舞台芸術学科 演技演出コース

演技者として肉体的にも精神的にも、「生きた表現」を大切にする。

ひとつの舞台をつくるにあたって、演出者がなすべき事は何か。本コースでは演技・演出の本質を追究します。1年次では、演技表現の基礎となる体力づくりや発声・発音練習、感情表現の方法、セリフ術など、様々なトレーニングが用意されています。2年次には学内公演があり、演目の選出、キャストの決定、読み合わせの開始、立ち稽古、合同練習と、上演に向けて演技力を高めていきます。さらに3年次では学外公演、4年次では卒業公演に向けて、演技者として、演出者としての能力や技術を磨き、才能を開花させます。他者を演じることは、自分とは違った多様な人生を疑似体験すること。想像力を養うとともに豊かな人間性を育むことが可能なのです。

コース写真

教員ピックアップ

山本 健翔(やまもと けんしょう)教授
東京都生まれ。演出家。坂東玉三郎丈に多くを学び、ニューヨーク、テリー・シュライバー・スタジオで研修、公演にも参加。詩が交響し世界を問う作品を中心に演劇、ダンス、ショー、テーマパークと手掛ける分野は幅広い。翻訳、劇作、俳優、声優としても多くの作品に関わり、『俳優になるには』『声優になるには』『フレッド・アステア』などの著書もある。

本当の先生は実は自分のなか、
自分のまわりに!

舞台芸術の仕事のいいところは、苦しかったこと、辛かったこと、そのすべてが力になり、コンプレックスこそ自分の魅力の源泉になること。自分を取り巻くあらゆるもの、あらゆる出来事から学ぶことができるのです。その学び方を教えること、私の仕事はそれに尽きると思っています。
いのうえ ひでのり 教授
福岡県生まれ。演出家・劇作家。大阪芸術大学舞台芸術学科在学中の1980年に劇団☆新感線を旗揚げし、“新感線”という新たな舞台ジャンルを確立。日本演劇協会賞、千田是也賞、紀伊國屋演劇賞個人賞など多数の賞を受賞している。

やりたいことには
チャレンジするべき!

俳優は自分を客観視する必要がありますが、さらにそれを客観視するのが演出家の仕事です。現段階では演技が悪くても、手助けをすることが大事。舞台の世界は厳しいです。でも、不確かな時代だからこそ、やりたいことにチャレンジするべきだと思いませんか? 挑戦を恐れない人には、僕が全力で夢を叶えるお手伝いをします。
内藤 裕敬(ないとう ひろのり)教授
栃木県生まれ。大阪芸術大学在学中に南河内万歳一座を旗揚げ。2000年、OMS プロデュース『ここからは遠い国』で読売演劇大賞・優秀演出家賞。兵庫県立ピッコロ劇団『モスラを待って』(演出)・ 南河内万歳一座『ラブレター』で文化庁芸術祭・優秀賞。

演劇の謎を解くことに
夢中になって挑戦してほしい

演劇は、基礎がしっかりしていないと壁に突き当たったときに進む方向が見つからず、5年後、10年後につながりません。ですから、ゼロからスタートする覚悟を持つことが大切です。そうすることで、 自分の現在を知ることができると思います。興味の幅を狭めず、あらゆることに挑戦できたらいいですね。
橋本 じゅん(はしもと じゅん)教授
兵庫県生まれ。俳優。大阪芸術大学在学中『銀河旋風児SUSANOH』で劇団☆新感線初参加。代表作は『直撃!ドラゴンロック』シリーズ。多くの劇団公演のほかに、舞台・映画・ドラマなどで活躍中。2017 年5 月25 日よりミュージカル『レ・ミゼラブル』出演。

ステージに立つことは
「生きる」こと!

役者は、社会で「生きる」先にある道のひとつ。暮らしのなかで感じるこころと身体の動きを再現するだけです。他者との共生共感豊かな本大学生活は、表現力に圧倒的に直結します。大阪芸大で、その喜びを体験してください!

授業風景

  • 合同舞台演習Ⅰ
    合同舞台演習Ⅰ
  • 合同舞台演習Ⅱ
    合同舞台演習Ⅱ
  • 公演実習
    公演実習

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 舞台芸術概論 
戯曲史論
舞台芸術史Ⅰ
舞台芸術史Ⅱ
演劇論
演技演出論
演習 演技演出基礎研究
身体基礎演習
発声基礎演習
日本舞踊基礎演習
ギリシア劇を読む
合同舞台演習Ⅰ
海外近現代劇を読む
日本近現代劇を読む
合同舞台演習Ⅱ
近松に親しむ
劇場演習
実習 演技基礎実習
ヴォーカル基礎実習
バレエ基礎実習
ダンス基礎実習
演技実習
ミュージカル基礎実習
公演実習 卒業実習
卒業制作 卒業制作
選択
必須科目
演習 舞台監督研究Ⅰ
演出研究Ⅰ
狂言研究Ⅰ
お笑い研究
舞台監督研究Ⅱ
演出研究Ⅱ
狂言研究Ⅱ
選択科目 講義 劇場論
シアターマネジメント
ミュージカル論
舞踊論
ダンス論
舞台美術論
舞台音響効果論 
舞台照明論
演習 映像演技研究
メイクアップ演習
オーディオドラマ制作研究
実習 声楽1 声楽2 声楽3 声楽4
※このカリキュラムは2013年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 演技演出コース
  • ミュージカルコース
  • 舞踊コース
  • ポピュラーダンスコース
  • 舞台美術コース
  • 舞台音響効果コース
  • 舞台照明コース
ページトップ