放送学科 声優コース

その声のキャラクターを活かした表現者が求められています。

声優コースでは、正確な言葉でメッセージを伝えるアナウンスの基本技術を獲得した上で、キャラクター性とオリジナリティのあるボイスアーティストを目指します。海外の映像作品やアニメーションの吹き替え、福祉や医療現場での物語の読み聞かせ、ポッドキャストなど、どんどんニーズが拡大している声優という職業。その可能性の扉をプロの指導者とともに開きます。

コース写真

教員ピックアップ

杉山 佳寿子(すぎやま かずこ)教授
1947年愛知県生まれ。声優、舞台女優。代表作に『アルプスの少女ハイジ』ハイジ役、『科学忍法隊ガッチャマン』白鳥のジュン役、『サイボーグ009』フランソワーズ・アルヌール役、『うる星やつら』テンちゃん役、『キテレツ大百科』コロ役など多数。

数多く要求されるプロとしての技術を
多彩なカリキュラムで磨いていく

声優は、基礎を修得していることはもちろん、スピード感やリズム感、音感など、数多くのスキルを要求されます。そのため声優コースでは、発音法や演技法など多彩な授業でサポート。声優として、そして役者として、幅広い表現方法を身につけることができる声優コース。自分の成功した姿をイメージして、それに向かってコツコツと努力しましょう。
スペシャルインタビュー
古川 登志夫 ( ふるかわ としお ) 大阪芸術大学 短期大学部 教授 (声優)
主な出演作は『うる星やつら』の諸星あたる、『ドラゴンボールZ』のピッコロ、『ワンピース』のエース、『名探偵コナン』の山村警部など。

究極の個性の磨き方。4年間を通じて、じっくり養いましょう。

声優に限らず、プロの表現者をめざす者にとって「きちんと基礎を学ぶ」ことが大切なのは言うまでもありませんが、プロとして仕事をしていくためには、その基礎のうえに自分なりの表現を身につけていなければなりません。声優の演技に関し、私はそれを「プラスα(アルファ)の演技」と呼んでいます。その人にしかできない、個性的な演技。このオリジナリティこそが重要であると考えています。さらに技術偏重を避け、理論に裏打ちされた技術の習得、私の授業ではその2点に力点を置いています。
真地 勇志(まち ゆうじ)教授
1962年神奈川県生まれ。声優、ナレーター。劇団での演劇活動を経て声優デビュー。代表作に『秘密のケンミンSHOW!』『世界の果てまでイッテQ!』『新・情報7days ニュースキャスター』『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』など。

日常生活のなかから、
感情表現を磨くヒントを探る

声優をめざすうえで必要なもの。それは喜怒哀楽のある豊かな日常生活を送ること。声優コースでたくさんの友達をつくってください。会話してください。笑ってください。泣いてください。怒ってください。そして何ごとにも興味を持ってください。すべてが声優をめざす者に重要な経験であり、感情表現を豊かにするための学びにつながります。
松野 太紀(まつの たいき)客員教授
1967年東京都生まれ。声優。幼少期に「劇団ひまわり」に入団。10歳のときに『星の王子さま プチ・プランス』で声優デビュー。代表作に『金田一少年の事件簿』金田一一役、『スポンジ・ボブ』ボブ役など。また俳優としても『隠し剣 鬼の爪』や『東京家族』などに出演。

常に「感情」を磨く
それが声優としての魅力になる

声だけで喜怒哀楽を表現していく声優の仕事は、しっかりと言葉に感情を込めて表現できなければ成立しません。ぜひ、何ごとにも好奇心旺盛に取り組み、あらゆる作品を見て学ぶ努力をしてください。声優として、つねに感情を磨いていく作業は、自身の表現力の向上に必ずつながるのです。
野沢 雅子
野沢 雅子 (のざわまさこ) 客員教授

東京都出身。二歳で映画に出演。青二プロダクション設立メンバー。移籍後、自身のプロダクションを設立、2012年4月青二プロダクションに復帰、役者として、また主宰の劇団ムーンライトの公演活動にと精力的に取り組んでいる。アニメの代表作は、「ゲゲゲの鬼太郎(鬼太郎)」「ドラゴンボール シリーズ(孫悟空・孫悟飯・孫悟天)」「銀河鉄道999(星野鉄郎)」。

授業風景

  • 声優学概論
    声優学概論
  • 声優学概論
    声優学概論
  • 声優学概論
    声優学概論

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
必須科目 講義 放送概論
放送の歴史
放送技術概論
声優学概論
演劇論 演技演出論
演習 文章・音声表現演習 身体基礎演習
発声基礎演習
   
実習 技術基礎実習 アクセントの基礎
ナレーション実習
レコーディング実習
アニメアフレコ実習
演技表現技法
外国映画アフレコ実習
作品制作実習
卒業制作 卒業論文・制作
選択
必須科目
講義 マスコミュニケーション概論
広告概論
アナウンス概論
放送番組論
漫画・アニメーションの歴史
日本映画の歴史
外国映画の歴史
声と言語
ドキュメンタリー論
報道取材論
番組制作論
放送映像論
放送音響論
放送脚本論
放送演出論
放送の美術と照明
マーケティング
広告の企画と表現
広報論
調査論
放送特講A
放送特講B
アニメーションの世界Ⅰ
アニメーションの世界Ⅱ
メディア論
放送の法規と倫理
国際コミュニケーション論
現代マスコミ論
声のキャラクター論
デジタル情報論
イベント企画論
放送特講C
放送特講D
放送特講E
放送特講F
演習 放送脚本演習
文章表現演習
時事英語Ⅰ
広告表現演習
広告計画演習
時事英語Ⅱ
海外近現代劇を読む
日本近現代劇を読む
日本舞踊基礎演習
実習 制作実習Ⅰ
広告実習Ⅰ
アナウンス実習Ⅰ
声楽
ダンスレッスン
デジタル映像実習Ⅰ
制作実習Ⅱ
広告実習Ⅱ
アナウンス実習Ⅱ
ヴォーカルレッスン
古典芸能
デジタル映像実習Ⅱ
※このカリキュラムは2012年度入学者用履修案内をもとに作成しています。実際の入学時には変更になる場合がありますのでご注意ください。
  • 制作コース
  • アナウンスコース
  • 広告コース
  • 声優コース
ページトップ