音楽学科 音楽教育コース

社会が欲している音楽で、社会が求めている人になる。

音楽教育者を育成するためのコースです。教職課程科目を含むカリキュラムを設置し、音楽演奏の専門学習と、音楽教育・指導のための学習を効率よく両立することができることが特長です。「音楽とは?」を学び、人に伝えるための基本的な素養を身に付けた後、確かな音楽指導のための演奏技術と指導法の理解を深めていきます。その上で、知識や技術を教えるだけでなく、心に響く音楽の魅力を発信できる教育者・指導者を目標に、指導技術をマスターするための訓練にウエイトをおいています。いま学校教育、幼児教育、生涯学習など、音楽教育者・指導者が多方面で求められています。幅広い分野で活躍できる指導力を伸ばしながら、自らの人間性を磨き、子どもたちをはじめ教わる側から信頼される指導者を養成しています。

コース写真

教員ピックアップ

前川 陽郁 ( まえかわ はるか ) 教授 (音楽学者)
大阪大学から博士(文学)の学位取得。専門は音楽学、美学。

音楽はなぜ必要か? 教育者をめざすならその答えを探そう。

音楽はなぜ必要なのか? 音楽学者である私がこれまでずっと自分に問い続けてきたテーマです。教育者をめざす学生にも、講義を通してこの問いの答えを探してもらいたいと思います。現代の学校教育において、音楽はあまり重要な位置にありません。だからこそ、音楽に対する自分なりの想いや哲学がなければ、そのすばらしさを人に教えることはできないのです。
音楽の持つ色彩を楽しみ、その魅力を伝えるには、音楽を多角的に分析することも必要です。ひとつの考え方に固執せず、常に〝疑う〟姿勢を持って、柔軟に勉強に励んでください。

授業風景

  • 教育ピアノ
    教育ピアノ
  • ピアノコード奏
    ピアノコード奏
  • アンサンブル1~4
    アンサンブル1~4

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 音楽通論 
音楽教育学
日本音楽の歴史と理論
西洋音楽の歴史と理論
楽式論
音楽指導基礎理論
演習 ソルフェージュ1
基礎和声法1
合唱1
情報音楽基礎演習
ソルフェージュ2
基礎和声法2
基礎作曲法
鍵盤和声法
指揮法
音楽教育学演習1
音楽教育学演習2
実技・
実習
教育ピアノ1
教育声楽1
教育管弦打楽器1
邦楽1
教育ピアノ2
教育声楽2
音楽マネージメント
身体表現1
器楽合奏法
卒業制作 卒業論文
選択必須
科目
講義 音楽とテクノロジー
民族音楽学
情報楽器学
ポピュラー音楽概論
教育学概論
教育心理学
教育方法論
生徒指導論
音楽科指導法Ⅰ
道徳指導法
管弦楽論
オペラ論
教育社会学
特別活動指導法
教育相談
音楽科指導法Ⅱ
音楽科指導法Ⅲ
人権教育論
鍵盤音楽論
日本音楽様式論
西洋音楽様式論
楽曲分析
現代音楽論
演習 雅楽
ドイツ歌曲研究
イタリア歌曲研究
オペラ研究1
合唱2
ガムラン演習
ピアノコード奏
日本語表現法
日本歌曲研究
フランス歌曲研究
オペラ研究2
合唱3
音楽資料研究
音楽教材研究
対位法
演奏技法演習
オラトリオ演習
オペラ研究3
教職実践演習(中・高)
教育実習Ⅰ
鍵盤楽器指導法
声楽指導法
管弦打楽器指導法
合唱指導法
アンサンブル指導法
合唱4
編曲法
オペラ研究4
実技・
実習
アンサンブル1
吹奏楽1
教育管弦打楽器2
ギター1
邦楽2
ポピュラーアンサンブル1
アンサンブル2
吹奏楽2
教育ピアノ3
教育声楽3
教育管弦打楽器3
ギター2
電子オルガン
電子キーボード
パイプオルガン
チェンバロ
邦楽3
身体表現2
ポピュラーアンサンブル2
オーケストラ
アンサンブル3
吹奏楽3
教育実習Ⅱ
教育実習Ⅲ
教育ピアノ4
教育声楽4
教育管弦打楽器4
アンサンブル4
吹奏楽4
卒業制作 卒業演奏
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 音楽・音響デザインコース
  • 音楽教育コース
ページトップ