キャラクター造形学科 ゲームコース

エンターテインメントを牽引するゲーム制作の未来を創造する。

ゲームの歴史やハードの機種の変遷をひも解きながら、娯楽エンターテイメントを牽引するメディアとしてのゲームの魅力や役割・可能性を分析・考察します。また、ゲーム制作ソフトの操作方法を修得しながら、実際にオリジナルゲームの開発にも取り組みます。ゲームコンテンツにおいてもキャラクターは重要な存在。魅力的なゲームのためにも、キャラクターについての知識と開発技術を自分のものにします。また、なぜ人はゲームに興じることで、楽しさや喜びを得ることができるのかなど、ゲーム開発の根本にあるものを探りながら、ゲーム制作に必要な知識と技術を学ぶ姿勢も大切にしています。

コース写真

教員ピックアップ

細田 伸明(ほそだ のぶあき)教授 (ゲームクリエイター)
アニメーション技術にこだわり、そのノウハウを活かしたCG映像制作、ゲーム開発に従事。主な作品は『未来少年コナン』『名犬ジョリィ』など。

ゲームとは何かを知り、創造するための土台を身につける。

本コースでは、4年間を通してゲーム開発の基礎体力の養成とゲームの可能性を追求します。
ゲームの歴史や概論を学びながら、ゲームの世界観をデザインし、4年生では今まで経験したことのないゲームを考案することが目標となります。
ゲームではあまり表現されていない敵のキャラクターにフォーカスしたドラマをつくることで、新しいゲームの世界が構築されるかもしれません。
ゲームとは何なのかを考えていく4年間。卒業後、ものづくりを続けるための土台を養うことができるはずです。
『ギャラクシアン3』

©NBGI

授業風景

  • CG基礎演習
    CG基礎演習
  • CG応用演習
    CG応用演習
  • ゲームデザイン実習Ⅰ・Ⅱ
    ゲームデザイン実習Ⅰ・Ⅱ

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 キャラクター原論Ⅰ
構成の基礎
メディア基礎
ゲーム概論
キャラクター原論Ⅱ
文章表現論
マーケティング
キャラクターと著作権
演習 原作演習
CG基礎演習
ゲームシナリオ
実習 キャラクター造形基礎 ゲームデザイン実習Ⅰ ゲームデザイン実習Ⅱ 卒業制作
選択
必須科目
講義 メディア文化論
漫画・アニメーションの歴史
アニメ総論
漫画創作の表現
フィギュア制作論
クリエイティブ概論
色彩の基礎(色彩構成)
出版・編集の方法
広告の企画と表現
プロデュースの方法
アニメーションの世界Ⅰ
アニメーションの世界Ⅱ
絵本の表現
取材の方法
演習 漫画研究
漫画批評の方法
IT基礎研究
イラストレーション
エディトリアル演習Ⅰ
デジタルコミック演習
アニメーション技術演習
CG応用演習
立体造形演習Ⅰ
DTP演習
プレゼンテーション
メディアミックス
エディトリアル演習Ⅱ
CG映像制作
立体造形演習Ⅱ
選択科目 実習 漫画制作実習Ⅰ
アニメーション実習Ⅰ
フィギュア制作実習Ⅰ
漫画制作実習Ⅱ
アニメーション実習Ⅱ
フィギュア制作実習Ⅱ
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 漫画コース
  • アニメーションコース
  • ゲームコース
  • フィギュアアーツコース
ページトップ