映像学科 研究分野

映画 創造力、表現力、技術力。実体験できる映画製作の醍醐味

16ミリフィルムによる映画制作の全過程を体験し、修得します。シナリオ制作・撮影・音楽など、どれもが感性を刺激する面白い作業ばかり。
特に、映像撮影の基本となるカメラの構造と機能、フレームのフォーマットとカメラサイズ、レンズの特性、フィルムの種類と性格、フィルターの働き、基本照明、露出、現像所との関係については、実際の撮影作業を体験しながら学んでいきます。

分野写真

映像 「わかりやすい作品」とは何か? を感じてくる。

3・4年次の2年間で、10~20分の短編ドラマなどをつくります。短編制作は長編とは異なる難しさがあります。「短編ドラマとは何か」を充分に考慮した素材を選定した上で、脚本を執筆し、制作を進めることが大切です。また映像作品の成否を決める企画やシナリオを重視し、作者の思いやねらいを、いかに見る人に理解させるか、つまり「わかりやすい作品」という、プロの作品への扉を開けることを中心とした指導がおこなわれます。

分野写真

シナリオ いい「映画の設計図」を生み出す、そのためのすべてとともに。

良いシナリオが無ければ、良い映画はできません。まず基本的シナリオ技術と手順を講義や個人面接で身に付けます。そして15分作品の企画書と構成。次のステップで30分作品の企画書と構成に取り組みます。シナリオ技術を身に付けながら、シナリオの完成に至る様々な問題の解決策を自らクリアしていく力を養うことを目指して、担当教員の細やかな指導のもと「映画の設計図」を創作します。

分野写真

映像学 いままでと、これからの映像と映像ビジネスが、ここに。

映像学は、他の学問との連携の上に成り立っています。そのために映像史・作家論・作品論・ジャンル論・様式論・メディア論など、研究テーマが幅広く、論文での卒業を考える学生には特に重要といえます。 映像を通じて先達の知恵と創造力に感慨を深める一方、これからの時代に必要とされる映像について、その商業性も含めて客観的に探っていきます。
原作を選ぶ、キャスト・スタッフを決める、予算の立て方など現実に作られている映画の企画書を自分の手でつくるプロデューサーへの道を具体的に学びます。

分野写真

教員ピックアップ

佐々木原 保志(ささきばら やすし) 教授 (撮影監督)
『ISAMI』(1982年)で撮影監督デビュー後、『その男、凶暴につき』(1989年)、『GONIN』(1995年)、『東京日和』(1997年)、『チーム・バチスタの栄光』(2008年)、『甘い鞭』(2013年)など、多くの映画を手掛ける。

映画制作におけるチームワークの重要性は普遍です。

映画は、人間同士がぶつかり合って、様々な葛藤があって完成にいたるものです。デジタル機器の革新が進んでいる現在では、非効率的に感じるかもしれません。しかし、そうしたコミュニケーションを避けて、いい作品は生まれないのです。本学科には、アナログ、デジタルの機材が揃っています。現在だけでなく、100年以上の映画の歴史を体験し、学ぶことができる環境が整っているのです。そのなかで、仲間とぶつかり合い、いい作品を手にしてもらいたいですね。
スクリーミング・マッド・ジョージ(すくりーみんぐ・まっど・じょーじ) 客員教授 (特殊メイク・特殊造形アーティスト、映像監督、シュールリアリスト)
18歳で渡米、ニューヨークの芸術大学を卒業後、ハリウッドへ。『ポルターガイスト2』(1986年)で映画界入りし、1987年に特殊メイクの会社を設立。
『エルム街の悪夢4』などの映画やマリリン・マンソンなどのミュージックビデオで特殊メイク・特殊造形で活躍。1991年に実写映画『ガイバー』を監督する。

あり得ないものをいかにリアルに制作するか?そのテーマに沿って特殊美術を学んでいく。

中学2年生のとき、サルバドール・ダリの絵を観てシュールリアリズムに没頭した僕は、この表現で最も重要な技術がリアリズムであると提唱してきました。このリアリズムという概念は、映像の世界で必要不可欠です。SFやホラーに登場するエイリアンや怪物たちが実在しているように表現しないと映画そのものがぶち壊しになってしまいます。
僕がハリウッドで身につけた特殊メイクや特殊造形の技術は、つくり物を本物と錯覚させるほどのリアリズムが原則です。想像したイメージをリアルに実現させ、みんなを脅かしてみたくありませんか?
西岡 琢也(にしおか たくや) 教授 (脚本家)
大学在学中より、映画製作に携わり、1979年脚本デビュー。『ションベン・ライダー』『金田一少年の事件簿』(アニメ)『沈まぬ太陽』など、現在にいたるまで多くの作品を手掛けている。

映像の根幹、シナリオに具体性がなければ、映像は完成しない。

シナリオにおいては登場人物や設定に、具体性を持たせる必要があります。人の表情は? 部屋に何を置く? そういった細部までを、シナリオがはっきりと提示して初めて、現場でスタッフが動くことができます。まさに映像作品の根幹をなしているのです。
本学科では、ほかの映像系大学に比べて、シナリオに関わる授業が充実しており、指導も個別で行います。まさに学ぶのにぴったりな環境といえます。
ただし、私の授業では、課題は原稿用紙に手書きが基本。そこは覚悟してください!
大森一樹(おおもりかずき)映像学科長
大森 一樹 (おおもりかずき) 映像学科長
機器が発達したおかげで、映像を自由に楽しむ人は増えました。しかし、映像に込められた数多くの情報やメッセージを受け手に伝えるには、「映像言語」とでも言うべきルールや文法、表現の方法論を駆使することが必要です。今や映像は、世界をつなぐコミュニケーションツールとして社会のあらゆる分野で重要な役割を果たしています。映像学科では、多彩な専門領域の教授陣と充実した施設設備のもと、映像言語を身につけた映像のプロとしての未来を追究します。
京都府立医科大学卒業。大学在学中の1977年、「オレンジロード急行」で城戸賞受賞。翌年に商業映画監督としてデビューする。以来、30本近い劇場映画を監督する。「ヒポクラテスたち」「風の歌を聴け」「恋する女たち」「ゴジラvsビオランテ」「わが心の銀河鉄道~宮沢賢治物語」など多数の作品がある。最新作は、2011年の「津軽百年食堂」。日本映画監督協会理事。
中川滋弘(なかがわ しげひろ)
中川 滋弘 (なかがわ しげひろ) 教授
60年前の「東京物語」が世界一だと評価される一方で、現今の映画は出来るそばから消えていく。ひとつのディスプレイで新聞、書籍、TV、ゲーム、映画を見ることができる時代は、すべてのメディアがデジタル・データで溶解する。いまこそ、「そもそも映画とは何だったのか」を問い直す必要がある。
主な映画プロデュースの実績として、「男はつらいよ」シリーズ(山田洋次監督)、「釣りバカ日誌」シリーズ(栗山富夫監督)、「学校」シリーズ(山田洋次監督)、「御法度」(大島渚監督)、「あ、春」(相米慎二監督)、「夢見通りの人々」(森崎東監督)、「女ざかり」(大林宣彦監督)、「夢の女」(坂東玉三郎監督)、「怖がる人々」(和田誠監督)、「岸和田少年愚連隊」(井筒和幸監督、三池崇史監督)、「熱帯楽園倶楽部」(滝田洋二郎監督)、「コキーユ」(中原俊監督)、「マークスの山」(崔洋一監督)、「傷だらけの天使」(阪本順治監督)など。
  
原 一男 (はら かずお)
原 一男 (はら かずお) 教授
1945年山口生まれ。映画監督。小林佐智子と共に疾走プロダクションを設立。「ゆきゆきて、神軍」(’87)で日本映画監督協会新人賞、パリ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ、ベルリン映画祭カリガリ映画賞など受賞。「全身小説家」(’94)で1994年キネマ旬報ベストテン1位、日本映画監督賞など受賞。
佛田洋 客員教授(特撮監督)
特撮研究所代表。『地球戦隊ファイブマン』で初監督後、スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズを手掛ける。代表作は『男たちの大和/YAMATO』(2005年)。受賞歴に日本アカデミー賞特殊映像技術賞がある。

実践のなかで成功と失敗を繰り返しながら、 撮影に必要なスキルを身につけていこう。 映画制作におけるチームワークの重要性は普遍です。

技術の進歩によって、今はCGでどのような映像でもつくれるようになりました。そのなかで特撮の魅力を語るとすれば、様々な条件が重なるとコンテ以上のものが撮影できるという点でしょうか。その逆でまったくうまくいかないこともありますが、それもミニチュアを駆使して撮影する特撮の醍醐味。 失敗のなかからアングルや演出の技を学ぶこともできます。こうしたことは 言葉で簡単に教えられるものではありません。実際に撮影現場で体験しながら身につけていくものです。ですから、僕たち特撮スタッフと一緒に実践のなかで様々なことに挑戦していきましょう。それがきっと最大の学びになるはずです。
田中光敏 教授(映画監督)
大阪芸術大学卒業後、電通映画社(現電通テック)、テレビマンユニオンCMを経て、クリエイターズユニオン設立。『利休にたずねよ』(2013年)でモントリオール世界映画祭ワールドコンペ部門最優秀芸術貢献賞受賞。

作り手の志や情熱がプラスされてこそ、 人の心を揺り動かすことができる。 商業映画のプロデュースにおいては、クリエイティブとビジネスのバランスが重要。

映像をつくるときに最も大切なのは、「何を伝えたいのか? 」を明確にすること。ただ、未熟なときはテクニックに走ることが多いんです。しかしその瞬間、作品は心を失い、誰かを感動させることは難しくなってしまう。見た人は、何よりも作り手の意志や生き様に心を動かされるからです。そして、よく「積み重ねる力は奇跡を起こす」と話すのですが、地道な努力を重ねることで不思議とチャンスは巡ってきます。ですから、大阪芸大で夢を大きく膨らませてください。社会に出て現実に打ちのめされたとしても、それが強さになる。その人を支え、前進させるのは情熱しかないのですから。
濱名一哉 客員教授(映画プロデューサー)
大阪芸術大学卒業後、映画監督の森谷司郎氏に師事。TBSを経て2015年にワーナー・ブラザーズ邦画事業部エグゼクティブプロデューサー。『NANA』『いま、会いにゆきます』『日本沈没』『劇場版SPECシリーズ』など話題作のプロデュースを手掛ける。

商業映画のプロデュースにおいては、クリエイティブとビジネスのバランスが重要。

映画をプロデュースする際には、普遍性・時代性・多様性、この3 つを常に考えています。その時代にしか生まれない映画であり、どの時代にも通用する映画。それでいて多様な価値観を持っていること。それらを備えた映画が大ヒットしたときはプロデューサー冥利に尽きます。映画プロデューサーは、クリエイティブとビジネスのバランスが重要視されるポジション。講義では具体例をもとに、そのせめぎ合いも見せられたらと思っています。
私自身、本学の卒業生ですが、ここで出会った仲間は今も大きな財産です。みなさんも生涯の仲間と出会ってほしいですね。

授業風景

  • ドキュメンタリー映像演習
    ドキュメンタリー映像演習
  • ドキュメンタリー映像論
    ドキュメンタリー映像論
  • 映画撮影Ⅱ
    映画撮影Ⅱ
  • 制作Ⅱ(アートアニメーション)
    制作Ⅱ(アートアニメーション)
  • 制作Ⅲ(アートアニメーション)
    制作Ⅲ(アートアニメーション)
  • 特殊美術実習Ⅰ
    特殊美術実習Ⅰ
  • シナリオⅠ
    シナリオⅠ
  • 広告映像演習Ⅰ
    広告映像演習Ⅰ
  • 広告映像論
    広告映像論
  • 制作Ⅱ(表現研究映像)
    制作Ⅱ(表現研究映像)
  • 基礎(表現映像)
    基礎(表現映像)
  • 映像特論Ⅱ(映画産業論)
    映像特論Ⅱ(映画産業論)

学生作品

  • 作品1
    拡大表示
  • 作品2
    拡大表示
  • 作品3
    拡大表示

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 シナリオ創作論
基礎(表現映像)
演習 基礎(映像計画)
基礎(映像技術)
映画作法
実習 制作Ⅰ 制作Ⅱ 制作Ⅲ
卒業制作
選択
必須科目
講義 映像論
キャラクター原論Ⅰ
映画制作論
広告映像論
映像美術論
アニメーション論
日本映画の歴史
ドキュメンタリー映像論
キャラクター原論Ⅱ
音響技術論
映画編集論
映画技術論
外国映画の歴史
プロデューサー論
映像特論Ⅰ
映像特論Ⅱ
映像特論Ⅲ
デジタル映像論
公共広告論
演習 製作研修Ⅰ 映画演出
作品分析
ドキュメンタリー映像演習 
ビデオ映像演習
映像美術Ⅰ
シナリオⅠ
映画撮影Ⅰ
映画編集Ⅰ
音響技術Ⅰ
アニメーションⅠ
広告映像演習Ⅰ
デジタル映像編集Ⅰ
デジタル合成演習Ⅰ
映像学演習
映画音楽
製作研修Ⅱ
映像美術Ⅱ 
シナリオⅡ
映画撮影Ⅱ
映画編集Ⅱ
音響技術Ⅱ
アニメーションⅡ
広告映像演習Ⅱ 
デジタル映像編集Ⅱ
デジタル合成演習Ⅱ
シナリオⅢ
実習 特殊美術実習Ⅰ 特殊美術実習Ⅱ
※このカリキュラムは2012年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますので、ご注意ください。
  • 映画
  • 映像
  • シナリオ
  • 映像学
ページトップ