美術学科 油画コース

あらゆる表現の理論と技法を学び、自分の表現を見つけ、自分らしさを磨く場へ。

油画には、歴史上の多くの画家たちが挑戦し、生み出し、練り上げていった多くの技法があります。本コースでは、まず「絵画概論」などの講義で基礎知識を養いながら、同時に油画実習において技術の上達を図ります。
デッサンやイメージ表現を十分に学んだ後、「具象画」「抽象画」「新しい素材や表現を取り入れた領域の絵画」の3分野に分かれ、近代的な表現領域に関しては20世紀以降の芸術展開を参考にしながら、それぞれに特有の表現方法を身に付けます。3分野ともに、描法の向上を目指すことはもちろん、感性や表現方法に磨きをかけ、自分らしい表現を発見し、卒業制作に向けて邁進します。

コース写真

授業風景

  • 油画実習Ⅰ
    油画実習Ⅰ
  • 油画実習Ⅲ
    油画実習Ⅲ
  • 油画実習Ⅲ
    油画実習Ⅲ

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 美術論
絵画概論
実習 油画実習Ⅰ
日本画実習Ⅰ
版画実習Ⅰ
彫刻実習Ⅰ
油画実習Ⅱ 油画実習Ⅲ 油画実習Ⅳ
卒業制作 卒業制作・論文
選択
必須科目
講義 日本美術史 東洋美術史
美術特論Ⅰ
美術特論Ⅱ
美術特論Ⅲ
選択科目 講義 彫刻概論 美術解剖学
デザイン史
演習 デッサン演習 デジタルアートⅠ 材料演習
デジタルアートⅡ
実習 特殊美術実習Ⅰ 特殊美術実習Ⅱ
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 油画コース
  • 日本画コース
  • 版画コース
  • 彫刻コース
ページトップ