本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。
Topics

NYセントラルパークを復興。エリザベス・バーロー・ロジャース先生の特別講義を開催 NYセントラルパークを復興。エリザベス・バーロー・ロジャース先生の特別講義を開催

建築学科 / 特別講義
2013/10/01

ニューヨーク市セントラルパークの復興を成し遂げられたエリザベス・バーロー・ロジャーズ先生からセントラルパーク開設に至るロマン主義の展開の歴史、セントラルパークのデザイン、荒廃から復興に至るプロジェクトの詳細を分かりやすくご講義頂きました。最後に先生は、このような巨大プロジェクトを導く力として、「Never Give Up!!」の精神が大切であることを学生にメッセージとして贈られていました。



プロフィール: Elizabeth Barlow Rogers (エリザベス・バーロー・ロジャーズ)
1979年、ニューヨーク市公園レクリエーション局にコッチ市長が創設した初代セントラルパーク管理官となる。また、セントラルパークの再生事業を行うために1980年に創設された官民共同のセントラルパーク管理財団の初代理事長となり、1996年まで双方の役職を務める。これらの役職を通じて、疲弊し、廃園の危機にあったセントラルパークの復興事業を導き、民間基金の導入などの手法を通じて、セントラルパークを見事に蘇らせることに成功した。現在、ランドスケープ研究財団理事長を務められている。