えたいことを、伝えるためのノウハウ「編集力」を学ぶ。

マーケティングから企画立案、構成、編集、印刷システムに至るまで、マスコミ業界の現場で役立つ知識や技術をラインナップし学んでいきます。伝えたいテーマやメッセージを、言葉や、写真・デザインといったビジュアルで広く一般にアピールするためのノウハウを身に付けます。また「ブックデザイン」実習などを通じて、テーマやメッセージを吟味し、言葉や写真を選び、デザインを決めていく行為は、様々なビジネスシーンで応用の効く「編集力」を鍛え、その知識やスキルは、企画や広報の世界でも活かしていけるものです。

分野写真

翻訳・講読 名作の背景を理解し、表現力に変えていく。

人の心に響く魅力的な翻訳をおこなうためには、文芸作品の内容だけでなく、歴史や地域性といった、その作品の背景をも理解することが大切です。この分野では、翻訳のテクニック以外に、歴史や地域性に目を配り、映画や文学に関する幅広い知識を修得することができます。

分野写真

教員ピックアップ

玄月 (げんげつ) 客員教授 (小説家)
1965年大阪府生まれ。高校卒業後、様々な職業を経験しながら創作を始める。『蔭の棲みか』で第122回芥川賞受賞。ほかに『舞台役者の孤独』(第8回小谷剛文学賞受賞)、『眷族』など。

小説とは文章の芸。書くことに対する姿勢を知ってほしい。

書くということに対する姿勢を知ってほしい。小説って「文芸」というくらいですから、文章の芸なんですね。自分の文体をつくらなければならない。そのためには自分が書いたものに常に疑いを持って、推敲を重ねながら書き進めること。批評精神を養うことも大切です。
創作を志すなら、大学の4年間は自分と正面から向き合ってほしい。最初は好きな作家を模倣することから始めるのが近道。僕自身もそうでしたから。
また継続こそ大事です。休まずに書き続ける、読み続ける。そこから開けてくるのです。
西岡 陽子 (にしおか ようこ) 教授
1980年、関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。日本民俗学会会員、芸能史学会会員を務めるほか、1999年には建築史学会賞を受賞。研究・授業の傍ら、日本全国の祭りに飛び回る。

“体験を通じてリアリティーある文章のつくり方を学ぶ。

自分で体験して物事を肌で感じること。小説を書くうえでは、この実体験こそがリアリティーのある文章を生むのです。
授業では、私の専門分野でもある日本の祭りへ、学生たちと出掛けることもあります。普段、何気なく触れている行事のなかにも古くから伝わる作法があり、それらに触れることで新たなる「気づき」を得られる。そのためには、アンテナをしっかりと張り、何事にも好奇心を持って触れ合う必要があるのです。そうした姿勢を体験的に学べるカリキュラムで、文章を書くことの奥深さを学んでいきます。
中沢 けい (なかざわ けい) 客員教授 (小説家)
千葉県生まれ。明治大学政治経済学部在学中、『海を感じる時』で第21回群像新人文学賞を受賞。『水平線上にて』(第7回野間文芸新人賞)など。

言葉で世界を手に入れる!そのための学びを。

本学科の卒業生には、文学の世界で活躍する者が少なくありません。私自身、かつての教え子と、作家と編集者という立場で仕事をすることもあります。
しかし、誤解を恐れずに言えば、文芸学科に入りさえすれば教えてもらえる、と考えるのは間違いです。大学は習う場所ではなく、自ら学ぶ場所と心得て、自主性を持って学問に取り組んでもらいたいと思います。
その先にあるものは? 文芸とは言葉だけで世界を丸ごと生け捕りにできる魅力的なジャンルです。その喜びは想像に難くないでしょう。
立本 倫子
立本 倫子 (たちもと みちこ) 大阪芸術大学短期大学部 特任准教授
不思議に感じたこと、季節のにおい、モノの手触り…。私の想像の原点は、幼い頃の記憶や経験です。わくわくするような楽しさや切ない悲しみなど、読者がさまざまな気持ちを感じる文章や物語は、一人ひとりの経験が素材となって生み出されると考えています。授業を通して、経験から想像力を膨らませ、現実と空想が入り混じった世界をつくれる表現の楽しさを感じてほしいと願っています。あらゆる経験を吸収できる大学生のうちに、好きなことを深く探ることで、10年後の将来が変わるはずです。好奇心を張り巡らし、想像力の素材になる経験を積み重ねてください。
1976年金沢生まれ。絵本作家。大阪芸術大学デザイン学科視覚情報デザインコース(※当時名称)卒業。絵本をはじめ、イラストレーション、映像やクラフトなどさまざまな分野で活動。著作に『アニーの小さな汽車』(学習研究社)『はだかの王様』(ブロンズ新社)など。
八薙玉造 講師(ライトノベル作家)
1979年大阪府生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。『鉄球姫エミリー』で集英社の第6 回スーパーダッシュ小説新人賞大賞を受賞し、スーパーダッシュ文庫(現:
ダッシュエックス文庫)からデビュー。

読み手の視点を意識しておもしろさを「見る目」を養ってほしい。

読み手の視点を意識しておもしろさを「見る目」を養ってほしい。
「誰も書いたことがない新しい小説を書きたい」とは誰しも思うこと。ですが、エンターテインメント性を重視した小説作品を書こうと思うのであれば、まず最初に、読み手を選ぶのではなく、読み手を意識することが大切です。僕の授業ではみなさんに短編小説を書いてもらい、学生同士で意見を述べあう合評を行います。このとき、悪い所を切り捨てることよりも、おもしろさを見つけることに注力してほしい。自分はおもしろいと感じなくても、ほかの誰かが評価する作品があれば、何がおもしろいのか分析してみる。それが作品を見る目を養うことになりますし、作家としての成長につながると考えます。書くということに対する姿勢を知ってほしい。小説って「文芸」というくらいですから、文章の芸なんですね。自分の文体をつくらなければならない。 そのためには自分が書いたものに常に疑いを持って、推敲を重ねながら書き 進めること。批評精神を養うことも大切です。 創作を志すなら、大学の4 年間は自分と正面から向き合ってほしい。最初は好きな作家を模倣することから始めるのが近道。僕自身もそうでしたから。 また継続こそ大事です。休まずに書き続ける、読み続ける。そこから開けてくるのです。

授業風景

  • 文芸と創作Ⅱ(創作)
    文芸と創作Ⅱ(創作)
  • 文芸と創作Ⅲ(創作)
    文芸と創作Ⅲ(創作)
  • 文芸の基礎
    文芸の基礎
  • 文芸と創作Ⅱ(ノンフィクション・文芸批評)
    文芸と創作Ⅱ
    (ノンフィクション・文芸批評)
  • エディトリアル演習Ⅱ
    エディトリアル演習Ⅱ
  • 文芸と創作Ⅱ(出版・編集)
    文芸と創作Ⅱ(出版・編集)
  • 文芸と創作Ⅲ(出版・編集)
    文芸と創作Ⅲ(出版・編集)
  • 文芸と創作Ⅱ(翻訳・講読)
    文芸と創作Ⅱ(翻訳・講読)
  • 文芸の翻訳演習
    文芸の翻訳演習

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 文芸の基礎
文章創作の世界
ジャーナリズムの基礎
演習 文章の表現 講読と理解 文芸と創作Ⅰ
文芸と創作Ⅱ
文芸と創作Ⅲ
卒業制作 論文・制作
選択
必須科目
講義 日本文学の世界Ⅰ
日本文学の世界Ⅱ
アジア文学の世界
ヨーロッパ文学の世界
英米文学の世界
日本語の歴史
キャラクター原論
読者と心理
日本文学の世界Ⅲ
文章の様式
日本語の文法
詩歌の基礎
芸術学の基礎
小説の方法
翻訳文学の世界
演劇の歴史
広告の企画と表現
取材の方法
印刷の基礎
出版・編集の方法
映像翻訳の理解
マーケティング
映画の歴史
創作の表現
芸術の鑑賞と理解
演劇の鑑賞と理解
戯曲を読む
児童文学の理解
文芸の批評
著作に関する法規と倫理
若者文化の世界
大衆芸能の歴史
映像の世界と批評
時事問題を解く
演習 エディトリアル演習Ⅰ
Web制作
ライティング演習
イラストレーション
写真表現
映像の翻訳演習
シナリオ制作
書道
エディトリアル演習Ⅱ
ブックデザイン
文芸の翻訳演習
DTP演習
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 創作(小説・詩・脚本)
  • ノンフィクション・文芸批評
  • 出版・編集
  • 翻訳・講読
ページトップ