放送学科 アナウンスコース

「語る」アナウンサーから、「語る」技術を持つ放送人へ。

ニュースや実況中継などラジオやテレビの放送を中心に、声で情報や意思を伝える仕事がアナウンス。情報伝達手段としては最も長い歴史を持つ「語り」ですが、現代のマスコミュニケーションでは、特定の主張や意図が社会に大きな影響を与える場合があります。そのため技術はもちろん、幅広い知識を修得し、公平な目で社会を見て語る放送ジャーナリストとしての視点を養うことが大切。このコースでは、現在における最新のラジオ・テレビのアナウンスのあり方を学びます。聞きやすく魅力的な、個性あふれる語りを目標に、ニュース、CM、ナレーションなど原稿を使うケース、さらに状況描写やリポートなど「語り」の技術を持つ放送ジャーナリストとしての活動も学習していきます。

コース写真

教員ピックアップ

石川 豊子(いしかわ とよこ)放送学科長
TV局アナウンサー出身。トークスペシャリスト。ニュース・ワイドショーの司会経験を活かした「話し方・コミュニケーションの取り方」「言語・非言語・コミュニケーション」「古典芸能」が得意分野。イベント企画・運営や講演活動で活躍中。『国際花と緑の博覧会』企画・運営・実施、APEC大阪会議プレスセンター三千家『お茶席』プロデュースなど。

メディアを幅広く学ぶことで身につく
温度のある言葉やコミュニケーション力

放送学科は、メディアを幅広く学ぶことで社会で活躍する人間力を磨く場。なかでも学んでほしいのがコミュニケーションスキル。コミュニケーションは言語+非言語で構成されます。非言語とは笑顔や立ち居振る舞い、洞察力や思いやりの気持ち。言語+非言語で「温度のある言葉」が身につくことでコミュニケーションスキルも高まります。第一線で活躍するすばらしい先生方から、メディアという未知の分野を学ぶ楽しさも体験してください。
平野 啓子(ひらの けいこ)教授
1960年静岡県生まれ。語り部。大学在学中にミス東京に選出。卒業後『NHKニュースおはよう日本』などのキャスターや、大河ドラマ『毛利元就』の語りを務める。文化庁芸術祭大賞などの受賞歴多数。著書に『兼好に恋して徒然草に学ぶ』(あすとろ出版)など。

海外との言葉の壁を貫いた
真心と日本文学の「語り」

言葉に魂を吹き込み、その響きを届け、意味と感性を伝える「語り」の世界。日本文学や名エピソードの「語り」や「朗読」を通じて美しい日本語の豊かな語彙に触れ、心を学び、グローバルな知識、人格、思考、判断、実践的スキルを身につけます。
桑原 征平
小林 大作 (こばやしだいさく) 教授
大阪芸術大学放送学科卒業後、FMラジオのDJとしてデビュー。以降関西のラジオを中心に活動、一方TVでも「ズームイン!! 朝!」(日テレ系)の関西担当初代キャスターとして独特の話術で全国の顔となる。1978年度全日本ACC CMフェスティバルラジオ部門グランプリ作品ナレーション担当。
和沙哲郎
和沙哲郎 教授(フリーアナウンサー)
1954年島根県生まれ。関西学院大学卒業後、朝日放送に入社。長らくスポーツアナウンサーとして活躍した後、管理職として後進の指導にあたる。現在はフリーランスで幅広く活躍中。

アナウンサーの仕事は人間勝負。趣味を広げて人としての幹を育てよう。

アナウンサーの仕事は人間勝負。趣味を広げて人としての幹を育てよう。
アナウンサーに求められるのは技術だけではありません、むしろ人間勝負!私自身、学生時代から今に至るまで好きなスポーツや音楽にめいっぱいチャレンジし、楽しみながら学んできました。
私の授業では、スポーツ・報道・特番など、あらゆる番組の編成から制作までの話をするとともに、アナウンサーのおもしろさと基本を伝えます。みなさんには様々なことに興味を広げて、大樹となるための幹を大きく太く育ててほしい。それが魅力あるアナウンサーになる資質を育てることにつながります。ともに学びましょう!
馬場 典子(ばば のりこ)教授
1974年東京都生まれ。フリーアナウンサー。早稲田大学卒業後、日本テレビ放送網株式会社にアナウンサーとして入社。ニュースからバラエティ、スポーツまで、幅広い分野を担当し活躍。その後、2014年よりフリーに転向する。現在、CBCテレビ『ゴゴスマ〜 GoGo! Smile!〜』に出演。またBS日テレ『歌謡プレミアム』(毎週月曜20:00~20:54放送)の司会を務める。

すべてを学びに変えて
人間力を高めていこう

放送業界に入り20年が経ちましたが、自分の目で見て、聞いて、触れて、体験して、感じて、考える日々は、アナウンサーの土台となる人間力を高めてくれました。人生、成功よりも失敗から、勉強だけじゃなく遊びからも、先生からだけじゃなく友人たちからも、学べます。教科書以外の教科書をどれだけ見つけられるかは、自分次第。教えてもらうのではなく、自ら学び取る姿勢で、人間力を磨いていきましょう。
石澤 典夫(いしざわ のりお)教授
1952年横浜市生まれ。1976年NHK入局。『ニュース9』『ニュース7』『おはよう日本』キャスター、『新日曜美術館』『さかのぼり日本史』など報道・美術・教養番組を担当。現在フリーアナウンサーとして『ラジオ深夜便』ほかナレーション、講演でも活躍中。

話すことにも訓練がいる!
言葉遣いで「人間力」が試される!

『話す』『聞く』『読む』という日本語の持つ『ことば力』は、漫然としていては身につきません。授業では正しく豊かな話し言葉の獲得をめざします。それは同時に、社会人としても求められる、確かなコミュニケーション・ツールを身につけることにもつながるのです!

授業風景

  • アナウンス実習Ⅰ
    アナウンス実習Ⅰ
  • アナウンス実習Ⅰ
    アナウンス実習Ⅰ
  • アナウンス実習Ⅱ
    アナウンス実習Ⅱ

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 放送概論
放送の歴史
放送技術概論
アナウンス概論
放送番組論
声と言語
演習 文章・音声表現演習 演習Ⅰ 演習Ⅱ
実習 技術基礎実習 アナウンス実習Ⅰ アナウンス実習Ⅱ
卒業制作 卒業論文・制作
選択
必須科目
講義 マスコミュニケーション概論
広告概論
声優学概論
漫画・アニメーションの歴史
日本映画の歴史
外国映画の歴史
ドキュメンタリー論
報道取材論
番組制作論
放送映像論
放送音響論
放送脚本論
放送演出論
放送の美術と照明
マーケティング
広告の企画と表現
広報論
調査論
放送特講A
放送特講B
メディア論
放送の法規と倫理
国際コミュニケーション論
現代マスコミ論
声のキャラクター論
デジタル情報論
放送特講C
放送特講D
放送特講E
放送特講F
演習 放送脚本演習
文章表現演習
時事英語Ⅰ
広告表現演習
広告計画演習
時事英語Ⅱ
実習 制作実習Ⅰ
広告実習Ⅰ
デジタル映像実習Ⅰ
制作実習Ⅱ
広告実習Ⅱ
デジタル映像実習Ⅱ
選択科目 演習 放送制作演習A
放送制作演習B
放送制作演習C
放送制作演習D
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 制作コース
  • アナウンスコース
  • 広告コース
  • 声優コース
ページトップ