本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。
キャラクター造形学科

アニメーションコース

アニメーションコース

作画技法を基礎から身につけ、CGや3D技法など高度な表現テクニックも学ぶ。動画編集や音響技術についても学習

ピックアップ授業

ヒットを生むキャラクター制作術 ヒットを生むキャラクター制作術

キャラクター原論Ⅰ・Ⅱ
キャラクター原論Ⅰ・Ⅱ
キャラクター原論Ⅰ・Ⅱ

キャラクター造形学科のコンセプトとなる「キャラクターとは何か?」を理解しながら、その重要性を学んでいく。さらにどのようなキャラクターをつくり、どう動かせばヒット作につながるかを検証する。

アニメの設計図であるシナリオ アニメの設計図であるシナリオ

アニメシナリオⅠ・Ⅱ
アニメシナリオⅠ・Ⅱ

映像表現としてのアニメーションの基本的な設計図であるシナリオの執筆作法、執筆技術を習得。実際にオリジナルのアニメシナリオを執筆する。

イメージを具体化するスキルを会得 イメージを具体化するスキルを会得

キャラクター造形基礎
キャラクター造形基礎
キャラクター造形基礎

魅力あるキャラクターを創作することは、世界観を創造する過程に於いて欠かせない重要な作業。イメージを具体化するスキルを会得し、描画によるオリジナルキャラクター制作の基礎・発展編を一年間に渡り学ぶ。

3Dの表現技法を身につける 3Dの表現技法を身につける

CG基礎演習
CG基礎演習

事例の紹介、3D空間の概念の認識、モデリング技術の習得、質感の設定技術の習得を経て、3次元制作環境下における発想力と表現方法を身につける。主に「Autodesk MAYA」「Adobe Photoshop」等を用いて制作演習を行う。

教員ピックアップ

アニメーション監督、脚本家、プロデューサー
髙橋 良輔
大好きという気持ちを信じ、創作に励もう

私自身、自分の特徴を出すために、映画や演劇に足を運び、アニメーションとは異なる感性を養ったり、雑誌や新聞を読み漁り、日常に隠れたストーリーを探したりしました。しかし、描いて、描いて、描き抜くことが大切なアニメーションにおいて、唯一無二の原動力は「好き!」という気持ちです。

1943年東京都生まれ。アニメーション監督、脚本家、演出家、プロデューサー。株式会社サンライズ創業期に最初のSF作品『ゼロテスター』の監督として活躍。代表作に『装甲騎兵ボトムズ』など。『ヤングブラックジャック』ではスーパーバイザーを務めた。
アニメーション監督、脚本家、演出家
桑原 智
何かを表現したい人はぜひアニメ制作を

『何かをつくりたい』『表現したい』『思いを伝えたい』。これらの気持ちさえあれば、あなたはアニメーション制作に向いています! 私たちプロが、企画、脚本、絵コンテ、絵を描くこと、色を塗ること、撮影、編集ソフトの使い方まで全力でサポートします!

1964年東京生まれ。アニメーション監督、脚本家、演出家。手塚プロダクションで制作進行、演出助手を経験。『ブラックジャック カルテⅪ・おとずれた思い出』『遊☆戯☆王ZEXAL』『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』などを監督。
アニメーション監督
博史 池畠
「好き」を形にするために力を貸します

世にアニメを好きな人は多い。その「好き」を理由にアニメをつくる人になりたいと思うのはよいことだと思います。ですがアニメをつくるにはそれなりの理屈と技術が必要です。あなたの「好き」を形にするために、僕らが何か力を貸せればいいなと思います。

大阪芸術大学映像学科卒業。東映アニメーション、プロダクションIG、GONZOなどのスタジオで監督を歴任。代表作に『ロボットガールズZ』『魔法陣グルグル』『それが声優』『キラッとプリ☆チャン』など多数。

学生作品

時間割の例

  • 理想的な1年生の時間割(前期)
    理想的な1年生の時間割(前期)
  • 理想的な1年生の時間割(後期)
    理想的な1年生の時間割(後期)
キャラクター造形学科入試情報(2021年度 学生募集要項)
募集人数:150 名
キャラクター造形学科では、漫画、アニメーション、ゲーム、フィギュアアーツの各分野でドラマやキャラクター表現を通じて、多くの人々に感動を与える存在になりたい人物を求める。
求める学生像
    • 学生時代を「能力と可能性を高め表現力を鍛える時期」と捉え自己研鑽できる人物
    • 自分の世界観を伝える技術、能力を高め、社会的視野を広げたい人物
    • キャラクター創造のための総合的な知識・技術を身につけたい人物
    • さまざまなメディアを使ったキャラクター・プロデュースに興味のある人物