建築学科 研究分野

建築分野 発想力を技術が支える。芸術大学ならではの建築の学びがある。

建築芸術は、人によって日常的に使用される、いわば「生活の器」。建築分野のカリキュラムも「人間にとって、豊かな生活環境とは何か」という視点から出発し、快適な環境を創造できる建築のプロを育成します。工学技術中心の建築学とは異なり、良い建築のヒントを、大胆で自由な芸術的発想の中に求める点が大きな特長です。建築のプロを目指す上で技術的な知識と技能の修得は欠かせませんが、大切なのは建築という手段を通じて何かを表現しようとする意欲。建築分野では、基礎となる製図や構造力学をマスターし、さらにCADなどで3次元の立体的造形の技術を修得。また設計実習では、住宅規模の小さな建物からオフィス・商業施設・巨大公共建築など、あらゆるスケールの建築物に対応できる力を段階的に養います。

分野写真

環境デザイン分野 本当に人間の住む街とは?を見つめる環境デザイナーという仕事。

環境デザイン分野の目標は、人と都市の関係を理解し、都市と自然の調和を図るランドスケープデザインを創造する人材を育成すること。造園、地域、都市の3つの方向から環境デザインを学び、個人の住宅や庭園、公園や緑地、都市などを対象とする景観デザインに取り組みます。建築の基礎力を養うため、製図・構造力学、模型制作、デッサン力、色彩の知識、文章力など基本となる技術を修得した上で、個人住宅から国土計画まで、多様なスケールの空間造形を経験。フィールドワークを重視して観察力、表現力を高めます。

分野写真

教員ピックアップ

田口 雅一(たぐち まさかず) 教授 (建築構造デザイナー)
建築構造を専門とするTAPS建築構造計画事務所代表。個人住宅から商業建築まで、幅広い建物を手掛け、構造の観点からデザインを提案している。

注目度を増す建築構造分野に、デザインの視点を!

私の専門である建築構造は、建物の骨組みをデザインする分野です。元来、この分野はエンジニアに近く、裏方的な役割。そのため他大学では「計算ありき」の工学的学びが主軸ですが、本学科は「デザインありき」。総合芸術大学の強みを活かし、構造デザインに力点を置いているのが特徴です。
実際、現在の建築業界において、構造分野はデザインの一部として認知されつつあり、注目度も高まっています。これからの時代、本学科だからこそ習得できる技術や発想は、とても貴重と言えるでしょう。
山形政昭
山形 政昭 (やまがた まさあき) 教授
1949年大阪生まれ。京都工芸繊維大学建築学科卒業、同大学院修士課程修了。東京大学にて学位取得、工学博士。1998年より大阪芸術大学建築学科教授。専門分野は建築歴史および建築計画学で日本の近代建築及び和洋の住宅建築に関心があり、とりわけ米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築に関して研究をつづけている。著書には『ヴォーリズの建築』(創元社)、『ヴォーリズの西洋館』(淡交社)、『ヴォーリズ建築の100年』(共著、創元社)などがある。大学では主に建築歴史分野の授業や建築研究演習を担当している。社会活動では大阪市中央公会堂や南海ビルなど歴史的建築や文化財建造物の調査、保護に関わることが多い。
加治大輔 教授 建築意匠・建築計画(工学博士・一級建築士)
建築デザインについての研究成果を学会で発表。また大学の建築・都市計画系研究室に所属した知見を活かし、建造物の建築計画・設計に携わる。

技術修得とともに 多彩な芸術文化のなかで建築を学ぼう

「建築家」の語源には、“匠の長(建設の主任技術者)” という意味に留まらず、 “様々な創作の原理に通じている者” という意味があったと言われています。 これをふまえて私は「建築学」が工学的な建設技術と共に文化活動、特に芸 術に関わってなされるべきであると考えています。大阪芸術大学では、建築 士資格や建設のための技術修得に加えて、文芸・音楽・美術・舞芸・映画な ど、多彩な芸術の中で建築を学ぶことが可能であり、本来的な方向での建築 教育の環境が大学に整っています。
福原成雄 教授(造園家・庭園デザイナー・環境デザイナー)
1975年、大阪芸術大学卒業。日本庭園の伝道師として国内外で活躍。2001年、英国の権威ある園芸品評会に日本庭園を仲間と共同出展。日本人初の「金賞」「最優秀賞」を受賞した。2006年、ニューズウィーク特集「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。

「日本庭園の伝道師」として世界へと羽ばたきましょう。

私は大学で日本庭園の歴史研究を行うほか、年3回ほど海外に赴き、各国で日本庭園の保存修復、設計、作庭、維持管理、技術指導を行っています。また、教え子のなかにはイギリスで設計事務所を開業した者もいます。環境デザイナー「日本庭園の伝道師」として海外で活躍する人材を、一人でも多く育てることが私の願いです。
そのために学生に大切にしてほしいのが、日本の歴史文化を知ることです。机を離れ、見聞を広げてください。希望すれば、私の海外での仕事に触れるチャンスもあります。子どものころのワクワクする気持ちを持ち続けて、世界に羽ばたきましょう!

授業風景

  • 建築設計実習Ⅰ
    建築設計実習Ⅰ
  • 建築設計実習Ⅱ
    建築設計実習Ⅱ
  • 建築設計実習Ⅲ
    建築設計実習Ⅲ
  • 構造意匠演習
    構造意匠演習
  • フィールドワーク実習
    フィールドワーク実習
  • 環境デザイン実習Ⅱ
    環境デザイン実習Ⅱ
  • 環境デザイン実習Ⅲ
    環境デザイン実習Ⅲ
  • 測量演習
    測量演習
  • 造園演習
    造園演習

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 建築概論
環境概論
日本建築史
建築一般構造
西洋建築史 
建築構造力学Ⅰ
材料学
環境工学
建築設備
建築法規
施工
演習 建築造形演習 建築CAD演習Ⅰ 建築CAD演習Ⅱ
実習 建築設計実習Ⅰ
卒業制作 卒業制作
選択
必須科目
講義 住居論
建築計画論Ⅰ
建築設計論Ⅰ
造園学
建築計画論Ⅱ
建築設計論Ⅱ
都市デザイン論
植栽デザイン論
ランドスケープ論
造園デザイン論
建築設計論Ⅲ
都市計画論
建築計画論Ⅲ
建築構造力学Ⅱ
保存再生論
近代建築論
造園計画論
造園施工管理論
庭園史
地域計画概論
土木工学
景観保全論
生態環境論
環境緑化論
建築論 
海外建築事情
選択科目 演習 構造意匠演習 建築計画演習Ⅰ★
環境デザイン演習Ⅰ☆
建築構造演習
建築計画演習Ⅱ★
環境デザイン演習Ⅱ☆
造園演習
測量演習
CGプレゼンテーション
建築環境芸術演習
実習 フィールドワーク実習Ⅰ 建築設計実習Ⅱ★
環境デザイン実習Ⅰ☆
フィールドワーク実習Ⅱ
建築設計実習Ⅲ★
環境デザイン実習Ⅱ☆
フィールドワーク実習Ⅲ
建築設計実習 Ⅳ★
環境デザイン実習Ⅲ☆
フィールドワーク実習Ⅳ
★建築分野専攻学生必須 ☆環境分野専攻学生必須
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。2013年度は変更になる予定です。
  • 建築分野
  • 環境デザイン分野
ページトップ