映像学科 研究分野

映画 創造力、表現力、技術力。実体験できる映画製作の醍醐味

16ミリフィルムによる映画制作の全過程を体験し、修得します。シナリオ制作・撮影・音楽など、どれもが感性を刺激する面白い作業ばかり。
特に、映像撮影の基本となるカメラの構造と機能、フレームのフォーマットとカメラサイズ、レンズの特性、フィルムの種類と性格、フィルターの働き、基本照明、露出、現像所との関係については、実際の撮影作業を体験しながら学んでいきます。

分野写真

映像 「わかりやすい作品」とは何か? を感じてくる。

3・4年次の2年間で、10~20分の短編ドラマなどをつくります。短編制作は長編とは異なる難しさがあります。「短編ドラマとは何か」を充分に考慮した素材を選定した上で、脚本を執筆し、制作を進めることが大切です。また映像作品の成否を決める企画やシナリオを重視し、作者の思いやねらいを、いかに見る人に理解させるか、つまり「わかりやすい作品」という、プロの作品への扉を開けることを中心とした指導がおこなわれます。

分野写真

シナリオ いい「映画の設計図」を生み出す、そのためのすべてとともに。

良いシナリオが無ければ、良い映画はできません。まず基本的シナリオ技術と手順を講義や個人面接で身に付けます。そして15分作品の企画書と構成。次のステップで30分作品の企画書と構成に取り組みます。シナリオ技術を身に付けながら、シナリオの完成に至る様々な問題の解決策を自らクリアしていく力を養うことを目指して、担当教員の細やかな指導のもと「映画の設計図」を創作します。

分野写真

映像学 いままでと、これからの映像と映像ビジネスが、ここに。

映像学は、他の学問との連携の上に成り立っています。そのために映像史・作家論・作品論・ジャンル論・様式論・メディア論など、研究テーマが幅広く、論文での卒業を考える学生には特に重要といえます。 映像を通じて先達の知恵と創造力に感慨を深める一方、これからの時代に必要とされる映像について、その商業性も含めて客観的に探っていきます。
原作を選ぶ、キャスト・スタッフを決める、予算の立て方など現実に作られている映画の企画書を自分の手でつくるプロデューサーへの道を具体的に学びます。

分野写真

教員ピックアップ

大森 一樹(おおもり かずき)映像学科長
1952年大阪府生まれ。映画監督。高校時代から8ミリ映画を撮りはじめ、1977年シナリオ『オレンジロード急行』で城戸賞受賞。翌年同映画化で劇場映画監督デビュー。『ヒポクラテスたち』、『風の歌を聴け』、『恋する女たち』(日本アカデミー賞優秀脚本賞、優秀監督賞をダブル受賞)、『ベトナムの風に吹かれて』など30本近い作品を手がける。日本映画監督協会理事。

映画史120年の間に培われてきた
映像の文法とルールを学ぼう

進化するデジタル化により誰でも簡単に映像をつくれるようになりました。しかし、伝統のなかで培われてきた映像の文法やルールは、簡単に身につくものではありません。映像学科では、映画の歴史をつくってきたフィルムを用いた撮影技術を継承するとともに、新時代の映画づくりに挑戦できる環境も設けています。そして、つくり手に大切なのはコミュニケーション。多くの実習で先生や仲間と意思疎通をはかり徹底的に力をつけていきます。人への好奇心と想像力とともに、映画・映像制作の理論と実践を学んでいきましょう。
佐々木原 保志(ささきばら やすし)教授
1950年北海道生まれ。撮影監督。『ISAMI』(1982年)で撮影監督デビュー後、『その男、凶暴につき』1989年、『無能の人』1991年、『東京日和』1997年、『チーム・バチスタの栄光』2008年、『ハナミズキ』2010年など。日本映画撮影監督協会(JSC)副理事長。

さまざまな失敗や挫折にめげず
強い個性を磨き上げてほしい

社会性、協調性、柔軟性、応用力……。映像学科で身につくことはさまざまにあると思います。モラトリアムの枠から抜け出たときに味わう数々の失敗や挫折にめげずに、強い個性を磨いてほしいと思います。そして、在学中によき仲間を多く得て、自らの人生に誠実であってください。それが将来の財産になるはずです。
田中 光敏(たなか みつとし)教授
1958年北海道生まれ。映画監督。CMディレクターとして数多くの作品を手がけ、2001年『化粧師』で映画監督デビュー。『清霊流し』、『火天の城』、『利休にたずねよ』(モントリオール世界映画祭最優秀芸術貢献賞)、『サクラサク』など作品多数。最新作の『海難1890』は、念願の海外(トルコ)との合作映画。この作品で、第39回日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。

ものづくりに必要なコミュニケーション力を
養うための4年間にしよう

大阪芸大には、さまざまな専門性を持った先生や学生がいます。そこで、学科や学年の垣根を超えてものづくりをすれば、ひとりでは実現不可能なものも生み出すことができます。その際に必要となるのはコミュニケーション能力です。同じ学科の仲間たち、他学科の学生たち、そして先生たちと意思疎通をする。これは言葉で言うと簡単なことのように思えるかもしれませんが、じつはとても難しいことです。ぜひこの能力を大学生活のなかで養ってください。
西岡 琢也(にしおか たくや)教授
1956年京都府生まれ。脚本家。関西大学法学部卒。大学在学中より、井筒和幸監督の助監督として映画製作に携わる。1979年に脚本家デビュー。『ションベン・ライダー』、『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』、『はやぶさ 遥かなる帰還』など、多くの作品を手がける。『沈まぬ太陽』、『秋深き』では、おおさかシネマフェスティバル脚本賞を2年連続で受賞。

読解力、文章力を高めながら
映画のシナリオづくりを段階的に学ぶ

シナリオは文章を綴る作業ですから、小説などの文章をよく読み、読解力や文章力を高める必要があります。もちろん、映像で語られる物語=映画をたくさん鑑賞することも重要です。映像学科では、各学年で必ずシナリオが学べるよう授業を用意。学年が上がるごとに枚数を増やしながら段階的にシナリオを学ぶことができます。その充実度は、ほかの映像系大学・学校に比べても突出しています。ぜひこの環境を活かして学んでください。
中川 滋弘(なかがわ しげひろ)教授
1952年三重県生まれ。映画プロデューサー。東京大学卒業後、松竹株式会社入社。山田洋次監督の『学校』シリーズをはじめ『釣りバカ日誌』シリーズのほか『怖がる人々』、『熱帯楽園倶楽部』、『マークスの山』、『岸和田少年愚連隊』、『御法度』などをプロデュース。

特撮の第一歩は洞察力を鍛えること。
映画全般を好きになろう!

私の授業では、120年を誇る映画の歴史はもちろん、映画のいろはや就職のことまでを伝えたいと思っています。もし映像の道を志す気持ちがあるのなら、多くの作品を観て想像力を鍛えてください。その力を身につけることで、他者に伝達するスキルとハートは磨かれていきます。
「マークスの山」
「御法度」

尾上 克郎(おのうえ かつろう)客員教授
1960年鹿児島県生まれ。特撮監督。映画、TV、舞台の美術や特殊効果を経て、1985年(株)特撮研究所に参加。話題の『シン・ゴジラ』が記憶に新しい。主な作品に『ガメラ3』『陰陽師Ⅱ』『西遊記』『のぼうの城』『巨神兵東京に現る』『進撃の巨人』など。

特撮の第一歩は洞察力を鍛えること。
映画全般を好きになろう!

「町を歩く人の表情」「道路のつくり方」「車が動く仕組み」…。日常の風景で洞察力を磨いてください。大切なのは映画全般を好きでいること。最新技術と昔ながらの技術を使い観客を驚かす方法を考えよう!
三池 敏夫(客員教授)客員教授
1961年熊本県生まれ。日本映画・テレビ美術監督協会会員。フリーランスを経て2007年に(株)特撮研究所に復帰。主な作品に『ゴジラVSキングギドラ』『ゴジラVSモスラ』、最新の『シン・ゴジラ』などのゴジラシリーズ、平成ガメラシリーズなど。

水槽の雲や布団の綿でつくる雲海。楽しみながら特撮の基礎を学ぶ

特撮現場で使われるミニチュアを扱い、最終日にはミニチュアセットを使った撮影実習を予定。水槽の中に絵具を垂らしてつくる「水槽の雲」、布団の綿で作る雲海。アナログの魅力を実感できワクワクしますよ!
濱名 一哉(はまな かずや)客員教授
1956年東京都生まれ。映画プロデューサー。大阪芸術大学文芸学科在学時から自主映画活動を開始。卒業後、プロデューサー山本又一朗氏に師事。TBSを経てワーナー・ブラザース邦画事業部エグゼクティブプロデューサー。主な作品に『NANA』『日本沈没』『図書館戦争』『のぼうの城』『I CHI 』『先生!、、、好きになってもいいですか?』など。

失敗のなかで見つけたものが、いつか財産に

映像学科では、実写映画だけでなく、アニメやゲーム、CMなど映像に関わるさまざまなことを学ぶことができます。ぜひ失敗を恐れずにチャレンジしてください。そのなかで、映画づくりに必要な創造力とコミュニケーション力は自然と培われていきます。
スクリーミング・マッド・ジョージ 客員教授
1956年大阪生まれ。トータルメディア・シュールレアリスト。ニューヨークの芸術大学でファインアートを学び、その後「特殊メイク」の技術を独学で身につける。『エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃』や『ポルターガイスト2』、『プレデター』など数々の映画に携わる。1991年には実写映画『ガイバー』、2005年に『BOY IN THE BOX』の監督も務めた。

特殊美術をマスターして
みんなを驚かせてみよう!

僕がハリウッドで身につけた特殊メイクや特殊造形の技術は、つくりものを本物と錯覚させるほどのリアリズムが原則です。複雑な作品を制作するには時間が少ないですが、その分、時間外に続けられるようにしています。すごい作品を完成させたいという学生には貴重な経験になるはずです。
佛田洋(ぶつだ ひろし)客員教授
特撮研究所代表。『地球戦隊ファイブマン』で初監督後、スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズを手掛ける。代表作は『男たちの大和/YAMATO』(2005年)。受賞歴に日本アカデミー賞特殊映像技術賞がある。

実践のなかで成功と失敗を繰り返しながら、 撮影に必要なスキルを身につけていこう。 映画制作におけるチームワークの重要性は普遍です。

技術の進歩によって、今はCGでどのような映像でもつくれるようになりました。そのなかで特撮の魅力を語るとすれば、様々な条件が重なるとコンテ以上のものが撮影できるという点でしょうか。その逆でまったくうまくいかないこともありますが、それもミニチュアを駆使して撮影する特撮の醍醐味。 失敗のなかからアングルや演出の技を学ぶこともできます。こうしたことは 言葉で簡単に教えられるものではありません。実際に撮影現場で体験しながら身につけていくものです。ですから、僕たち特撮スタッフと一緒に実践のなかで様々なことに挑戦していきましょう。それがきっと最大の学びになるはずです。
原 一男 (はら かずお)
原 一男 (はら かずお) 教授
1945年山口生まれ。映画監督。小林佐智子と共に疾走プロダクションを設立。「ゆきゆきて、神軍」(’87)で日本映画監督協会新人賞、パリ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ、ベルリン映画祭カリガリ映画賞など受賞。「全身小説家」(’94)で1994年キネマ旬報ベストテン1位、日本映画監督賞など受賞。

授業風景

  • ドキュメンタリー映像演習
    ドキュメンタリー映像演習
  • ドキュメンタリー映像論
    ドキュメンタリー映像論
  • 映画撮影Ⅱ
    映画撮影Ⅱ
  • 制作Ⅱ(アートアニメーション)
    制作Ⅱ(アートアニメーション)
  • 制作Ⅲ(アートアニメーション)
    制作Ⅲ(アートアニメーション)
  • 特殊美術実習Ⅰ
    特殊美術実習Ⅰ
  • シナリオⅠ
    シナリオⅠ
  • 広告映像演習Ⅰ
    広告映像演習Ⅰ
  • 広告映像論
    広告映像論
  • 制作Ⅱ(表現研究映像)
    制作Ⅱ(表現研究映像)
  • 基礎(表現映像)
    基礎(表現映像)
  • 映像特論Ⅱ(映画産業論)
    映像特論Ⅱ(映画産業論)

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 シナリオ創作論
基礎(表現映像)
演習 基礎(映像計画)
基礎(映像技術)
映画作法
実習 制作Ⅰ 制作Ⅱ 制作Ⅲ
卒業制作
選択
必須科目
講義 映像論
キャラクター原論Ⅰ
映画制作論
広告映像論
映像美術論
アニメーション論
日本映画の歴史
ドキュメンタリー映像論
キャラクター原論Ⅱ
音響技術論
映画編集論
映画技術論
外国映画の歴史
プロデューサー論
映像特論Ⅰ
映像特論Ⅱ
映像特論Ⅲ
デジタル映像論
公共広告論
演習 製作研修Ⅰ 映画演出
作品分析
ドキュメンタリー映像演習 
ビデオ映像演習
映像美術Ⅰ
シナリオⅠ
映画撮影Ⅰ
映画編集Ⅰ
音響技術Ⅰ
アニメーションⅠ
広告映像演習Ⅰ
デジタル映像編集Ⅰ
デジタル合成演習Ⅰ
映像学演習
映画音楽
製作研修Ⅱ
映像美術Ⅱ 
シナリオⅡ
映画撮影Ⅱ
映画編集Ⅱ
音響技術Ⅱ
アニメーションⅡ
広告映像演習Ⅱ 
デジタル映像編集Ⅱ
デジタル合成演習Ⅱ
シナリオⅢ
実習 特殊美術実習Ⅰ 特殊美術実習Ⅱ
※このカリキュラムは2012年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますので、ご注意ください。
  • 映画
  • 映像
  • シナリオ
  • 映像学
ページトップ