本サイトはInternet Explorerには対応しておりません。Chrome または Edge などのブラウザでご覧ください。
放送学科

制作コース

制作コース

番組制作に必要な企画力・演出力・技術力のスキルを習得するため、講義でさまざまな理論を学び、実習で経験

ピックアップ授業

放送メディアならでの表現手法 放送メディアならでの表現手法

技術基礎実習
技術基礎実習
技術基礎実習

放送メディアでは、ビデオカメラなどの映像機器や、マイクなどの音声機器を用い物事を表現する。実際の放送設備や機材に直接触れ、さまざまな表現手法を模索する体験学習に取り組む。

演出の基礎と制作技術の向上 演出の基礎と制作技術の向上

制作実習Ⅰ
制作実習Ⅰ
制作実習Ⅰ

「ラジオ実習」「ドラマ実習」「ドキュメンタリー実習」「スタジオ実習」「中継実習」から選択し、番組を制作。機材操作や制作の心得を体得しながら、演出の基礎と制作技術の向上をめざす。

ドキュメンタリー&ドラマを制作 ドキュメンタリー&ドラマを制作

制作実習Ⅱ
制作実習Ⅱ

15分のドキュメンタリーや、30分のテレビドラマ、ラジオ番組を制作。大阪芸大グループ発の情報番組「大阪芸大テレビ」で放送する作品も制作し、実践的な学びのなかで、知識と技術を身につける。

魅力ある自分を見つける 魅力ある自分を見つける

エンターテインメント演習
エンターテインメント演習

グループワークを通してコミュニケーション能力を育みながら、表現者としての必須条件「心と身体の磨き方」を習得していく。オーディションや就職活動に役立つフリートークを軸にセルフプロモーション力を養う。

教員ピックアップ

演出家
松田 秀知
自分の夢に向かって真っ直ぐに歩いていけるか?

これから先、みなさんの前にはさまざまな壁が立ちはだかるでしょう。「何でこんなことをしてるんだろう?」と疑問を持つことも。しかし「まだ夢路の途中だ!」と前向きに捉え、困難すらも糧にして歩み続けること。それが放送業界で活躍するために必要なことです。この場で、前へ進んでいく力を蓄えましょう。

これから先、みなさんの前にはさまざまな壁が立ちはだかるでしょう。「何でこんなことをしてるんだろう?」と疑問を持つことも。しかし「まだ夢路の途中だ!」と前向きに捉え、困難すらも糧にして歩み続けること。それが放送業界で活躍するために必要なことです。この場で、前へ進んでいく力を蓄えましょう。
プロデューサー
森山 浩一
テレビをおもしろくする同志、捜しています

最近のテレビはおもしろくない、と言う人が結構いる。果たしてそうなのか? 僕はテレビを見て育ち、さらに40年間テレビに身を委ねてきた。だから、やっぱりテレビはおもしろくあってほしい。僕は同志を求めている。その同志をこの南河内に見つけられたら素敵だなと思う。

1955年京都市生まれ。1978年京都大学卒業後、朝日放送入社。『ラブアタック!』『部長刑事』『ナイトINナイト(火)~オッチャンVSギャル』、土曜ワイド劇場『京都殺人案内』、『刑事殺し』『必殺仕事人』『安楽椅子探偵』シリーズなどを担当。
プロデューサー
松澤 真木
放送の世界のすばらしさを伝えます

放送現場は人生の「糧」を得られる場所。なぜなら絶え間なく「人のことを考える」ことをとおして成し遂げられる仕事だからです。「どう生きるか」というテーマに向き合うみなさんに、ほかの世界にはない現場のやりがい、楽しさを、精一杯お伝えできればと考えています。

1957年神戸市生まれ。関西学院大学経済学部卒業。関西テレビ入社後、ディレクター、プロデューサーとして『痛快!エブリデイ』『よ~いドン!』『ノックは無用!』『エンドレスナイト』ほかのバラエティー、情報番組やドキュメンタリー、社会教養番組など多数を制作。
坂本 敏
報道記者
坂本 敏
謙虚な気持ちを忘れない。それが報道記者にとって大切なこと

報道の現場では、事件や事故の被害者やその家族に取材することが多く、つらい胸中を語ってもらうことも少なくありません。そのなかで常に意識していたのは、謙虚な気持ちを忘れないことです。 そして記者に求められるのは、権力や悪に対する厳しい目と、つらい思いをしている人に対する優しさと謙虚さです。報道の仕事はとてもやりがいがあるので、大学ではその魅力を伝えながら、取材の方法論や心構えについても伝えて行きたいと思います。

1955年三重県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、毎日放送入社。主に報道記者としてニュース取材やドキュメンタリー制作を担当。
西田 文彦
報道系番組ディレクター・プロデューサー
西田 文彦
「他者に共感し、自らを表現する力」をつける

ドキュメンタリーとは、「映像」と「言葉」を使い「何事か」を表現するもの。おもにドキュメンタリー作品を読み解くという作業や、取材の方法を分析するという作業を通して、みなさんには、社会を多角的にとらえ、主体的に考え行動するための「生きる力」をつけてほしいと考えています。

1957年広島県生まれ。1981年同志社大学法学部卒業後、読売テレビ放送株式会社入社。ドキュメンタリー編集者、放送記者、番組制作プロデューサーなど、報道系・社会情報系・教養系の番組制作の現場でおよそ20年を過ごす。

学生作品

時間割の例

  • 理想的な1年生の時間割(前期)
    2年次で制作コースを希望
    理想的な1年生の時間割(前期)
  • 理想的な1年生の時間割(後期)
    2年次で制作コースを希望
    理想的な1年生の時間割(後期)
放送学科入試情報(2021年度 学生募集要項)
募集人数:155 名
放送学科では、放送ジャーナリズムを基本に、進化するマスメディア社会における知識と技術を最新機器・設備と多彩な指導者の中で学ぶ。「創る喜び」「伝える感動」を身に付けグローバル時代に活躍し、人々と協力し取り組んでいく意欲ある人物を求める。
求める学生像
    • 旺盛な好奇心と、あくなき探究心を備えている人物
    • マスメディアを駆使して広く社会に伝えることに関心がある人物
    • 社会の変化に適応できる柔軟性と可能性に挑戦する力を有している人物
    • 声の力・ことばの力・映像の力の表現者、技術者になりたいと意欲を持つ人物